« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

「ちょんまげぷりん」荒木源

「読みやすくて面白いですよ」とO先生からお借りして

「ちょんまげぷりん」(荒木源)を読んだ。

 

なんとインパクトのあるタイトル!

映画(映画「ちょんまげぷりん」公式サイト)が公開されていることも知っていたし、

文庫本のカバーイラストが上條淳士さんのカッコイイ絵ということも知っていた。

(いやぁ~、上條さんの絵はやっぱセクシーだ~!)

 

映画の紹介で、「お侍さんがプリンを作る話」というあらすじも知っていたけれど

なんで、侍がプリン??と気になっていたので、さっそく読んでみた。

 

すると、本当になかなか読みやすい小説で、楽しかった。

子ども(幼児)を持つ母親(働くシングルマザー)の日々の苦悩、

仕事をしつつ、家事・子育てすることの厳しい現実が、とても細やかにリアリティーをもって描かれている。

実際に、幼児と接し、家事をした経験がなければ、なかなかわからない部分がきっちりと書かれているので

作者は男性なのに、ものすごくよく観察しているなぁ・・・・

ある期間、実際に家事を経験してみたのかしら?と感じたが、

映画サイトの作者コメントに、「退職後、主夫をしていた」とあって納得!

 

タイムスリップの話というのは、いろいろあるが、

気になるのは、やはり最後の締め方だ。

荒唐無稽な設定を可能にするタイムスリップだけに、

それを、いかにまとめるかが鍵。

「ちょんまげぷりん」も話の後半、意外な展開を見せ、

一体どこに話が着地するんだろう?と思ったが、

なかなか素敵な、ジーンとくる、読後感のいいラストで、

この小説全体が、とても良く感じられた。

 

江戸時代のお侍さんが現在の世界に、いきなりやってきたらーーー

それはビックリするだろうね。

車や電車、家電にも心底、驚くだろう。

それでも人間と言うのは案外、順応能力が高く、

結構、慣れてしまえるもの。

 

江戸時代の人が当たり前に持っていた「礼節」の心が

現代では、ずいぶん軽んじられている。

毎日の忙しさに皆が、手を抜いている。

大事なものを大事にできていない・・・・。

そのことを侍が気付かせてくれる。

 

確かにこの話は映画にすると面白そうだ。

主役が錦戸くんというのも、いい。

彼は本当に侍っぽいもの。

 

しかし、原作では安兵衛はイケメンとして描かれておらず、

むしろ外見は武骨な感じの、若さを感じさせない20代になっている。

だからか・・・・・ラブシーンらしいシーンもないのよねぇ・・・・

安兵衛がイケメンなら・・・・・もうちょっと話も変わっているんじゃないかって気もする。

 

映画、観に行こうかと思ったら、なんと!明日で大阪は終了らしい。。。

しかも上映は午前中のみ、、、、

うううーん、残念~

きっと、いつかテレビでやると思うので、その時には絶対観たいな!

2010年10月24日 (日)

ケーキでハロウィン!

Dsc01997

 

帝塚山ポアール、今年のハロウィン・ケーキはなかなかかわいい!

パンフキンのモンブランは次女、

チョコのオバケのケーキは主人、

私はパンフキンプティングのケーキ(右側の三角)

長女は奥の四角いケーキ。

・・・・・・おいしかったです!うふふ♪

アスペルガー症候群の彼女との授業

公立中学校の特別支援学級(昔の養護学級)で補助員の仕事を始めて、半年。

 

仕事内容は守秘義務があり、

いろいろ興味深い話もあるのだけど、そのままは書けない・・・・。

いつか、個人情報等の問題のないような形にして、書ければいいな・・・・

 

だから、書ける範囲内で。

 

担当している生徒の一人は、

アスペルガー症候群と発達障害がある。

 

半年間、彼女と日々接し、

心の根の優しい、いい子だと感じている。

 

アスペルガーの生徒は、とても独特の感性を持っているなぁ、と時々びっくりする。

確かに、生活や学習する場面で困ることも多々あるのだけど、

「その発想はなかった!」と思うようなことを言うので、一緒に話していて

私にはとても刺激的で面白い。

 

しかし、「行間を読む」「ニュアンスを感じる」「場の空気を読む」ことは苦手。

そういう「目に見えないもの」を理解するのが難しいのだ。

 

だから、往々にしてトンチンカンな回答をして、皆に笑われたり、先生に叱られたりする。

本人には、それが何故だかわからず、不快感が残り、

それが募ると劣等感から自己嫌悪し苛立ち、自分を笑いものにした先生を恨んだりしてしまう。

 

たとえ話やユーモアによるおおげさな冗談話も通じにくい。

しかし、笑いの感覚や理解力がないわけではない。

思いやりの気持ちや優しさも、ちゃんと持っているのだ。

 

指示を明確に、わかりやすく、丁寧に話せば、大丈夫。

結構、理解力があり驚くほどだ。

 

そんな彼女に数学を教えるのが、私の仕事。

 

チャイムが鳴り、机を並べて授業を始める。

すると、いきなり彼女が「昨日はここを家で復習しました!」と

問題を解いてみせようとする。

・・・・・・・・いいけどね、、、

先生、一応、今日の授業はこっちのページの問題をやろうと思って

用意してきたんだけどなー

時間も50分しかないんだけどなーー

 

とか思うけど、とりあえずグッと我慢。

基本、彼女のペースで進める。

そこで彼女の「やりたいこと」を止めると、そのことをずーーっと考えていて

身が入らないのだ。。。

 

大事な語句を、赤でノートに書くよう指示しても、なぜかなかなか赤で書いてくれない。

普通に鉛筆で、そのまま書く。

大事な言葉なので、せめて赤でアンダーラインを引いて、と言ってみても

「いいんです。」と断られるーーーー

・・・・・・ううう~~ん。。。。

 

問題の解き方を説明していて、

「ん~、これはちょっと難しい問題だからねぇ・・・」と説明に詰まると

「先生はわかるんですか?」と聞いてくる。

いや、わかるも何も~~~説明してるんですが!?

教えるために、結構、予習してきたんですけどっっっ

・・・なんかもうヒックリ返りそうになることを、普通~に言われるので

すごく刺激的!

 

計算の苦手な彼女に一次方程式を教え、

中間テストで何点取れるか不安だったのだけど、

なーんと!ほぼ平均点を取り、ビックリ!!

 

ゆっくりゆっくりひとつずつ教えていけば、

平均並みの実力を身につけられる。

彼女にとっても大きな自信になり、自己肯定感を得たようだった。

 

・・・・・ま、これから苦手なグラフや図形の章に入っていくんだけどね、、、

どこまで教えられるか、手探りだけど

彼女もがんばっているから、私もがんばらなくちゃ・・・・ね!

2010年10月12日 (火)

胃もたれ心もたれの夜は

2010101019330000

焼肉、お腹いっぱい食べて

さらにケーキも食べて。

  

参ったな、こりゃ絶対太るし。

せっかく今朝、1kg減って、よし!この調子で体重落として行こう!!

なんて思ってたはずなのに、ね。

  

ああ、疲れたな。お腹が少し苦しい。

・・・疲れた。

    

やばいな。疲れた気分が鬱な気分を誘ってくる・・・・・

ああ、何を疲れてるんだっけ?私。

 

久々に、主人の両親と一緒に食事をして、実家へ行ったこと?

食器の片づけを娘にさせて、自分は動かなかったことを、今頃少し申し訳なく思ってるの?

 

いやいや、それともーーーやっぱ、職場のことかな?

 

担当している女の子に、どう接し、

何をどうサポートしてあげたらいいのだろうと考えるのだけど、

どうもこちらの気持ちが伝わらなくて、肩透かしも多い。。。

 

アスペルガー症候群って、そういうものなんだから、

こっちの気持ちを汲み取れないのは、それはしかたないわけで・・・・

わかってるから、別に怒ったりとかはしないんだけどもね。

でも・・・・やっぱ、心が折れるんだよなぁ。。。若干。

 

ちょっとがんばりすぎてるのかもなぁ・・私も。

もっと肩の力を抜いて、彼女と付き合わないと持たないな。

  

鏡に映る少し疲れた表情の女に話す。

 

・・・疲れたの?

まぁ・・・疲れるよね。しかたないじゃん。

だって、ほらもう夜の10時半なんだもの。そりゃあ、疲れが出てくるわよ。

 

なんだかんだで、がんばってるじゃないの。

ねぇ?がんばってるわよ。

よくやってる方じゃないの?あんたにしたら上出来よ。

 

あれもこれもしたいのね?時間がもっと欲しい?

 

あの人からもこの人からも、みんなから愛されたい?

特別に大事にされたいのね。失いたくないんだ。全てを。

 

ああ、でもそれでいいんじゃない?

愛されて、愛されたくて、

それでそんな甘ったるく瞳を輝かせてるんでしょ?いいじゃない。

 

何歳だっけね?

思い出すのも恐ろしい。

人生半ばも越えたのよ。だって、そうでしょ?

2倍してごらん?90より生きる自信、あるの?使い痛みの増したその体で。

 

だけど、もう終わりなんて思っちゃないでしょ?

これからも、まだ面白いことあるって思うでしょ?

だって実際、あんた結構面白い人生、送ってるじゃない。

 

ま、いろいろあるだろうけどさ、がんばればいいじゃない。

 

 

・・・そうよね。

疲れた時は、お風呂に入ってゆっくり寝るよ。

そうすれば、食べ過ぎた胃も消化されて、

朝には軽くなる。スッと楽になるはず。

2010年10月 7日 (木)

パン工房「鳴門屋」

JR大阪環状線には、学生時代から乗っていて

桃谷駅に着くと、「鳴門屋」の看板が車窓から見えるのを昔から知っていた。

 

それがパン屋であることを知ったのは、数年前。

高島屋に入っているのを見つけ、いくつかパンを買ってみると、なかなかおいしかった。

 

しかし、桃谷駅で降りる機会がこれまでなく、鳴門屋本店は看板しか見たことがなかったのだった。

ところが!

先日まで長女が入院していた病院の最寄り駅が桃谷だったため、

思いがけず、二週間ほど毎日、桃谷に通うことになった。

 

パン工房「鳴門屋」は桃谷駅すぐ。

地元に根付く老舗のお店らしく、店内にはいつもお客さんがいて、

たくさんのパンがおいしそうに、美しく並べられている。

 

薄味の病院食に飽き飽きした長女に、ここのカツサンドやピザを差し入れると、

ものすごく喜んで、頬張った。

 

次女と一緒に行ったお見舞いの帰りが遅くなった日、

鳴門屋2階の「Cafe&dining ジミー」に入ってみた。

 

2010092119060000

 

この箸袋のレトロ感が・・・・いいじゃないですか!☆

2010092119060001

 

鉄板の上でハンバーグがジュージュー!

野菜もたっぷり、体にやさしい感じ。

もちろん、パンもおいしい!

 

長女が退院したので、もう桃谷に行く機会はなくなってしまったけど、

ここのパンは、また食べたいな。

 

2010年10月 6日 (水)

したことないのにテニス肘、、、

3週間ほど前から右ひじが痛く、

「あら?どこかでぶつけたかしら・・・・ ま、そのうち治るかー」と放置していたところ

いつまでも痛みが続き、重い物が持てなくなってきて

日常生活に支障が出始めた。

 

まさかとは思うけれど、骨に小さなヒビでも入っているのかしら・・??と

整形外科へ行き、レントゲンを撮ってもらったが、骨には異常なし。

 

先生の口から出た病名は、なんと「テニス肘」!

 

・・・・・・いやいやいや、テニスなんてしたことないのに!

あ、

一回だけ授業でやったけど、初心者同士だったので

「あ~、ごめーーん!あああー!」とボールを拾いに行くだけで一時間が過ぎ、単位はもらえた、というお粗末なテニスのみ。

 

「スポーツ以外でも、手首を上に上げた状態のまま長くいる日常生活の動作も原因になるんですよ。」

「・・・・・はあ。」

「例えば・・・・パソコンとか、家事とか。」

 

・・・・・・・ぅ!パソコン!?

いやいや・・でも、アームレストを置いて対策してるはずなんだけどな~~~

 

あ~、もしかして・・・・

日傘かな?

この夏、すごく暑かったので、毎日、外出時には必ず日傘をさしていた。

そうして、バッグやスーパーの買い物袋も持っていた・・・・・。

その時に、確かに手首を上に上げた状態で負担のかかる重量の荷物を持っていた・・・・

 

「治療はですねー

 腕全体にぬり薬(バンテリンみたいなの)を塗ってもらって、シップを貼ってください。

 ちょっと長くかかりますが、治りますから。」

 

あ、よかった!治るんだ。

 

右手で、物をなるべく持たないよう、

手首を上げないよう意識し、

塗り薬、貼り薬を続けたところ、ずいぶん痛みがましになってきた。

この調子で、早めに治したい。

 

と、思っていたらーーー

今朝、起きたら・・・・・今度は、左肘に痛みが、、、、、

まさかの展開、、、

両手は勘弁!マジ勘弁!!

 

だから、今日は両手の肘にシップ、貼ってます。。。

なんだか哀しい~~~~~

2010年10月 5日 (火)

動脈硬化は怖い・・・CMも怖い・・・

シオノギ製薬の動脈硬化、啓発CMが怖い。

(↑CM動画見れます)

 

通勤電車の車中で突然、倒れ込む会社員。

その背中には、詰まった血管の断面図が貼られている・・・・。

思わず立ち上がったおじさんの背中に貼られている血管の図も、実は詰まっていてーーー

 

♪ピィ~~~ヤという独特の歌も、実に不吉で怖さを増している。。。。

 

主人が、このCMを「怖いよなぁ?怖いと思えへん?」と妙に繰り返し言い、

「♪ピィ~~~ヤ♪」と、しつこく歌うので

「やめてよ!」と言ってた週末。

 

昨夜、帰宅するなり、玄関先で

「お通夜行ってきた。塩。

・・・・いやなお葬式だった。」

 

聞くと、2年前から同じ部署で働いていた同年代の同僚が

心筋梗塞で急死されたとのことーーーー

・・・それは・・・・・・つらいお通夜ね、、、、、

 

現役バリバリのよく働く優秀な人で

土曜も休日出勤をしていて、

「体調が悪い」と早めに帰り、・・・・そしてそのまま。。。。らしい。

 

つい先日、その方から「飲みに行きましょう」と誘いの電話をもらって、

その時は主人が都合悪く、断ったんだそう・・・・。

お子さんも、うちと同じ高校生・・・・・

奥さん、お子さんの悲しみは大変なものだろう・・・・・・。

 

今まで元気だった人が急にーーー

身近な同僚を失って、かなりショックな様子の主人。

 

「・・・・・心筋梗塞か、、、動脈硬化かな・・・・怖いね。」

「怖いよ!もう冗談で言ってられないよ・・・!」

 

だ・・・だね、

ピィ~~ヤって歌ってたのは、あなただけどねっっっ

 

その後、主人はネットで「動脈硬化」「コレステロール値」を調べ、

コレステロールを下げる食品選びの紹介を真剣に見ていた。

 

野菜は毎日、十分摂ってると思うし、

一応、味付けも濃くないはず・・・・。

十代の子どもがいるので、多少カロリーのある献立にはなっているけれど

ムチャクチャ高カロリーにはしてないつもりなんだけどなー

ん~~、もうちょっと意識してお豆腐とか増やしてみようかな。

 

それに、主人は駅まで毎日歩いてるし。(自転車に乗らないなんて・・・えらい!!)

休みの日も、意識して歩いて散歩してるし。(私も一緒に歩けばいいんだけどね~~)

 

とにかく、体は大事にしてもらわないと・・・ね。

お仕事に打ち込む姿は素敵だけど、

だけど、退職後の第二の人生も楽しみたいじゃない。

それ、私も期待してるんだってば。

旅行とか、行きたいし!!

 

来月は人間ドックもある。

体には気をつけなきゃ・・・ね。

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart