« 全国を駆けるタイガーマスクの善意 声優・森功至さんは「複雑」 | メイン | 「大切なことはすべて君が教えてくれた」このドラマ面白い予感! »

2011年1月11日 (火)

陶芸家「ルーシー・リー展」行ってよかった!!

「ルーシー・リー展」大阪市立東洋陶磁美術館にて2/13まで開催中)を観て来た。

 

Dsc02116

 

先日の日経新聞に、大変好評であると記事が出ていたが、

本当に盛況で、なかなかの来場者数だった。

 

彼女の名前を知ったのは、昨年テレビで女性陶芸家の特集があった際、

その方がルーシー・リー作品の青色に憧れ、その青を出そうと努力を重ねていたのが

印象に残ったから。

それが、このルーシー・リーのピンク線文鉢。(←公式サイト。作品を動画で見ることができます。ぜひ見てみて!!

 

ね?

いかにも私が好きそうなかわいい器でしょう?!

たまらなく、かわいい・・・・・・・・

お菓子のような色使いじゃないですか。

ミルクチョコがかかっているみたい・・・!

 

ウィーンに生まれ、イギリスで暮らした(戦争のため亡命)彼女。

ヨーロッパの陶器は華美な物が多い印象が強いけれど、

彼女の器は、どれもとてもシンプルで機能的で、

日本で作られたんじゃないかと思うくらい、しっくりくる。

日本人好みの器だと思う。

 

溶岩釉大鉢(マーブル)(←公式サイト。ページ下のピンクの大鉢)も、よかった・・・・・。

桜色に墨を流したような・・・・

春の暮れていく空のような・・・・・・

なんとも言えず美しい。

やさしい曲線を描く姿も見とれるくらいにいい。

・・・ああ、私はあんな女でいたい、って器を見て思ったよ。

 

1995年、93才まで長命だったルーシー。

88才の時、自分と弟子達の展覧会の開会式の数日後に脳卒中で倒れ、

記憶のほとんどを失ってしまったらしい。

・・・・・今なら脳梗塞も早めに手当てすれば、軽く済むかもしれないのになぁ。。。

 

実は、私も陶芸を少しやってみてる。

でもね~~~~~

やっぱ、初心者が初回からちゃんとした物ができるほど簡単なもんじゃないのよね、、、

奥が深いわ~~~~~

土をこねて、

轆轤(ろくろ)を回して・・・・・

成形だって、なかなかきれいな形になんてならないの、、、、

もう少し上手くできたらなぁ・・・・って思うけど、それには数年かかるかも!!

 

でも、実際に陶芸をやったことがあると、

今回の展覧会でも、わかることが多々あって、それがなんだか嬉しかったわ。

 

ああ・・・・

ルーシー・リーの器・・・・・欲しいなぁ。。。。。

飾るより、使いたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/25743890

陶芸家「ルーシー・リー展」行ってよかった!!を参照しているブログ:

コメント

すみません、私はルーシー・リーの
名前は存じなかったのですが、
何か頭の片隅にひっかかるものがあって、
調べたら去年の5月~6月に
六本木の国立新美術館でも
展示会が開かれていたんですね。
見ておけば良かった!

アートに触れる時間は、
自分の心の中の、ふだん閉じている扉を
開けてくれるような、新鮮な感覚がありますよね。
私も久しぶりに何か観に行きたくなりました。

■59さま

六本木でも展示会があったんですね!
ほんと、日本人の好みに合う作風ですよ~

私もそんなに博物館とか美術館とかに熱心に行くほうじゃないんですが、
やっぱ、たまにそういうのに行くと
いいなぁ~って思います。
今回、特に自分の好みにストライク!!っていうか
うは!く~~~~~~っっっ!!!いい!!!っていうか
心を掴まれたものですからheart01


人はパンのみに生くるあらず・・・ですねぇ~

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart