« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

映画「赤ずきん」Red Riding Hood

次女に誘われ、映画「赤ずきん」を観て来た。

元々、友達と行こうと約束していたらしいのだが、受験生の哀しさ、

なかなか日が合わず、延び延びになっているうちに上映が今月末までと知り

慌てて、私を誘ってきたのだ。

 

テレビで流れていた予告CMが、ちょっと怖くて、妙にエロティックだったので

面白そうだけど・・・・大丈夫かなー 怖くないのかな~ ヤバくないのかな~と少々心配だったけど、

サスペンスだけど、ホラーじゃないので、そう怖くないし

エロティック加減も、程々だったのでよかった。

 

誰もが知る童話の「赤ずきん」のお話。

だけど、映画の赤ずきんはお年頃の女の子。

婚約者がいて、更に恋人の男の子までいる。

 

小さな狭い村が舞台。

その息苦しい人間関係が、えらいドロドロで・・・・

ここの家庭、なんでこんなにややこしいねん!?みたいなー。

 

村人たちが恐れる狼は、ただの獣ではなく実は狼人間・・・・

その狼人間は村人の姿で身を潜めている・・・・・

じゃあ、誰が狼なのか?

彼?それともまさか、あの人・・・?

狭い村内で疑心暗鬼のサスペンス。

 

中盤までは「赤ずきん」とは言うものの、これって「赤ずきん」か??って感じだったのだけど

ラストにかけては、正に「赤ずきん」そのままの物語として展開し、謎が解かれ、話が結ばれていくのがすごい。

 

観客も一緒に、狼探しを楽しめる。

とにかく登場人物は限られているので、容疑者もある程度、特定される。

と言うか・・・・

ピーター(赤ずきんの恋人)が見た目もワイルドで「あんたが狼やろ?」感満載なのよ・・・・

 

それでも、なんかもうあの人もこの人も狼臭くて、

村民は結構な人数、狼にやられちゃうし~ 

赤ずきんは狼への生贄として、豚の鉄仮面をかぶされちゃうし~

・・・・いや~、この豚仮面はえぐいです。

人権も何もあったものじゃないです。

見せしめ的に引き回された挙句に、友達だと思っていた女の子からの侮蔑の囁き・・・・

これは精神的にきつい。。。。。

 

後、ちょっと「え?」と思ったのは・・・・

一面、真っ白な雪の中を真っ赤なずきんをかぶった赤ずきんが歩くのは、絵的に美しいのだけど

ずきんの下は薄い下着のようなドレス一枚でねぇ・・・・

寒くないのか??と思っちゃいましたねぇ・・・・・

 

さらに、白い雪の上に赤いずきんを敷いて、赤ずきんと彼が抱き合うのは・・・・

あれはいくらなんでも寒いやろ!?と突っ込まずにはいられなかった・・・・

若いから大丈夫なのか?

若い衝動は、雪の冷たさにも打ち勝つのか!?

いやいやいや~~~~ 寒いってー!!!

 

なかなか面白い映画でしたよ~

睡眠不足だったのに、画面から目が離せず、眠くならない映画でした!

2011年6月28日 (火)

あべのマーケットパーク Q’MALLキューズモール 

大阪・天王寺に今春、新しく巨大ショッピングモールが誕生。

あべのマーケットパーク Q’MALLキューズモール

 

阿倍野が再開発され、大きなスーパーが入るモールができるという話は

20年以上前、バブル期から既に聞いていた。

古くからの商店がごちゃごちゃと並ぶ裏通りが全て更地になり、工事が始められ

ようやくオープンとなった。

 

裏通りにあった戦後の昭和21年創業の洋食屋「グリルマルヨシ」などは隣接する

Via あべのWalk内に以前の雰囲気を残す店構えで並んでいる。

 

Q’MALLオープニング当初は、天王寺に驚くほどの人が押しかけ、

休憩しようにも、どこのお店も満席状態・・・・

とにかく疲れたーーという印象だった。

 

その後、梅田の大阪駅のルクアもオープンし、人の流れはそっちへ向かい、

やっと、落ち着いてQ’MALLを見て歩けるようになったこの頃。

 

とにかく広い施設で、なんでもある。

全方向的に、なーーんでもある。

 

若者もおいで。服も靴も雑貨も、いろいろある。ユニクロ(国内最大売り場面積らしい・・・)だってある。

学生ならSEGAで最新機種のプリクラ。(えらい写りがいいと次女が言ってた。余裕で詐欺れるらしい・・・) 学生の味方、サイゼリアもある。

ギャルも来い!SHIBUYA109もあるよ!!(なぜ、天王寺に109が・・・・・・・)

主婦も来い。手芸の「ABCクラフト」やイトーヨーカドーもある。(売り場が広すぎて疲れますが)

赤ちゃん連れもOK。→アカチャン本舗

家電好きには、midori電化。

更には、東急ハンズまであるのだ!

 

この「絶対外さない!」って意気込みがいいじゃないか。

これだけ全年齢対応にしておけば、まずは安心のような気がする。

今じゃ、ずいぶん寂しくなってしまった「あべのベルタ」の二の舞は避けたい。

 

レストランもいろいろ入っていて

以前から行きたかった横浜の「梅蘭」がこんなに近場に出店してくれたのは、嬉しい!

(しかし、土日は満席でまだ入れていない・・・)

おいしいと評判のコメダ珈琲店も気になっている。

(・・・が、やはり行列ができていて、憧れのシロノワールにはまだ巡り会えていない~)

 

大阪で人気を誇るラーメン店「神座(かむくら)」が天王寺にできたのはありがたい!

ここのラーメンは、あっさりと上品でコクがあり・・・・・おいしいんですよ~

 

東急ハンズは地下にあり、先日初めて行ってみた。

(いつも駅と通じている地下通路からやってきて、正面のエレベーターに、つい乗ってしまっていたのよね~)

すると!

手芸コーナーが充実しているのにビックリ!

手芸用品に関しては、上の階にあるABCクラフトが安価で品揃え豊富なのだが、

東急ハンズは、値段はそこそこするけど、ちょっと珍しいこだわりのかわいいものがたくさんあって

あああ・・・・・・もうため息~~~~~

 

し・・しかも!!!

「Mode Fabrics」の、かわいい~~~生地が売っていたのよ~~~!!!!

そうか・・・・

東急ハンズで売っていたのか・・・・!!と感動☆

かわいい生地の柄が棚にたくさん並んでいるのを見ると、

昔、子どもの頃に、いろんな柄の千代紙(折り紙)を集めたような・・・ね、

そんな少女趣味な心がキュンキュンしちゃって

脳内に不思議な少女ホルモンが大量に分泌されて、ふわふわ~しちゃうんですよぉぉぉ~♪

 

とりあえず、その時は下見で何も買わず。

生地は衝動買いしちゃうとダメなのよね・・・

作るものを考えて、ちゃんと必要な分を買わないと。。。。

でないと、また押入れのハギレ袋のストックが増えてしまう~

 

天王寺は、よく行く街なので、

少しずつQ’MALLを探検してみるつもり。

・・・・・・・109には行かないかも・・・だけどね~

2011年6月23日 (木)

「TSUNAMI」の心配

テレビで「1位をとった名曲歌合戦」という番組をやっていた。

新旧取り入れ、懐かしい歌も多く聴けた。

 

もちろん、我らがサザンも登場。

「いとしのエリー」のライブ映像が流れた。

そして、もう一曲は桑田さんのソロ曲「祭りのあと」が取り上げられていた。

 

「1位をとった名曲」として、サザンナンバーで「いとしのエリー」が挙げられるのは納得だ。

(他のアーティストの曲もオリコンチャートに固執していない選曲のようだったし)

 

しかし、もう一曲を選んで、「祭りのあと」を持ってくるのは・・・・これはサザンファンの選曲だ。

一応、テロップで、ソロベストアルバム「TOP OF THE POPS」が1位と出ていたけども、ね。

 

「祭りのあと」はライブでも毎回のように演奏される桑田さんの名曲。

しかし・・・・・・

エリーと対になるサザンの「1位をとった名曲」は・・・・

「TSUNAMI」じゃないのか?

 

まさかとは思いながら、「TSUNAMI」がかかるのか?!とドキドキしながらテレビを見たよ・・・。

しかし、やっぱり「TSUNAMI」はかからない。当然かもなぁ、、、

 

たぶん、きっと・・・・

まだまだしばらくはメディアで流れることはない自粛ソングになってしまうだろう。

 

それほど、今回の大震災は多くの人の心に深い痛みを与えたのだ。

多くの犠牲者を出した津波が、そのままタイトルなんだものなぁ・・・・。

 

 

以前、カラオケで友人に聞かれた。

「『TSUNAMI』は、なんで津波なの?」

 

・・・・・・・・津波だから、だよ。

この歌で歌われているのは、何年経っても消えることのない傷を心に持った人の心象風景。

 

今はもう、当時とは違う生活を送っているのに

ふとした瞬間に、よみがえる感覚、記憶、あの日の光景、

張り裂けそうな感情・・・・・・

 

あの日、全てを唐突に失ってしまった。

予測できなかった。

何が起こったのかさえわからぬまま、

ただ・・・呆然と、なすすべもなく、圧倒的な強大な力の前に、震えながら立ち尽くしていた。

気付いた時には、既に全てが姿を変え、

永遠と信じていたものは、見事に破壊され、

一番大切だと思っていたものを奪われた。

 

・・・そう、まるで「津波」に襲われたかのように。

 

♪津波のような侘しさに♪

という一節も、今なら意味がわかりやすいだろう。

津波に襲われた後の、あの無残な町の風景。

人は居らず、家々は壊れ、

一瞬前までは大事な家財だったものは、瓦礫となり・・・・・・

あの空虚さ。

深い悲しみ。

その心象風景が歌われているのだ。

 

今では、もう決して取り戻せないとわかっていても

何度も夢見てしまう。

あの人に、もう一度会いたいと願ってしまう。

もう一度、愛されたい。愛し合いたい。

 

決して叶わない夢だと、わかっている。

想うたび、余計つらくなるだけなのに

それでも何度でも願ってしまう。

 

そういう曲だから、

きっと・・・・・震災の被害者の方が今、聴くと・・・・・

この曲は、ものすごく痛いんじゃないかと思う。

 

実際、私はこの曲が痛くてたまらなかった。

聴くと、フラッシュバックがきて・・・・

当時、大ヒットして、テレビでもラジオでもよく流れていたので、本当に参った。

 

でも、なんでこの曲でこんなにつらいんだろう?

他の人は「TSUNAMI」を聴いて、なんとも思わないんだろうか?と考えて

そこを糸口に、自分の悲しみを整理できたし、

みんな、それぞれに悲しみを胸に持っていることを知った。

 

♪本当は見た目以上 打たれ強い僕がいる♪

 

この歌詞のように、

癒えない悲しみを胸に隠して、それでも人は生きていく。

思い出しては・・・やっぱり、泣いてしまうのだけどね。

 

・・・今は、まだ聴けない「TSUNAMI」だと思うけど

この曲はそれでも残る名曲だから、

いずれ・・・・・・街中で流れる日も来ると思う。

 

大きな悲しみを抱える人には、聴くとつらい曲かもしれない。

だけど・・・気持ちに寄り添って、心の奥に溜まった涙を流させてくれる曲だから。

そうして、

♪深い闇に夜明けが来る♪ことも、

♪きっと世は情け♪ってことも教えてくれる前向きな曲だから。

 

たぶん、きっと・・・・・

ずいぶん後になるかもしれないけど、

再び人々に歌われる曲になると思う・・・。

2011年6月20日 (月)

できるかな・・・介護。でも、やらなくちゃ

来月、父が手術することになった。

 

持病のヘルニア(脱腸)がちょっと大きくなってきて、

このまま放置していて、もし悪くなると、救急車で運ばれてしまう緊急事態になってしまう。

万一、そうなった場合、

脳梗塞で要介護の母が適切に救急や私に電話連絡ができるか、わからない。

母を置いて、入院、手術・・・・となると、父も不安。

 

だから、そうならないために早めの手当ての手術をする。

脱腸って、男性にはよくあるものらしい。

腹壁の穴の開いている部分に絆創膏のようにメッシュを貼って塞ぐ、比較的簡単な手術で

若い人なら日帰り手術でもOKらしい。

父の場合は高齢のためか、一応4日くらいの入院を見込んでおいてほしい、とのこと。

 

当初、父は自分の入院期間の間、母をショートステイのできる介護施設に泊まらせようとしていた。

私が実家に泊まって、できる限りのことをする、と申し出ても

「そんなことは!

お前にも生活があるのに。そんな迷惑はかけられない。」と固辞する。

 

・・・いやいやいや~

もう、うちの娘たちも20歳や18歳なわけで~

私が4日くらいいなくったって、ちゃーんと一応のことは任せられるし、何とかなるんだってば。

そりゃあ、子どもが2~3歳とかね、

もっと小さかったら、私も「どうしよう!?」って思ったかもしれないけど

今や、「お母さんがいないと~」って泣くようなかわいい子たちでもないのよ、、、

「どうぞ、いってらっしゃーい」って、あっさり手を振って送り出してもらえるんだってば。

 

・・・ということを、3回くらい繰り返して説得して、

ようやく・・・ようやく!父も納得。(・・・・・面倒くさいこと極まりないっっ!!!!)

 

「そりゃあ・・・お前がここに泊まって、お母さんの面倒見てくれたら

俺は一番安心や。ありがたいよ。」

 

なんだか涙ぐんでるし~~~ もぉ~~~

 

それだけ父は、母の介護を一手に引き受けて頑張っていた。

それを生きる張りにして、妙に父は若々しい。

「俺がやるから!」と言う父に甘えて、私もこれまで何もしてこなかった。

週に一回、実家に行き、一緒にお昼を食べながら話をし、

元気そうな様子に安心していた。

 

上手く介助ができずに、母を転倒させケガをさせてしまったら・・・・という不安はある。

実家にはいたる所に手すりがいくつもついていて、昼間は母も自分で動けるんだけど

深夜や寝起きは、足元が危うくなるらしいので要注意なのだ。

 

食事は普通に食べられるし、(手の麻痺が少しあるため、こぼすけど)

入浴はデイサービスの施設で入れるので安心。

一時期に比べて、母の精神状態はかなり落ち着いているし、

脳梗塞のために記憶のアウトプットが悪いので思い出せないことが多いけど

(子どもの頃の思い出が母親と共有できないのは、やっぱりつらい)

言動がおかしいことは、あまりない様子なので

「初めての介護」にチャレンジするなら、いいチャンスだと思う。

4日間程度で父が退院して帰ってくる見通しが立っているので、気持ちもずいぶん楽だ。

 

正直、十分に母の介助ができるのか不安で自信はない。

でも・・・・やってみようと思う。

やらなくちゃ・・・ねっ!

 

 

ちなみに、

父の入院に関する問診票を代筆し

既往歴や、服用中の薬の有無等を聞き、記入。

最後に、「入院、手術に際して心配なことや不安に感じていること」を聞いたら、

 

「・・・・心配なことか~・・・

俺が心配に思ってることは、ただ・・・・

あいつ(私の弟)に嫁さんが、まだおらんことや!

あいつが結婚さえしてくれたら、俺は本当に心配ないんやけど・・・」

 

・・・・いや、わかるけど

それ、手術に関係ないから。。。。。。

心配の方向性、間違ってるから・・・・・・

 

・・・ま、まさか、病院での問診でも、そう答えたんじゃ???

 

「うん。

医者にそう言ったら、笑ってたわー!」

 

・・・・・・そ、そりゃ笑うでしょうよ~~~

笑うしかないやーーんっっ

 

あかんで・・・父!

素でボケかましてたら、ほんまにボケてると思われるで~~~!!!

 

2011年6月18日 (土)

お出かけワンピース、縫ってみた!

服作りにはまる今日この頃~♪

NHKテレビテキスト「すてきにハンドメイド」(2011年5月号)に載っていた

岩切エミさんの「さらりと着たい お出かけワンピース」

 

Dsc02322

 

生成りの綿麻混紡の布で、シンプル~に作るワンピース。

面倒なファスナー付けもなし!(鍵ホックで留めるの)

テキストには、ポケットもつけるようになっていたけど、それも省略しちゃったので

非常に簡単に作れてしまった。

 

でも見返し部分に接着芯を貼って、しっかり作っているので

なんとなくキチンとしたワンピースに仕上がる。

 

一枚だとズドーンとしたシルエットになっちゃうけど

カーディガンとか羽織って着たら、ちょうどいい感じ。

 

2011061916370001

 

・・・・・・相変わらずヒラヒラの服を着てますーーー・・・・

一日で縫える手軽さ、

材料費も2000円程度かな。(布1m870円を2m、接着芯500円、鍵ホック120円、ミシン糸230円)

 

次は、上に羽織る綿ニットを編みたいな~

でも、毛糸は材料費が結構かかるんで根性がいるんだよな~~

(安めの毛糸(綿)でも270円×10個で2700円かかる・・・)

どうしようかな~~~

2011年6月14日 (火)

「海月姫」このマンガ面白いよ!

「海月姫」(東村アキコ)(Kiss連載中。←第一話試し読みあり)を

最新刊7巻まで一晩で一気に読んだ。 

講談社漫画賞を取り、アニメにもなった作品だから、知っている人は既にご存知だと思う。

 

主人公とその周りの登場人物がオタク。

それも、かなりのオタクという、いきなり読者を突き放すような設定なのだけど、

登場人物、一人一人の個性が生きていて楽しめる。

・・・というか、一人一人がものすごく濃い!!

どう濃いのかは・・・説明すると、ものすごーーーく長くなってしまうくらい、濃い!!!

 

第一巻を読んだ時点では、話の先が全く見えず、

一体この話、どうなっていくの??と不思議に思うが、

なかなか面白く話が展開していく。

 

まぁ・・・・

私はスーツ+眼鏡のお兄さん(鯉淵修)が好きだけどね~♪

 

運転手の花森さんも、

総理大臣の根岸さんも、ほんとに面白くてビックリするし。

天水館のみんなが高価な食べ物にあっさり釣られるところとか、妙に説得力あって・・・ほんとにイヤ♪

 

「オタク」対「オシャレ人間」、

お互い住む世界の異なる生き物・・・という構図から、

一人一人の個性を活かし、能力を見出し、お互いの役に立っていくことで

自分達の硬い殻を少しずつ破って、世界を共有する・・・・そこまで話が流れてきている。

ハッピーエンドを期待したいな。

 

アニメを私は見ていなかったのだけど、

原作そのままの、なかなかいい仕上がりのよう。

TVアニメ「海月姫」サイト(←ストーリー、人物紹介があります)

 

オープニングは、チャットモンチーの「ここだけの話」


YouTube: Chatmonchy - Koko Dake no Hanashi ここだけの話

 

この曲、好きだなぁ・・・・

もっとヒットしてもいいんじゃないかなぁ。

 

そしてエンディングは、サンボマスター「きみのキレイに気づいておくれ」


YouTube: PV きみのキレイに気づいておくれ

 

これもいいよねぇ!

いやぁ・・・・・

サンボマスターは、声がいいねぇ~!

なんか、すっごく説得力があるよなぁ・・・・

 

この2曲、本編との内容にもとっても合っていて素晴らしいわ。

 

 

・・・え?

桑田さんの新曲「明日へのマーチ」については語らないのか、って?

・・・・・先週の夜遊び、聞き逃したんですよ。。。。。 不覚っっ、、、、、

2011年6月 5日 (日)

ホビーラホビーレの布地でスカート作ってみた

実家へ行った帰り、一人、手芸店のホビーラホビーレへ寄ってみたら、

久々に、ハートずっきゅん☆撃ち抜かれる、かわいい~~~~布地を発見!!!

 

でもな~~

ここの布は高いし・・・・・・どうしようかな~

この柄に似た布を探そうかな~・・・・

いやいや!!これに似たのなんて・・・ないでしょ?!

あったとしても、満足できないでしょ!?

これでないとダメでしょ?

・・・・だって、恋ってそういうものじゃんっっっ☆

 

みたいな葛藤を胸中で繰り広げつつ、レジへ。

・・・・買っちゃいましたーっ!!!

 

さっそくスカートを作ってみました。

 

Dsc02284

 

一日でできちゃう簡単スカート。

ひたすらシンプルに作ってみました。。。

 

Dsc02285

 

写真だと、色合いが上手く撮れないなぁ・・・・

ほんとは、薄い紫なのよね、、、、

上品で、

夏でも涼感のある紫。

レ・クルール・フランセィズ(フルール・デ・シャン) (←布見本の画像あり)って名前の布で

1Mあたり2100円! ・・・高い。。。

 

しかし、自分で縫えば、3000円以下でスカートができちゃうし、

余った布でバッグだって出来そう!

どんなの作ろうかな~!?わくわくーー!

2011年6月 3日 (金)

桑田さんのDOCOMO新CM

DOCOMOと桑田佳祐さんがコラボしたwalk with you 2011 SUMMER キャンペーン
CMを今朝のめざましテレビでやっていたね!

 

20歳の若い男の子が持つスマートフォンが桑田さん・・・っていう設定みたい。

渡辺 謙さんとかダースベーダーとか、あれと同じパターンね!

 

ずっと一緒にいてくれて、

時にはギターを弾きながら歌ってくれる桑田さん。

 

・・・なんて贅沢な設定!!!

 

しっかしーーーー

リアルに、ずっと桑田さんが寄り添って歩いてくれたら

もう何を話したらいいのか、どう振舞えばいいのかわかんなくて

すっごく困っちゃうわぁぁぁぁ!!!!(絶賛妄想中~~~☆)

 

でも・・・・

改めて考えてみると、

こんなふうに、ずーーっと、心に寄り添ってくれた存在だわ。サザンって。

 

ボーーッと一人でいる時、

叫びたいような気持ちの時、

泣きたいような気持ちの時、

いつもサザンを聴いてた。なぜだか、いつも。ずっと。

中学生の時から、今も。

 

・・・・・ま、うちはDOCOMOじゃなかったりするんだけどね~~~、、、、

乗り換えも・・・・・できそうにないんだけどね~~~~~

 

とりあえず、来週(6/11)の「夜遊び」ラジオで新曲「明日へのマーチ」がかかるみたいなので

聴かなくちゃ!です。

「めざましテレビ」では、映像に気が行っていて、曲があまり聴けなかったのよね~

 

そして・・・・!!

「桑田佳祐のやさしい夜遊び

~33回目のデビュー記念日に、勝手にひとりで生歌スペシャル~」

が開催されるとの嬉しいニュースも飛び込んできましたっ☆

 

後先考えず、とりあえず申し込んじゃったわ~~~♪

・・・・・うん、たぶん当たらないよね~~~

当たるわけないよね~~~~~

絶対、激戦だしーーー

 

・・・・・・・・・・・・・・・当たったら・・・どうしようっっ!?

キャーッッ!!!!

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart