« CLUB HARIE(クラブハリエ)のバームクーヘン | メイン | 「桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011」開催決定!! »

2011年11月10日 (木)

余り毛糸で、ざっくりマーガレット

今の季節、部屋にいても

ちょっと肩だけ寒いな~って時がある。

でも、ストールを肩にかけているだけでは、ちょっと動くとずり落ちて

家事ができない。

 

NHK「すてきにハンドメイド」2011年6月号に載っていた

「あこがれのクロッシェレースで夏のジレ&マーガレット」(服田洋子先生)の

マーガレットを、実家からもらっていた余り毛糸でざっくりと編んでみた。

Dsc02485

 

・・・これ、どういう形になっているのか、わかりにくいでしょう・・・??

実際、作り方の編み図を見ても、最初、「え?」って思う。

でも、作ってみると、すごく簡単!

四角く編んで、袖部分を少し閉じて、後はふちを輪に編むだけ。

 

着ると、こうなる。

 

2011110916360000_2
 

・・・わかる?

ほんとに肩と背中だけ温かいの、これ。

でも腕を通して着ているから、動けるのがいい。

 

 

この緑の混ざり毛糸は、

私が小学生か中学生くらいの頃、

母が機械編みで父にカーディガンを編んだ時の余り。

 

脳梗塞から認知症になって、記憶が曖昧な母、

覚えているのかなぁ・・・と、聞いてみたら

機械編みをしていたことは、しっかり覚えていた。よかった。

 

袖のレース部分のベージュの混ざり毛糸は

私が高校の時に編んだ毛糸の残り。

30年も眠っていた毛糸。

やっと活用!!

押入れには、まだまだハギレや毛糸がーーーー

できるだけ使っていかないと・・ねっっ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/27424517

余り毛糸で、ざっくりマーガレットを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart