« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

WOWOWで桑田さん年越しライブいよいよ明日!

「マウントレーニアダブル presents桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011 ~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~」

 

先週は神戸、

今週は横浜で開催。

そして、明日の年越しライブはWOWOWで生中継される。

 

チケットに外れ、

映画館でのライブ・ビューイングinシアターにも行けない私だけど、

WOWOWなら自宅のリビングがアリーナだいっ!!

 

年越しそばも早めに済ませて、家事をさっさと終えて

集中して見れるように、がんばるぞ!

(結構がんばらないと主婦が大晦日にテレビの前に、ずっと座っているのは困難)

 

そんな私に、んなさんからライブ会場の空気をおすそ分けしてもらえました!

 

111230_200901
  

ビタミンカラーの黄色の風船。

会場にいっぱい舞うの、楽しみだな・・・・!

 

今年はつらいことも多かった一年だったけど、

年の最後に、日本中に元気でHAPPYな風船がふわふわと

たくさんたくさん舞い降りる。

それだけで、新しい年の一歩を踏み出す力を得る人が

たくさんたくさんいる。

 

明日のライブ・・・楽しみだな!

ライブに行かれる方、気を付けて楽しんでらっしゃーい!

2011年12月29日 (木)

アボカド和洋レシピ

アボカドを食べ始めたのは、割と最近。

どんなふうに食べたらいいのか、わからなかった。

果物を刺身醤油で食べるってのも、なんだかピンとこなくて

それなら普通にマグロのお刺身を食べるわ、って思ってスルーしてきた。

 

そもそも、私が子どもの頃(80年代前半まで)にはアボカドは一般の店には流通していなかった。

あっても今よりずっと高価で手を出せるものではなかったと思う。

 

数年前、テレビでとっても簡単なレシピが紹介されていた。

アボカドを適当に1.5cm四方のさいの目切りにし、

海苔の佃煮と和える。ただ、それだけ!

 

それだけで、ごはんの進む一品が、手早くできちゃう。

 

ほんまかいな!?と半信半疑で作ってみたら、

予想以上においしくて、以来、時々作っている。

 

しかし、これ、私と長女は好物なんだけど、

次女と主人の受けが悪い・・・。

そこで、先日、友人とランチしたメニューを思い出して

アボカドを衣をつけて揚げてみた。

 

エビフライと揚げアボカドを、プリーツレタスをちぎった上に並べ、

玉ねぎとゆで卵たっぷりのタルタルソースをかけて頂いたら、とってもおいしかった。

 

長女は、揚げアボカドを絶賛。

次女も、「揚げた方が好き」と言っていた。

ほっくりした食感がおいしい。

 

ただ・・・・

「揚げアボカド」は、とっても言いにくい!

 

「アゲボド」になってしまうのだ!!

 

もう「アゲボド」でいいよな~って思うくらい。

「アゲボド」おいしいですよ。揚げてみてね♪

2011年12月23日 (金)

「輪るピングドラム」完結!!

アニメ「輪るピングドラム」が最終回を迎えた。

こんなに最終回が待ち遠しく、

また終わってしまうのがもったいないような複雑な気持ちにさせられるアニメは・・・ひさしぶり!

 

ピンドラ20話について以前、感想日記を書いた↓

展開の読めないアニメ『輪るピングドラム』

 

本当に一体、どうやって最終回に持ち込んで、まとめ上げるのだろう!?と

毎回毎回、展開の読めなさに驚いたストーリーだったが、 

見事にきれいに物語が結ばれ、テーマが鮮やかに提示されたラストだった。

 

画面の至る所に様々な「意味」が詰め込まれていて、

目が離せない。

一瞬でも、「大事なヒント」を見逃してしまう。

一見、意味のわからない表現も、何度か見直し、じっくり考えると

「なるほど・・・!」と、込められた意味に気づいたり。

非常に濃厚な30分間を毎週、味わってきた。

 

 

「愛」、「絆」の大切さ

言葉にすると、とても陳腐で、

その本当の意味を深く伝えるのが、逆に難しいテーマに

果敢に取り組んだ作品だと思う。

 

ピングドラムに登場する人物は、皆、

肉親からの愛情を受けられていない。

本来なら、無条件に、絶対的に注がれるべき親の愛を、だ。

 

愛されるべき人に愛されないのは、つらい。

求めても求めても、与えられない絶望感。

 

孤独な気持ちを抱え、心に深く傷を負ったまま、子供は成長する。

 

 

今は定年退職された中学校の校長先生が話してくれたことがある。

中学生の時期は、誰しも思春期で自我が芽生え、反抗的になったりする。

中には、問題行動を起こす生徒もいるが、大半は20才頃には落ち着き、

あんなに悪かったと思うような子でも、久しぶりに会ったら、ずいぶんまともに

きちんとした挨拶をしてくれたりする。

しかし、一部、ずっと問題を抱えたままの人生を歩む子もいる。

それは、やはり家庭が複雑な生徒だったりする。

決して差別的な意味合いではなく、30年以上の教師生活でたくさんの生徒と関わった上での実際の話として。

 

 

親の愛情を受け、温かな家庭に育った子供は、

思春期にいくら荒れたとしても、いずれ戻っていく場所を持っている。

だから、中学時代に少しくらい道を外れても、軌道修正ができる。

 

軌道修正がきかず、どんどん道を外れ、

取り返しがつかなくなってしまう子は、

そういう「戻っていく場所」を持っていない・・・・

そう感じる、と校長先生は何かを思い出す表情で悲しげに話してくれた。

(※朝礼で、とかじゃなくて、校長室でプライベートな会話として聞いた話です)

 

親の愛は、その人間の一番基礎となる部分を築く。

そこがしっかりしていたら、その人は多少の揺れに耐える強さをもつが、

基盤の部分がしっかりとできていないと、どうしても弱いし、

少しの衝撃にも大きく揺れてしまう。

 

信じ合える無償の愛を交わせる大切な人の存在。

それが人が生きていくのに、どれだけ大切か。

 

一度、それを失い、裏切られた思いのある人に

もう一度、温かさを伝え、明るい場所へ連れ出すのは・・・・・

これは、とても大変な・・・それこそ傷つくことも恐れない勇気が必要だと思う。

 

陽毬と晶馬が血を流し、傷だらけになって進み、

冠葉を救いに行くシーンを見て、そんなふうに感じた。

無傷で、にっこり微笑んで近寄って、それで救えるほど簡単ではないはず。

だから、あの表現は、とてもリアルだと思うのだ。

 

多蕗とゆりの会話が端的にテーマを示していた。

 

離婚率が上がり、

経済状態も良くならない今の世情、

親自身が精神的、金銭的、時間的な余裕を失い、

そのしわ寄せを子供が受けてしまっている悲しい状況が実際に多い。

何かを止め、変えなければいけない。

孤独な思いをしている子供たちを少しでも減らし、救うには・・・・。

 

そのためには、気づかねばならない。

大切なことに。

気づくことで、変えていける。

流れを変えていける。運命を乗り換えられる、かもしれない。

 

そのための作品なんじゃないか。

ピングドラムを見、感じ、考えることで、

乗り換えのための起爆になれば良いな、と思う。

・・・・・・だけど、

わかる人にはわかるけど、

わからない人には(興味がもてない人には)わかんないアニメだろうからな~

 

でも一部の人がわかるだけでも十分意味があると思うんだ。

愛し合うことの大切さを。

2011年12月20日 (火)

レモン&ジンジャー(トワイニング紅茶)でポカポカ温まる

毎日、寒いですよね~

空気も乾燥してるし。

・・・・・何か、温かい飲み物がほしい。

湯気をフーフーしながら、ゆっくり飲みたい気分。

 

本当はカフェオーレが好き。

だけど、一日に何度も飲んじゃ糖分摂り過ぎになっちゃうし、胃にも悪い。

そこで、お砂糖なしでも楽しめるフレーバーティーをあれこれ試して飲んでいる。

 

昨年の冬は、無印良品の「ウインターベリー」の紅茶ティーパッグ が甘酸っぱくて、いい香りが気に入ってよく飲んだ。

 

今年は、これにはまっている。

トワイニング紅茶の「レモン&ジンジャー」

Dsc02586

 

これがね、ほんとに体が温まるんですよ!

ポカポカしてくるの!

それに、あまり生姜!!って感じじゃなくて飲みやすい。

寒い時はこれだわ~

 

しかし、これ義母から頂いたもので、

近所のスーパーで探してみたんだけど、まだ一度も発見できていない。。。

あと1パッグしかないから、欲しいんだけどなぁ・・・・

2011年12月19日 (月)

ル・ピノー(大阪・北堀江)の北堀2412

頂き物のお菓子が、とってもおいしかったのでご紹介。

Dsc02585

お洒落な街、大阪・北堀江のル・ピノーのスイーツ!

これは、きっとおいしいだろうと期待して包みを開け、

わくわくしながら食べてみて・・・・

ふんわりの口どけ、

ちょうど良い濃厚さ、

とろける舌触りが名残惜しいような味わい、

・・・・・・おいしかった!

 

「北堀2412」

お店の住所が商品名になっているこのスイーツ、

お値段も手頃、手土産にちょうど良さそうだ。

今度、私も何か用意しなくちゃいけない時に、これ、ちょっと覚えておこう・・・♪

 

チーズスフレの方は、チーズが重くなく、しっかりと味わえるし

チョコの方は、生チョコがとろけるような贅沢な味わいが楽しめる。

どっちもおいしい~

 

阪神百貨店にも店舗があるみたい。

今度、梅田に行った時にお土産に買おうかなー!

2011年12月17日 (土)

桑田さんライブチケット争奪戦!熾烈!!

今日は、

「マウントレーニアダブル presents 桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~」

神戸公演チケットの一般発売の日。

 

昨夜のうちにローソンチケットの登録を済ませ、いそいそと参戦するもーーー

や・・やはり、繋がらない。。。。

うう~~~ん・・・・・

ですよねーっ、、、、

そうだと思っていました。

思っていましたが、「混雑中」の画面で追い返されるのは・・・切ない~~~

 

 

それでも、しつこくねばって画面を行ったり来たり、更新し続けていたら

ついに繋がった・・・・!!!

ーーーーと、思ったら 「予定枚数終了」

ぅ、、、、、

 

しかし、ここでもちゃんと救済措置が講じられていた!

抽選予約枠が設けられていたのね。

これは機材の配置等で少し見えにくいかもしれない席らしい。

しかも抽選で、当落の発表はライブ前日!

 

ぅぅ~~~~

でも、迷わず勢いで「予約」ボタン、クリックしちゃったわー!

 

きっと、これはそんなに席数ないだろうから、

これまた厳しい確率なんだろうけど、

それでも、あの手この手で、多くのファンと一緒に楽しめるように

工夫してくれているスタッフの熱意が伝わってきて、それが嬉しいね。

 

長年、問題になっているチケット転売の防止策も

今回はとっても厳しく網を張っている。

写真つき証明書持参でないとチケットと引き換えてもらえないシステム。

・・・・・・運転免許証を持っていない私には、これはちょっと厳しいんだけど

(保険証じゃダメみたいなのよ、、、、)

でも、やるなら徹底してやらないと意味がないものね。

すごく手間のかかる作業で人件費もかかるだろうに・・・・

スタッフさん、がんばってくれてるね。

 

会場で見たいけど、

もしチケット取れなくても、WOWOWで見れる安心感もある。

 

しかも年越しライブは中国、韓国、台湾の映画館でも同時生中継されるんだって。

・・・・すごいなぁ。。。

 

今年は、いろんなことがあった年だけど、

上着についたホコリをパンパン!と払って

新しい年を笑顔で迎えるパワーを

桑田さんのライブでもらいたい・・・・!

 

チケット、取れる自信全くないけど・・・・・・密かに期待っ!!

2011年12月16日 (金)

赤ずきんちゃん柄デジカメカバー作ったよ

東急ハンズの手芸コーナーで、すっごくかわいい柄の布を見つけ、衝動買い!!

赤ずきんちゃんモチーフの素朴な絵柄。

可愛過ぎるので、これはポーチか何か、こっそり持つ物を作るしかないなぁ・・・と考えて

あ、そうだ!デジカメカバーをそろそろ新しくしたかったんだった、と思い出した。

 

2011121617310000
 

厚手のキルティング綿を入れて、ふっくら仕上げ。

衝撃からの若干の保護になるはず。

 

裏はオオカミ。

2011121617310001
 

ひよこさん、逃げて~~~

2011年12月15日 (木)

神戸・異人館通りを散策

おいしいランチで心もおなかも満足!

ルミナリエまでには、まだ時間があるので、山手の方へ歩き、

異人館通りを散策。

 

坂を上ると、風見鶏の館。

Dsc02552

 

平日だけど、やっぱり観光客はそこそこ多い。

ルミナリエを見に来た人たちかも。

Dsc02550_3

萌黄の館は、昔(昭和61年)、主人と行った時よりもきれいになっているな~と思ったら

半解体修理をして建築当初の姿に復元したのだそう。

また今度ゆっくり訪れて、中も見てみよう。

 

風見鶏の館の脇にある細く急な石段を上がっていくと

神戸北野天満宮。

Dsc02558

天満宮ならば、次女の受験、合格祈願をしなければ!

いよいよ受験も本番だしね。

お土産にお守りも買っちゃいました。
 

Dsc02555_2
 

神社からは神戸の街を一望できる。

風見鶏も、よく見える・・・!

 

神戸の街並みは、美しい。

 

震災で大きな被害があったけれど、

たくましく、しなやかに、変わらぬ美しさを取り戻した。

だから、今大変な東北の町だって

いつか、きっときっと・・・・・・!

 

Dsc02562_3
 

クリスマスのサンタの飾りつけが楽しい異人館通り。

紅葉もきれいで、なかなか良い散歩ができて

ランチのカロリーも消費!(たぶん!!

 

2011年12月14日 (水)

Orfeu(オルフェ)で優雅ランチ 神戸・元町

学生時代からの友人が、「クリスマスっぽいことをしたい」と言うので

それなら、とっておきのロマンティック☆デートをしてあげましょう!と神戸へ行ってきた。

 

ミシュラン1ツ星レストランOrfeu(オルフェ) で優雅ランチ。

その後は、異人館を散策。

そうして夕暮れたら、ルミナリエ・・・・・・・なんという素敵プラン!!

女同士では、もったいないくらいだぜッ。。。。

しかし、主人はこういうの、なかなか行ってくれないんだもん。

友達と日帰り小旅行気分を楽しんでやるぅー!

 

・・・・・と言うことで、

お昼に大阪駅で待ち合わせ、JRで元町へ。

あれこれ久しぶりのおしゃべりを楽しんでいるうち、あっという間に到着。

 

駅からすぐ、大丸裏のビルの10階にあるOrfeu(オルフェ)へ向かう。

ミシュランに載るお店へ行くのは、私も彼女も初めて。

少々の緊張と期待で、ドキドキ。

 

予約の電話を入れた時から、折り目正しく、それでいて温かみのある対応が感じられ

期待しても大丈夫!と言う安心感があった。

 

エレベーターで10階へ上がると、ワンフロアがお店になっていて、

入口でコートを預かってくれた。

本当にいいお店は、お客に緊張させない。

リラックスして食事を楽しませてくれる。

居心地のいい気分を提供してくれる。

 

お客に、ちゃんと「人」として向き合ってくれる誠実さ。

「大切にされている」のが伝わってくるの。

そういう気分で食事を楽しむ時間は、倍も楽しく、心豊かに過ごせる。

 

Dsc02542


お昼のランチコース、クリュティエ(2800円 税込・サ別)

まずはアミューズ

「人参のムースとコンソメジュレ」

器も素敵・・・・!

テーブルの真ん中にカードのように挟んであるパリパリしたおせんべいのようなのも、すごくおいしかった!

茶色い部分がアンチョビで、塩辛くて病み付きになりそう。

Dsc02544

前菜「旬野菜と新鮮魚介の一皿サラダ“アルルカン”オルフェ」

 

なんという華やかさ!

ワクワク感をそそられる。

真ん中の温泉卵の硬さもちょうど良く、いろんな味を試すように楽しめる。

・・・・そう!こういうのが食べたかったの!!

わかってるなぁ!!

 

メインは「和牛ホホ肉のやわら赤ワイン煮込み」

Dsc02546_7

柔らかく煮込まれたお肉・・・・!

手前のベーコンで巻かれたマッシュポテトの付け合せも、とってもおいしかった。

小さく見えて、これで結構食べごたえがあり、適度な満腹感。

 

でも!!

デザートは別腹だから♪

Dsc02548_2
 

「林檎のミルフィーユ仕立て 塩バターキャラメルのアイスと共に」

 

塩バターの感じも、キャラメルのほろ苦い甘さも、すごくちょうどいいバランス。

煮られたリンゴの洋酒の風味が大人っぽい。

シナモンの香りも、ふわっと。

 

スッキリした味わいのコーヒーに焼き菓子もついて

最初から最後まで、満足・・・・!

 

夜だと、ルミナリエが窓際の席から見えるみたい。

 

お店の入口に置いてあったソファーに腰かけてみたら、

すっごく、ふわ~っと体が抱きとめられるように沈み込んで・・・快感!

 

元町駅から近く、観光にも便利な立地、

味、サービス共に、絶妙にちょうどいいクオリティー。

お値段も決して安くはないが、品質と照らすと、むしろ高くないと言えると思う。

また行きたいと思わせてくれる、いいお店でしたわ!

 

2011年12月13日 (火)

神戸ルミナリエに行ってきたよ

神戸ルミナリエの最終日に友達と行ってきました。

Dsc02570

写真では何度も見たことがあるけど、

実際に間近に見るのは初めて!

迫力と、神々しさに圧倒される。

 

ルミナリエに込められた阪神大震災の鎮魂、復興の想い・・・・

夢のように美しい光の中にいて、

それが静かに伝わってくる。

Dsc02575

東北で大震災があった時、

やっぱり阪神大震災のことを一番に思い出した。

 

あの時、大阪ではあまり大したことなかったと安堵したのに、

朝、日が昇ってくると共に、どんどん被害の深刻さがわかって来た。

最も急を要する被害の大きい場所での情報が、なかなかわからず

あちこちで火事が起こる様子をヘリコプターからのカメラが映していた。

 

学生時代の友人、親戚のおじさんが住む街、

知っているあの場所、あの街、美しい神戸の街並み、人、花、木々・・・

 

壊れてはいけない大切なものが、無残に理不尽に押し潰されていく。

天災の強大な力の恐ろしさに震えた。

 

だけど、神戸は見事に復興し、

年ごとに少しずつ少しずつ、人々の悲しみも鎮まりかけていた今年、

東北で大きな地震が起こってしまった。

津波による被害は、広く甚大で

放射能の被害は、さらに広く深刻。見通しもつかない・・・・

 

Dsc02578

このドームの中にはベルがいくつか吊るしてあって、

硬貨を投げ入れて、当たると「カン!」ときれいな音が鳴る。

しかし、なかなかうまく当たらないので、みんな真剣!!

投げられた硬貨は募金になる。

単に募金を募るだけより、こんなふうにちょっと楽しめて募金ができるのは

とってもいいアイディアだ。

 

私も投げてみたけど・・・・、やっぱり全然当たりませんでしたわーーー

Dsc02583_2

清らかな鎮魂の音を響かせる鐘。

祈りを込めて鳴らしたかったけど、長蛇の列で諦めました。。。

 

平日だったけど、比較的寒くなく、雨の心配もなかったからか、

結構な人出。

点灯時間も30分繰り上げでスタートだったけど、それでも既に大行列ができていたもの。

点灯予定時間より45分くらい早めからスタンバイしておくのが良さそう。

 

街が開催場所だから、交通整理がとても大がかりで、

地元の皆さんの協力と理解があってのイベントだろうなぁ、と感じた。

いい面、問題点、双方あるだろうけど、

できるだけ長く続けてほしいな、ルミナリエ。

Dsc02584_5

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart