« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

パーティーバッグ作った

Dsc02673

今週末、次女が高校を卒業する。

卒業式では、女子は袴かドレスらしいのだ。

制服(推奨服)があるんだから、それ着ればいいのに・・・ねぇ?

 

いろいろ出費がかさむ春、

せめてバッグは買わずに作って節約!!

 

と言うか、ドレスを買ったお店でマネキンにディスプレイされていたバッグが

「あ、これは・・・・作れるわ!」って感じでね。

次女も「こういう感じのバッグでいい」って言うんで、その足でさっそくABCクラフトに寄り、材料を調達。

簡単・・・と思った割には、ちょこっと苦労したけど

(作りたい形の型紙が見つからず、勝手にアレンジしたため、作り方を考え直さなくてはならなかった・・・)

実質2日くらいで完成。

費用も2500円くらいでできた。(お店で見たバッグは4200円だった)

口金が1500円くらいするのよね。

生地も光沢のある、少し厚いのにしたんで、ちょっと高い。

ハート形のレースに、ピンクとゴールドのパールビーズをあしらってみた。

これはコットンビーズなので、軽いし安い。

リボンにつけた白の花柄レースは、以前、セールで見つけた掘り出し物。

ようやく活躍できた!

 

なかなか上品に仕上がって、長女にも好評。

せっかくだから、結婚式でもあればいいんだけど・・・ねぇ~

今のところ、そういう予定もなく

次にパーティーバッグを使用する機会はいつになるやらーーーー

 

でも!

他の布でバッグを作れば、この口金を使って持てるのだ!

普段持ちできるバッグも作ろうかな~♪

2012年2月27日 (月)

冬の京都へ大人の遠足

大学受験で日本史を必死に勉強していた次女。

受験が終わったら、奈良・京都の寺院巡りをしたいと言っていた。

 

それを密かに待っていたのはーーー

実は、主人!

 

せっかくだし、京都へ行ってみようか~と声をかけると

「じゃあ、三十三間堂とか・・・行ってみる?」と車を出してくれた。

 

昼前に出発、

大阪は少し暖かかったが、京都に着くと、やはり寒い!

お寺の堂内は靴を脱いで板敷きの上を歩くので・・・すっごく冷える~~~~~

 

Dsc02645


三十三間堂は、横に細長い建物。

Dsc02644


長過ぎて、写真になかなか上手く収めきれない!!

 

Dsc02646


中は撮影禁止なので写せないが、

とにかく、まぁ・・・・入ったらビックリします!!!

細く、奥行きの狭いお堂に仏像が1001体、びっしり並んでいるのが、圧巻・・・・!

ものすごい迫力で、怖いくらい。

極楽浄土へ連れて行かれそうになります。

 

阿吽像、風神雷神像など、

超有名どころの国宝が、ずら~~~っと並んでいる豪華さ!

見ごたえ、たっぷり。

 

・・・と言うかね、

阿吽の吽の像が、とにかくカッコイイ!!

今、まさに何かの技を発動している!みたいなポーズ、

浮き上がる血管、筋肉の盛り上がり・・・・

すっごくリアルで驚く。

 

その隣の風神も迫力があって、雲に乗って飛ぶ姿が

これまたカッコイイんだよなぁ・・・・

 

鎌倉時代の仏像が、今も残って、感動を与えてくれる。

本当に、これは国の宝だわ。大切に守らなくては、ね。

 

 

 

Dsc02654

六波羅密寺は次女のリクエスト。

入試の問題に出たんだって。

それに、ここには・・・・あの超有名な「空也」像がある!!

Dsc02650


口から小さな仏様が出ている、あの写真。

日本史の教科書に必ず出てるし、ものすごくインパクトがあるもんね。

 

生「空也」に会える・・・・!!

 

NHK大河ドラマ「平清盛」の影響か、ツアー参拝客がひしめき合う中、空也に遭遇。

想像以上にリアルな姿で、何か・・・何かを訴えかけてくるパワーが半端ない!!

光が入ると濡れたように輝く黒い瞳が切ない。

どこまでも一心に道を求める魂が見える。

・・・・・やっぱり、すごいよ!

 

小中学生の頃に遠足で見るのもいいけど、

大人になってから、改めて見てみるのもいいものだね、仏像。

いいものは、やっぱりいいわ。

実際に見て、対面して・・・・伝わってくる迫力、感動がある。

 

 

その後は、南禅寺へ。

そのまま哲学の道を少し歩いた。

梅も桜もまだ早く、紅葉でもないこの季節、

人も少なく、ゆっくりと歩ける。

Dsc02657

花はないけど、マンリョウの赤い実がきれい。

Dsc02663

哲学の道には、いつも猫がいる。

小川のせせらぎ、四季を映す木々、山の色、

そよ風、

時折聞こえる鳥の声、鐘の音、

そして、丸くなって昼寝する猫。

Dsc02659

ここを歩くと、いつも心がきれいに洗われる気持ちがする。

 

なかなかいい遠足でした。

次は奈良へも行ってみたいな・・・!

 

2012年2月17日 (金)

映画「しあわせのパン」

受験が終わり、卒業式まで学校もない次女(高3)に

「映画でも観に行く~?」と誘うと

ちょっと観たい映画がある、と乗ってきた。

 

「しあわせのパン」(←公式サイト)

 

どんな映画なのかしら??と上記の公式サイトを見てみたらーーー

ゆるふわ~。.:*・゚ 森ガール ゚・*:.。傾向の次女に、なんとまぁピッタリな・・・・

羊まで出てくるなんて!!

じゃあ、せっかくだから、これを観に行きましょう、と出かけた。

 

 

舞台は、北海道。

原田知世、大泉洋夫妻が営む洞爺湖のほとりに建つパン&カフェ兼ペンション。

 

そこを訪れるお客たちの物語が、四季の美しい自然の様子と共に描かれる。

 

画面は全て雑誌の1ページのように、さりげなくお洒落で

隅々まで美しい。

 

映像が、なんとなくマットな質感で、絵画的な印象。

リアルさを意図的に削いでいるのを感じる。

 

この映画に「人生」はあるが、「生活」はない感じ。

 

調理シーンが、よく出てくるのに

とにかく“生活感”がない!

きれいに片づけられたキッチン。

趣味のいい小物。

そもそも、原田知世さん自身に生活臭がない!

 

寒い冬の日にやってきたお客に

「何か温かいものを作りますね」と言ってから

食材を揃え、煮込み始める。

・・・・・・・えっ!?作り置いてないの??スープ。

これから作るの!?1時間くらいかかるんじゃないの??

とツッコミたくなるが、原田知世さんは素知らぬ表情で、急ぐふうもなく

ゆっくりと人参を半分に切る。

 

出てくるお料理、パンはどれも、とってもおいしそうで

体に良さそう。

こんなパンが食べたいなぁ!こんなペンションに泊まりたい!と思う。

 

・・・・・雰囲気が良いだけの映画なんじゃ・・・?と少し危惧していたけれど、

なかなかどうして!

ちゃーんと内容がありました。

 

「冬のお客さん」は渡辺美佐子さんと中村嘉葎雄さん。

うちの両親くらいのお年のお二人。

将来を悲観し、心中を決意する中村さん・・・・

同じ状況なら、たぶんうちの父もそういう負の方向への決意を固めてしまう気がする。

おじいさんって、なぜかそういう発想しちゃうように思う・・・。

自分で全部背負って、周りには迷惑をかけたくない、って強く思い過ぎて。

 

だけど、もう余命がいくらもないおばあさん(渡辺さん)が、

生きている限り、明日はいつでも新しく、

人は成長し続け、変わっていくことができることを示す。

 

・・・・・・うちの両親の姿と少しかぶって見えて、胸を打たれたわ。

 

人は、人に救われる。

胸の奥に抱えた悲しみから解き放たれる方法を、この映画は教えている。

 

最後まで見終わると、

本編では、ほとんど描かれていない主人公、原田知世&大泉洋夫妻の背景も見えてくる気がする。

 

結婚しているのに、原田知世はご主人を

「水縞くん」

なんてクン付けで呼ぶのだ。

それが物語のリアルさ、生々しさを打ち消す大きな働きにもなっているように感じる。

 

元々、そういう関係だったんだね。

何か大きな心の傷を負って原田知世は打ちひしがれたけれど、

大泉洋はそんな彼女を丸ごと愛して、北海道へ連れてきた。

そうして、ゆっくりゆったり暮らし、

いろんなお客さんたちと触れ合って・・・・・

ようやく、二人は夫婦に、

心の深い部分で通い合う関係になれた。

 

 

映画の主題歌は「ひとつだけ」

矢野顕子さんと忌野清志郎さんのヴァージョン。




YouTube: 忌野清志郎・矢野顕子 「ひとつだけ」

この曲は私、高校生の頃から大好きで、ね。

よく歌っていた。

こんなふうに、しあわせになりたいと夢見ていた。

 

見終わって、少ーし心が満たされるような、そんな映画です。

上質の、おいしいパンを食べたような、そんな充足感。

 

2012年2月11日 (土)

解き放たれる春

つらく長い冬にも、やがて春はくるものでーーーー

次女の大学受験も、やっと終了!

第2志望大の合格通知がきたので、とりあえず安心。

第1志望は来週の発表。

当日は、京都まで一緒に合格発表を見に行く予定。

 

手応えはあるみたい。

しかし、去年の今頃は模試でもD判定で

近年人気の学部だし、難しいかもなぁ・・・と思っていた大学に、ここまで善戦できたのだから誉めてやりたい。

受験は合格か不合格か、結果のみの世界ーーーとは言えど、

一生懸命覚えた日本史の知識は一生ものだもの。

あれほど頑張った時間は無駄にならないよ。

 

 

さて、当人の次女はと言うと、

受験を終えて、まず最初に始めたのは・・・・・・

しばらくやっていなかったカーヴィーダンス!!

 

「受験でこんなにぶよぶよになった体で、卒業式も卒業旅行も行けない!!」

 

・・・そんなに太ってる??

ま、いいわ。せっかくだからカーヴィーダンス、やりましょう!!

 

ってことで、長女も含め、3人でカーヴィーダンスに勤しむこの頃。

連日試験で、一日中ずーっと同じ姿勢だった次女、

肩甲骨を回して、「うううっ!!」と呻いていた。

 

カーヴィーダンスをしたら結構、汗をかくくらい体が温まるので、寒い冬にはなかなかいい。

 

 

昨日は、一緒に梅田へ髪を切りに行った。

3か月ぶりに美容院へ行った次女、

長くて多かった髪を少し短くし、さっぱりさせて、毛先をクルンと巻いてもらって・・・少し垢抜けたかな?

 

ルクアやHEPに服を見に行って、春からどんな服を着て大学に通えばいいのか思案。

 

今は、右も左もわからない梅田の街も、きっと半年も経たないうちに

「庭」感覚になるかもね。

 

合格したことだし、お昼、何かご馳走しようか?と言ったけど

「今、期間限定200円のビッグマックが食べたい」と言われ、マクドナルドへ。

・・・・・・う~~ん、欲がないなぁ!!

 

ビッグマックは非常に食べにくいため、すごく不細工な顔になってしまうので友達とは食べにくい。

しかも、必死で食べるので無言になってしまう。

・・・だから、友達とより、お母さんと食べるほうがいい。

 

ーーーー理路整然とした理由じゃないか!

それなら私も付き合おう。

 

ビッグマックなんて初めて食べる気がするけど、

案外おいしくて、これで200円なら食べないとソンだと思ったわ、確かに。

 

それに、同じく期間限定のメープルカスタードパイもおいしかった!

ひさしぶりのマクドもなかなかいいものね。

 

 

吹奏楽部を引退して、受験でしばらくトランペットを吹いていなかった次女、

後輩から早速、連絡をもらって春のコンサートにOB参加するらしい。

今日は楽譜ももらってくるそうで。

 

卒業旅行の段取りもしなくちゃ、

バイトもどうしよう?と

手鏡片手に、ビューラーで、まつげをクルッと上げて鼻歌。

春がきたきた。

来週、もう一つ大きな花が咲けばいいね。

2012年2月 7日 (火)

芦屋 天がゆ(天ぷら・JR大阪三越伊勢丹)

「天ぷらが食べたぁ~い!」と言う友人に付き合って

大阪・梅田、JR大阪駅にできた三越伊勢丹の10階にある芦屋 天がゆへ。

 

「桃乃献立」(1700円)を注文。

ごはんとお粥を選べる。少し悩んで、せっかくなので、お粥にしてみた。

 

Dsc02633


野菜スティックにお塩をつけてポリポリかじる。・・・・おいしい!

そうしてしばらく待っていると、揚げたての天ぷらが!来た来た!!

まずは、やっぱり海老よねっ

プリプリ、サクサクッッ!!

Dsc02634

カウンター席で、板前さんが目の前で次々に揚げてくれるのを楽しみながら

アツアツを頂ける。

・・・・ああ、こういうのって「大人」な感じよねっ!!

オトナ体験した気分・・・・!!

 

モロッコインゲンとか、厚焼き玉子とか、

こういうのも天ぷらにしたら、おいしいんだなぁ~
 

 

たこの天ぷらの、柔らかいこと!!これは、おいしい・・・!

 

筍の天ぷらも、私、好物なのよねー!

今は季節じゃないだろうに、なかなかおいしく揚がっていたわ。

 

ラスト前にもう一度、海老2尾が出て、

最後は、サツマイモたっぷりのかき揚げ。

 

ちょうどいい感じの食べごたえで、満足。

いい天ぷらは、たくさん食べても胃もたれしたりしないね。

 

会計時に、お土産の「天かす」がもらえたのも嬉しかったな~

 

カウンター席なので3人以上で行くと、会話は楽しめないかも。

2人で行くのがいいかもね。

おいしい天ぷらを、上品に楽しめる。

また行きたいな~!!

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart