« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

夢だったのか・・・

テレビのチャンネルを回したら、桑田さんがコントをやっていた。

 

・・・・・あれ?

こんな番組あったんだ。

もしかして「音楽寅さん」のスペシャル??

ってことは、歌も歌ってくれるんじゃ?

ーーーーってか、そんな番組するって情報、全然入ってこなかったよ!!!

知ってたら、頭から録画ちゃんとしたのにぃ~~~!!!

なんで知らなかったんだろ・・・・

 

桑田さんのライブツアーが始まって、宮城に行ったサザン仲間さんたちが

口々に大絶賛。

・・・・大阪はまだまだ先だなぁ~と羨ましく思いながらも、

ネタバレ聞いちゃったらつまらないから詳しくは聞かずにガマンしてたから?

それでテレビ番組情報、聞き漏らしちゃったのかな・・・・

 

テレビでコントをしている桑田さんを見ながら、あれこれジリジリ考えてーーーーー

 

 

・・・・・・・ハッ!・・・・と目覚めた。。。。

 

あら、夢だったのね~~~~~・・・・

 

 

録画失敗してたから、夢でよかった・・・・・・

 

 

昨夜、大阪の当落結果発表(ローチケ先行)って、いつだったかな~って思いながら寝たから

こんな夢、見ちゃったのかな?

 

「音楽寅さん」のスペシャルを待ってる気持ちも出てると思う。

30分とは思えない濃厚に圧縮された内容で、歌もバンバン惜しみなく歌ってくれる上、

スペシャルライブもこの上ない豪華さで開催してくれるファンにはたまらない番組だった。

幻のように、ふと復活してくれる飄々としたさすらいっぷりもいい。

 

しかし、今のタイミングで音寅スペシャルは・・・ないわな。

次のタイミングは年末だろうけど、

年末は桑田さんもライブツアーが大詰めだし、

テレビはたぶんWOWOWとかで年越し生中継・・・じゃないのかな?

 

大病を乗り越えて、また新たな高みに到達した桑田さん、

今回のソロでの仕事は私なんかの想像を遥かに超えて

視野広く、思索深く・・・・バラエティーにとんだ彩りの充実っぷり!

50代の方があんなに創造力豊かに活動しているのを見ると

私も年を重ねるのを怖いとは思わずに済む。

まだまだ人生長いって思える。

 

ソロアルバムで高い評価を得、ライブツアーも敢行し・・・・

ねぇ?

そろそろ、次はーーーー

次こそは、サザンでしょ?

だって来年はデビュー35年でしょ??

春あたりに1曲出して、夏にはドーンとライブしてくれてもいいのよ?

そうしたら、あたし・・・・・また横浜まで行っちゃうかも~~~~~

 

・・・・って、これも夢?

夢じゃないよね?

正夢なら、いいな。

2012年9月23日 (日)

キーホルダー編んでみた

ここ10年くらいキーホルダーは自作しているわ・・・

今回は、かごバッグを編んだ糸が少し残っていたので適当に作ってみた。

Dsc02985_2


 

開くと、こーんな感じ。

Dsc02986

 

しかし、週末から急にめっきりと秋っぽく涼しくなってきちゃって

夏めいた素材感がそぐわない・・・・

うむむ。。。

もう少し、早めに仕上げるべきだったわ~

 

バイト、授業が詰まっている曜日もあるんだけど、

待機時間が長い時もあるんで、編み物が便利。

教科書も一通り読んじゃったしなぁ・・・・

おかげで「高瀬舟」とか「走れメロス」とかの名作もじっくり読み返せた。

改めて読むと、年を重ねた分、良さがしみじみ伝わってくるのよねぇ・・・

中1が習う米倉 斉加年さんの「おとなになれなかった弟たちに…」もね、

やっぱり、お母さん目線で感じちゃうしねぇ・・・・

なんかもう泣きそうになりましたわよ。。。

 

2012年9月13日 (木)

「TSUNAMI」のオルゴール

今週末9月15日から、いよいよ全国ツアーが宮城から始まる桑田佳祐さん。

大阪は12月なのよねぇ・・・ まだまだ先だわ。

わくわく、そわそわ・・・・・ つか、チケット取れるかな~?!がんばってみるわん!

 

バイトで授業の補助に行っている中学校の技術の時間で

オルゴールを作ることになった。

曲を15曲の中から選べる。

AKBとか新しい曲もリストにある。

そんな中、サザンの「TSUNAMI」もあった。

 

サザンの名前を見つけて、そっと嬉しく思っていると

同じ班の男子が

 

「サザンオールスターズ?・・・「ツナミ」って?」

 

えっ!?

サザン、知らんの!?

 

思わず、聞き返してしまった。

 

「・・・・・・聞いたことあるかも。」

 

・・・・・・・え・・っ??

あ、でも桑田佳祐は知ってるんでしょ?

 

「あ~・・・・聞いたことある・・かな。」

 

ーーーーーーーーーーーマジか!?

う~ん・・・あまり音楽は聞かないのかなぁ・・・

あるいは、好きな系統が違うんだろうか。

しかし・・・・・

正直、日本に住んでいてサザン・桑田さんの曲を全く聞かずに暮らすのは、難しい。

 

と言うか、

桑田さん、テレビに結構出て歌ってたのに。

見なかったのかな?Mステとか。

・・・・・あ~、でも中学生男子にはかなり刺激的なコトもしてたんで

見ろ!見ろ!と推奨はしにくいかも・・・・・???

・・・・・ま、私は中2からサザン聴いてましたが・・・ね♪

 

 

「『TSUNAMI』は聞いたことあるで、絶対。」

 

隣りの席の男子が言うのに、大きくうなずく。

 

「え?どんな曲やったっけ?」

 

・・・・・・思わず、歌ってしまいましたよっっ!!!

 

♪風にとまどぉ~~弱気なボクぅ~~

 

下手なのに思い入れたっぷりに最初から歌ってしまって、

 

「え~?わからんなー」

 

隣りの男子がサビを歌ってくれて、ようやく

 

「あ~!知ってるわ。」

 

でしょ!でしょ!!

 

結果、その彼もオルゴールは「TSUNAMI」を選択。

サビを歌ってくれた男子も「TSUNAMI」。

 

よーく考えたら、「TSUNAMI」は2000年の曲。

15歳の彼らは3歳だったのよね、、、、

でも、こんなふうに愛され続けるって、すごく嬉しいわ。

 

 

2012年9月11日 (火)

IKEAで買う

大型の家具販売店IKEA

大阪には南港近くにIKEA鶴浜店がある。

できた当初、どういう感じのお店なのか見物がてら見に行ったが、

人は多いし、面積は広いし、何が何だかわからずじまいだった。

 

それから数年経ち、IKEAって今、どうなってるんだろうなぁ・・・と思っていた。

あまり話題になることはなくなったけど、今でもお客さん多いのかしら?

もし、受けが悪く不振になっていたとしたら・・・あんなに広いお店なのに、さぞかし淋しいことになってしまっているだろう・・・・

 

ーーーーなどと考えていたのだが、

久しぶりにIKEAへ行ってみてビックリ!

土日は、駐車場も満車寸前、

ナンバープレートは大阪以外からもたくさん。外国人もチラホラ。

売り場は、お客でいっぱいだ。

 

IKEAへは漠然と行くと、徒労に終わる。

サイズ等もしっかり把握して具体的な目的があればあるほど、楽しく充実した時間を過ごせる。

スウェーデンからやってきたIKEA、

日本の既存の家具屋とはシステムが全く異なる。

 

2階の広大なショールームに店員は、ほとんどいない。

もちろん要所要所にはいて、相談をしたければできるのだが、店員から話しかけられることはない。

好みのパーツで家具を自由に組み合わせることもできる。

そして、買いたいものが決まったら、1階へ移動。

巨大な倉庫の中から自分で商品を選び取り、大きなカートに載せ、レジへと並ぶ。

 

持ち帰りも組み立ても、自分で。 (※別料金で各種サービスあり)

その分、安い。

 

組み立ての説明書には文字がない。

全てイラストで、わかりやすく説明されている。

いろんな国に向けての説明書を統一するには、イラストが一番シンプルで良い。

 

Dsc02977

左が、パソコンデスク。

右がプリンター台。

収納多めなのが嬉しい。

主人が組み立ててくれたんだけど、思ったより早くできて余裕だったよ!

 

IKEAは広くて、歩き疲れるので

毎回、お茶する。

Dsc02979


飲み放題のドリンクと、アーモンドチョコレートケーキ。

おいしいけど、結構ずっしり系のケーキでしたわ。

 

さてさて、来週は本&CD収納の棚を買いに、またまたIKEAへ行く予定。

適度な距離のベイエリア異空間デート。

なかなか良い気分転換。

 

2012年9月 9日 (日)

アシメ坊主

中学生ってのは、いろいろと大変なお年頃。

自分ってものが気になって、鏡を見詰めては、あれこれ思い悩んだりする毎日。

髪型も工夫して、少しでもかわいく、またはカッコよく見せたいのだけど、

校則が厳しくて派手なことはできない。

それでも、隣の席のヤツとチョットでも差をつけたい。

みんな似たような髪型だからこそ、ほんの少しの違いが目立つのだ。

 

先日、教室で中3男子たちの会話が聞こえてきた。

 

「散髪屋で雑誌を見せて、アシメ坊主に切ってもらった」

 

え?

アシメ坊主?

そんな言葉があるの?

つか、どんな雑誌にそんな単語が載ってるのよ?!

 

アシメとは、アシンメトリー。

左右非対称の意味。

アシメな髪型のわかりやすい代表例は、上地雄輔 さん。

今風の男の子のヘアスタイルだ。

 

しかし・・・・、それの坊主って??

坊主でアシメって、どういうことなのよ?

 

すると、その生徒、

少しだけ残した前髪をいじって

 

「ここ。ここがアシメ。」

 

・・・・・・・・・あ~~~~~

そこか!!

その微妙な前髪具合が、それなのか。

ともすれば、散髪の失敗に見えそうなそこにこそ、こだわりが込められていたのね・・・・・!

 

中学生男子も、大変だなぁ・・・・

ちゅーか、もう後半年もしたら、卒業して

お洒落ももう少し自由にできるってのに。

今は、そんな細かいことにエネルギー使ってないで受験に集中すればいいのに・・・

って思うけど、

「あと半年」が15才には、果てしなく長い月日に感じられるんだろうなぁ・・・・

我々には、半年なんて怖いくらいアッという間なんだけどねぇ・・・・

2012年9月 6日 (木)

恋は恋で消す

9月だね

もうすぐ誕生日だったのは誰だっけ

忘れたふりでやり過ごしたいけど

あの日の君の優しさは今も胸に

 

きっと昨夜は嫌でも私を想い出したでしょう

昔、観に行った映画、テレビでやってた

映画館でヒソヒソクスクス囁いて

耳がくすぐったい

頬をつねってもやめてくれない意地悪なあなた

 

もちろん私は見なかったよ、テレビ

中途半端に思い出すと整理がついてないのが自分にバレる

上書きして消えるほど、薄い想い出じゃない

 

違う人を好きになってみようと思うの

誰かの特別になれるかしら、私まだ

試すように見つめてみるけど、あのイケメンはなかなか釣れない

こっちのゲームに夢中になれば、うまく上書き成功するかな

繰り返し繰り返し同じ道通って

上書きだらけで本当は何が欲しかったのか、おぼろボロ

擦り切れた布切れの記憶片手に

愛されてみたいと願い微笑む笑顔も、もはやぎこちなく

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart