« 2013年1月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

「ファミレス」(重松清) 完結

日経新聞夕刊連載の小説「ファミレス」が完結した。

 

連載が始まって間もなくは

「ファミレス」(重松清)小手先料理、作ってみた で以前、日記に書いたように

話の行方が見えず、面白いのかどうなのか…という印象だった。

名前+呼び名で男性三人が登場するので、区別がつけにくい。

また、エリカ先生がとても非常識で厚かましいキャラなのにも閉口した。

 

しかし、時々出てくる料理のレシピは、とっても簡単で実用的。

実際に作ってみて、おいしかった。

 

序盤、ファミレスは、ファミリーがレス…の意味として、

家族の崩壊、分散が描かれた。

 

登場人物達は50才くらい。

私より少しだけ上の世代だ。

元々4人家族だったが、子どもたちは成長し、それぞれ就職や進学で家を出ていってしまった。

残されたのは夫婦二人。

これといった会話もない。

そんな中、夫は本棚の本に挟んである妻の捺印済みの離婚届を見つけてしまうーーー

 

私は離婚まで考えたことはない。

娘たちも家に同居しているのだが、バイトや遊びで出ていることが多く、

ここ最近、土日の夕食も夫婦二人だけで食べることが増えてきている。

 

数年前までなら、休みの日に外出するのも家族そろってが当たり前だったし、

それこそファミレスで外食することもたびたびあった。

 

子どもが20才前後になった今、もはや余程の機会でないと

一緒に出掛けてもくれないし、

家族そろって外食するにもお互いの日程を調整するのが大変…。

 

自然、主人と二人で出かけることが多くなる。

夕食も二人で外食することが増えた。

 

子どもが小さかった時には憧れた。

こんなふうに夫婦二人でゆっくり過ごせることを。

 

しかし…

子どもってのは、いるとうるさいけど、いないと淋しいものだ。

その喪失感をようやく乗り越え、

これからは二人で暮らしていくんだなぁ…と意識し始めた矢先に

この「ファミレス」が始まったものだから、小説の話の行方が気になって

毎日、読み続けた。

 

中盤、

あらら・・・本当に離婚しちゃうのかしら・・・と思ったが、

グ~~~ッと大きく舵を切り、ゆっくりと話は転換していった。

家族の想い出は食卓にある。

これは誰々の好物、

誰々は、これが…といろんなご馳走の鉢を

震災被災者のおばあさんがテーブルにたくさん並べるシーンは

読んでいて、なんだか涙が出てきた。

 

伊丹十三監督の映画「タンポポ」で

死ぬ間際の奥さんに、ご主人が

「飯を作れ!」と言う。

すると、いまわの際だったはずの妻はフラフラと立ち上がり、

台所へ行って無意識のようにチャーハンを作る。作って、こと切れる。

それを泣きながら夫は食べる。

泣いている子どもたちにも「カーチャンが最期に作ったチャーハンだ。お前たちも食べろ!」と言うのだ。

 

まだ、子どもがいなかった20代に初めて見た時、

なんて乱暴な夫だろうとビックリして呆れた。

 

しかし、今ならそのシーンの深みが痛いほどわかる。

死にかけていても、「家族にごはんを作らなければ!」と思えば、私も立ち上がると思う。

ずっと10年20年、家族のために毎日そうしてきたのだから。

 

作り続けてきたご馳走・・・ご馳走と言うのもおおげさな「おかず」は

そのまま、その家族の歴史になるーーー

「ファミレス」を読んで、そうだよなぁ…と思うところは多かった。

 

常識外れのエリカ先生は、常識人である男性三人を混乱させながら

なかなかいい位置に居座り、見事に話の要となってまとめていく。

最後には、ひなたちゃんのファミリーが形となり、絆を感じさせてくれて

すっきりとした読後感が味わえた。

 

先日、最終回を迎えたドラマ「最高の離婚」も

紆余曲折を経て、夫婦お互いの本音を曝け出し合い、

それでも尚、離れがたいことを痛感してーー改めて、一皮むけた夫婦になった。

 

一昔以上前のドラマなら、

互いの自由を選び、女性は独立し、男を捨てるーーという強さが描かれただろう。

でも、自分の自由や言い分ばかりを優先していたら、

「誰も幸せになれない」と、「最高の離婚」では主人公が叫ぶ。

 

1980年頃から言われ始めた「個」の時代は極みまで到達してしまって、

ようやくターニングポイントを迎えたようだ。

「個」では幸せにはなれない。

笑顔になれない。

おいしいご飯を食べて「おいしい顔」になるのは、

一緒に食卓を囲む大切な人がいてこそ。

 

「ファミレス」は、とてもいいテーマで書かれていたと思う。

日経を読む中高年に今、気づくべき大切なことを

そっと教えてくれた気がする。

2013年3月29日 (金)

就活って大変だ… 2

長女の就活、続行中。

エントリーした会社は数十社。

既に、「お祈りメール」(不合格通知)もたくさん届いているし、

二次に進んでいる会社も、いくつか。

 

それにしても…

長女の志望が、アパレル、インテリア関係のせいか

グループディスカッションのお題も、なかなか独特で面白い。

■スペースシャトルがある惑星で遭難事故を起こしました。

あなたはそこへ救助に向かいますが、救命艇は一度に1人ずつしか乗せることができず、

残された時間を換算すると、全員を救助することは不可能です。

乗客リストは次の通りです。

救助する優先順位と、その理由を教えてください。

 

リストには、乗客の性別、年齢、職業、未婚・既婚などの情報が記載されている。

オリンピック選手もいれば、

テレビの有名司会者や小説家も含まれている。

また、妊婦や若い人もいて、何を基準に考えるかが難しい。

 

ーーー無論、正解などないのだ。

つまり、答えのない問題をぶつけることによって、その人の内面を見ようという狙いだろう。

 

また、他の会社では、

 

■魔女の宅急便のキキのほうきが壊れてしまいました。

しかたなくパンの配達をバイクや自動車で行っていましたが、

やはり売り上げが落ちてきました。打開策を考えてください。

 

ーーーーファンタジック!!!!

 

こんなもの、答えも何もない。

それだけに、その人の人柄が出ちゃうんだろうなぁ。

それと、グループで話すことによって、コミュニケーション能力なんかも自ずとわかっちゃうよねぇ…

みんな、こんなに大変な試験を潜り抜けて就職しているのね、、、

今、洋服屋さんでもカフェでも、店員さんの意識がとても高いと感じるもの。

 

今日は長女、アパレル会社の二次試験で

社員の店員さんをモデルに、店内の商品から選んで

グループでコーディネートする、というテーマに挑戦。

うまくいったかなぁ・・・?

早く内定取れるといいんだけどねぇ~…

2013年3月28日 (木)

マーガレット編んでみた

14_2


バイトの休憩時間や待機時間の合間に編み続け、ようやく完成!

NHK「すてきにハンドメイド」2011年6月号掲載

「あこがれのクロッシェレースで夏のジレ&マーガレット」(服田洋子先生)の編み図のまま

毛糸で編んでみました。

 

以前、「余り毛糸で、ざっくりマーガレット」 も編んだんだけど、

今度は編み図に正確にトライしてみたところ・・・

やっぱ、ものすごーーく時間がかかりました。。。

 

まだ毛糸を持つのは暑い9月中旬から始めて

早く編み上げないと、もうニットの季節は終わる!という3月中旬に完成・・・

 

でも、まだちょっと肩は冷えるって感じなので

このマーガレットを羽織るのにはちょうどいい感じ。

羽織ると、こーんな感じになります。

15_2


合わせ鏡でバックを撮ってみたんですがーーーわかりますか?

 

えっ?

わかりにくい?

・・・・わざとです!!!

雰囲気!雰囲気!!

2013年3月25日 (月)

胸がざわざわする夢を見たよ

起きて、しばらくしてから

「・・・・・あ!あれ夢だったのか!!」と気づき、脱力したので記録。

 

****************

 

近くの公園で(たぶん長居競技場)

大きなサッカーの大会があり、

ももクロのようなアイドルグループが特設ステージで歌うイベントも同時開催されていた。

熱狂的なファンたちの声援に少し遠巻きにして見、

夕方になってきたので、そろそろ帰ることにした。

 

踏切を渡り歩いていると、斜め前方からとても急いでいる様子の人が

すごい勢いでやってきて、私の脇を急ぎ足で通り過ぎて行った。

背後では踏切が鳴っている。

歩を止めずにそのまま歩きながら、

踏切の遮断機が降りてからの時間と、

この位置から踏切まで歩いて行く距離を換算して…

全く間に合わないどころか、

万一、遮断機をくぐり踏切を渡ったりしたら、かなり危険だと直感した。

しかも、今のあの慌てようーーー

思わず振り返って、声をかけた。

 

「あまり急ぐと危ないですよ。」

 

声をかけたことで、自分自身、少し落ち着けた。

と、そこへ電車の通過音が。

そこで初めて、足を止めて振り返った。恐る恐る…

嫌な予感は的中した。

踏切には、肉塊のようなものがあった。

 

足がすくみ、踏切に近寄ることはできなかった。

踏切周辺には他にも大勢の人がいたし、警備員もいた。

そのまま、その場を離れたが、やはり気になって

しばらくしてから、また公園へ向かった。

 

すると、公園には今回のサッカーのイベントの警察本部が設置されていて、

踏切事故の状況の証言の聞き取りが行われているところだった。

私も、直前に見た様子を話すべきかもしれないと思っていると

女性警察官が声をかけてくれた。

 

「この方が直前に踏切前で擦れ違ったそうです。」

女性警官がそう言うと、奥から背の高い男性がぬっと現れた。

少し長髪のその人が私を確かめるように見詰める。

 

「話を聞かせてもらえますか?」

 

思わず、うなづいた。

威圧感があるが、まだ若く30才前後だろう。

鍛えられた体つきのわりに、色白で端正な顔をしている。

 

「ああ、ちょっと店に入って話しましょう。」

そう言って、喫茶店のようなところへ私を連れて行く。

どうも、朝から警備で忙しく休憩も取れなかったらしい。

ようやく一息つけると思ったところへ、踏切事故まで起こってしまい

完全に食べそこねた食事をとりたいようだ。

店の一番奥の席へ掛け、メニューを広げると定食を注文した。

私にも何か、と勧めてくれるのでコーヒーを頼んだ。

 

思いがけず、イケメンと差し向かい。

ジッと見詰められ、「…それで」と話を促される。

どうにも落ち着かない。

彼は私が話しだすのを待っている。

赤面するのも変だと思い、平静を装おうとするのだが、

うまく話せない。

 

「子ども二人も連れて…」

彼がため息まじりに言った言葉に驚いた。

擦れ違った時は、女性一人だと思ったが、

事故に遭ったのはその女性を含め、小さな子供も二人いたそうだ。

背が小さかったから気づかなかったのだろうか。

夕暮れで暗かったからか。

それにしても、子どもまで事故に遭っていたなんてーーー

ギュッと胸が痛んだ。

・・・・事故だと思っていたけれど、これは事故だったのか?

もしや・・・

 

とつとつと踏切を渡って歩いていたくだりを話していたところで料理が運ばれてきた。

豪快な食べっぷりで、から揚げを彼が口へ放り込む。

つい見とれていると、話の続きを促されたが、

「…食事の場で話す内容じゃないので。」と言うと、

「ああ、そうですね。」と、またご飯を口へ入れた。

コーヒーを飲みながら、彼の食欲に微笑んでいると、

女性警官が彼を呼びに来た。

連絡を聞きながら、残りのから揚げをムシャムシャと平らげて、

「すみません、本部へ戻らなくてはならなくなりました。失礼します。」

ガタッと勢いよく席を立ち、そのまま店を出ていってしまった。

 

よく考えたら、まだ証言の半分も話せていない。

中途半端なままになってしまった気持ちを抱えながら、私も店を出、本部を覗いてみたが、

もう彼の姿を見つけることはできなかった。

そこで、先ほどの女性警官に簡単に話した。

話してみると、自分の話に大した価値もない気がしたが、それでも伝えられたことに満足した。

でも、できればあの彼に聞いてもらいたかったなぁ。

もっとあからさまに言えば、

もう少し、彼と話していたかった。

きっと忙しく動き回っている彼を思いながら、本部を後にしたーーー

 

************

 

つ・ま・り!!

イケメンとごはんを食べた、って夢です☆

2013年3月12日 (火)

青過ぎる春と正面衝突

長年の使い痛みでギシギシのボディー。

気持ちは若くても、体力はガタ落ち、

膝はヨロヨロ、肩はバキボキ…

鏡を見て、「年だよなぁ…」と思わざるを得ない。

 

娘たちがハタチなのだもの。

私も相応に年を取るのは仕方ない。

でもさ、アレじゃない?

実年齢にしちゃあ…まださ、マシな方…じゃない?ね?ね?

 

鏡の中の自分を励ます。

慰められて、ちょっとは気持ちが上がるけど、

でも…

やっぱ、ババアだよ。

もうこれから先は

誰かの恋の対象になんてならないんだ。

誰かの特別な存在になって、

私の愛を乞う瞳で見つめられる…

そんなことなんて、もうないんだろうなぁ、と思う。

 

いやいや、

もし、ほんとにそんなことになったら、なったで困るのよ。

別に浮気や不倫がしたいわけじゃない。

ただ、「女」の看板が降りる気がして

それは嫌だなぁと思うわけ。

60になっても70になっても、「女」でいたいな。

 

 

・・・・・とか思ってたんですよ!

とーーーころが!人生思わぬコトが転がっているもので。

 

バイト先の男の子に、どうも気に入られているようなんですわ。

しかし、彼は13才・・・・・・・・・・・

 

「私の愛を乞う瞳」でガンガン見詰めてきやがります。

どういうことやねん!?

お母さんより、私の方が年上だろうにーーーー

 

彼は私に何を求めているのか…

自分自身を認めてほしいんだろうなぁ、と思う。

勉強がよくできる、とか、しっかりしてる、とかって褒めてほしいんだろうな。

 

「おかみさん…」

「ピース綾部…」

 

小声で他の生徒が言い出すのを聞こえないフリでかわす。

 

全く…なんというか…

さすがに嬉しいとは思えなくて申し訳ないけど、

きっと、たぶんーーー

後から振り返ったら、彼の黒歴史になるんだろうなぁ・・・・

 

 

※後日談

イタズラの度が過ぎた彼を注意したところ、

一発で嫌われてしまいました。

好意を持たれていただけに、憎さ1000倍になったんだろうな~

目も合そうとせず、無視しまくってくれます。

ん~~~…青い!!!凄まじく…青いわ!

2013年3月 9日 (土)

花粉の季節到来

花粉症、絶賛発症中!!

今年は早くもピークを迎えた感があります。。。

いつもはお花見時期が結構きついんですが、

今年は報道されているように、花粉の飛散が多いみたい。

 

花粉症熟練組ならお分かりだと思いますが、

花粉単独で来られるより、

排気ガスとか、たばこの煙とかと混ざる方が、よりきついのです。

だから、例のPM2.5とか黄砂とかがブレンドされてしまうと…

花粉症は大変つらい…

 

花粉症患者上級者は、今日は花粉が多いな~というのが体感でもわかるのですが、

今日などは、リビングの窓から見える「あべのハルカス」(建設中の300mの超高層ビル)が

良い天気にも関わらず、もやって見えるのですもの…

どんだけ飛んでるのよ!?

花粉+PM2.5+黄砂!!!

 

花粉と黄砂は季節もので、この時期をしのいだらなんとかなるけど

PM2.5は…本当に早期になんとか改善してほしいものです。

経済活動のためとは言え、やはり人あっての経済活動でしょうしね。

 

 

さて、この季節は卒業シーズン。

このブログのアクセス数は卒業入学時期に飛躍的に毎年伸びます。

13

わかりやすく伸びております♪

昨日は、ついに725ページビューを記録。

そのほとんどはPTA挨拶の文例の検索からの訪問です。

 

しかし、このブログの前身の方のアクセスは、もっとすごい!

12_3

ここ最近は連日、1000を超えるアクセス。

一昨日は1503のページビュー!

これはひとえにスマホからのアクセスが増えたおかげです。

こちらも、もちろんPTA挨拶文例へのアクセスがほとんど。

検索をかけると、前のブログの方が上に出てくるみたいで。

知恵袋のようなところにURLが紹介されていたりもするので、

前のブログも一応、今でも残してるんですよねぇ…


2013年3月 4日 (月)

カラスの巣を見たことがない

ゴミ収集日の朝早く

集められたゴミを路上へ無残にまき散らす悪い奴、カラス

どこもかしこも真っ黒で

羽を広げると妙に大きくて

追い払いたくても、手出しさえためらわれる

悪魔の使者のような姿が恐ろしい

硬いくちばしでつつかれでもしたら怪我しそうだ

それにあいつたちは賢い

普通ゴミの日だけ、この場所へやってくる

 

夕刻、闇迫る空に悠々と翼を広げ、我が物顔で

カーと鳴いて飛ぶカラスが二羽

彼らはどこへ帰るのだろう

マンションとビルが並ぶこの町で、どこに巣をつくっているのだろう

人工的に整備された公園の木々の上?

もしや、神社の境内の中の木

見たことはないけれど、きっとあるのだろう

見つからない場所を選んで、居心地のいい巣を作っているのだ

かわいい七つの子の鳴き声を聞いたこともないけれど

きっといるんだ

まだふわふわした毛の赤ちゃんが

そうして七つの子を翼で抱き、優しい顔をするカラスが

2013年3月 1日 (金)

就活の履歴書を書くのは大変…

最近ブログの更新が少なくて、めるちゃん、文を書くのサボってるんじゃない?と

言われそうですが、

ところがどっこい!!

ここ最近は、こんなにじっくり推敲を重ねるのは久しぶり!ってくらい

文章を練って練って、練りまくりの日々なのです。。。

 

大学三回生の長女の就職活動がいよいよスタート。

連日、いろ~んな会社へのエントリーシートや履歴書を書いているのですが、

これが、まぁ…なかなか大変!

 

志望動機や自己紹介は昔からの定番だけど、

それ以外に、ちょっと変わった質問があったりするのです。

 

例えばーーー

包装紙などを作って卸す会社の場合、

「あなたが最近、つい買ってしまったものを教えてください。」という質問。

 

さて、これにどう答えるか。

そもそも長女は、普段から衝動買いをすることが少なく、

買う時は、よ~く吟味する性格なので、「つい買ってしまった」ということがない。

 

それでも、何かを書かないわけにいかない。

う~ん…と、うなっている。

 

包装紙の会社が、「つい買ってしまったもの」を訊ねている…ということは、

要するに、ジャケ買いしてしまったものを聞いているのでは?

中身より、パッと見の見た目で魅力を感じた商品についてリサーチしたい、ということなのだろう。

そう言ってみると、

ああ、そう言えばーーとバレンタインのチョコを選んだ時のことを思い出し、書くネタを見つけることができたようだった。

 

他にも、

「あなたがこれまで続けてきたことは何ですか?それによって得たものは?

これからも続けていくことの先に何があると思いますか。」

 

「直近3年間であなたが疑問を感じたことを教えてください。その時、あなたはどうしましたか。

また、それにより何を得ましたか。」

 

…なんて質問がある。

そんなに、すんなりと簡単に書ける内容ではない。時間がかかる。

 

・まずは、質問を読み、その会社の業種等を踏まえ、聞かれている意図を十分に把握する。

・意図に沿ったテーマを決める。

・話の肉付けになるネタをいくつか揃える。

 ※できるだけ自身の経験に基づいたリアルなエピソードでオリジナリティーを出す。

・話を組み立て、文章にしてみる。

 ※読みやすい文章にするため、声に出して読んでみながら書くと良い。

・文章を見直し、表現がかぶっている箇所や、持って回した言い回しを整理し、ブラッシュアップ。

 

 

相当数の履歴書を読まねばならない人事担当者の気持ちを考えてみるといい。

読みづらい、汚い字で書かれていたり、

妙にもったいぶった文体で字数を稼いでいる文章を読みたいだろうか?

 

サッと斜め読みをしただけで、内容がスパッと伝わってきて

しかも、ちょっと光る箇所がある話なら、読んでもらえるかもしれない。

 

模範的な、誰にでも書けそうな可もなく不可もない話は、読み捨てられるだろう。

 

履歴書は、自分をアピールするもの。

オリジナルなネタで勝負して、自分を売り込まないと、ね。

 

 

ーーーーとは言うものの、連日書くのはなかなか大変な作業。

ネタを抽出するために、長女にあれこれインタビューして、

その時、自分はどう思ったのか?

いろんな角度から掘り下げていく作業が深夜までかかる…。

 

長女は、アパレルやインテリア関係の会社に多くエントリーしているのだけど、

先日、調べていたインテリアの会社は

「今の日本をどう思いますか?」というテーマで2000字…だった。

 

原稿用紙にして5枚。

結構な量に加えて、テーマが壮大過ぎ、長女は掴みにくい様子。

 

まぁ、それを書いて来れないなら、受けてくれなくてよい、と言うことなのよねぇ~…

志望するなら、乗り越えて来い!と。

 

私なら、何を書くかな~と考えてみた。

 

インテリアの会社だから、

・震災関連から、絆の大切さ

・体罰問題から、家庭内での対話の重要性

…など、具体的な時事を入れて、

「家族の大切さ」を導いて、

家族が憩う家が居心地がよく温かみのある雰囲気であれば、

自然と対話が増え、繋がりは増すだろう…と持ってきて

そういう仕事を御社でしたい、と結べばいいんじゃないか?

話を膨らませたら、2000字くらいいく文になるよ、これ。

 

…って思うんだけど、

書くのは、長女!!

私が書いてもダメなのよね~~

長女の感性を生かしつつ、

読み捨てられない、いい文章に仕上げる手助けーーー

なかなか大変ですわ。。。

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart