« 安くておいしい!ビストロスタンドFUJI(大阪・阿倍野) | メイン | カラスの巣を見たことがない »

2013年3月 1日 (金)

就活の履歴書を書くのは大変…

最近ブログの更新が少なくて、めるちゃん、文を書くのサボってるんじゃない?と

言われそうですが、

ところがどっこい!!

ここ最近は、こんなにじっくり推敲を重ねるのは久しぶり!ってくらい

文章を練って練って、練りまくりの日々なのです。。。

 

大学三回生の長女の就職活動がいよいよスタート。

連日、いろ~んな会社へのエントリーシートや履歴書を書いているのですが、

これが、まぁ…なかなか大変!

 

志望動機や自己紹介は昔からの定番だけど、

それ以外に、ちょっと変わった質問があったりするのです。

 

例えばーーー

包装紙などを作って卸す会社の場合、

「あなたが最近、つい買ってしまったものを教えてください。」という質問。

 

さて、これにどう答えるか。

そもそも長女は、普段から衝動買いをすることが少なく、

買う時は、よ~く吟味する性格なので、「つい買ってしまった」ということがない。

 

それでも、何かを書かないわけにいかない。

う~ん…と、うなっている。

 

包装紙の会社が、「つい買ってしまったもの」を訊ねている…ということは、

要するに、ジャケ買いしてしまったものを聞いているのでは?

中身より、パッと見の見た目で魅力を感じた商品についてリサーチしたい、ということなのだろう。

そう言ってみると、

ああ、そう言えばーーとバレンタインのチョコを選んだ時のことを思い出し、書くネタを見つけることができたようだった。

 

他にも、

「あなたがこれまで続けてきたことは何ですか?それによって得たものは?

これからも続けていくことの先に何があると思いますか。」

 

「直近3年間であなたが疑問を感じたことを教えてください。その時、あなたはどうしましたか。

また、それにより何を得ましたか。」

 

…なんて質問がある。

そんなに、すんなりと簡単に書ける内容ではない。時間がかかる。

 

・まずは、質問を読み、その会社の業種等を踏まえ、聞かれている意図を十分に把握する。

・意図に沿ったテーマを決める。

・話の肉付けになるネタをいくつか揃える。

 ※できるだけ自身の経験に基づいたリアルなエピソードでオリジナリティーを出す。

・話を組み立て、文章にしてみる。

 ※読みやすい文章にするため、声に出して読んでみながら書くと良い。

・文章を見直し、表現がかぶっている箇所や、持って回した言い回しを整理し、ブラッシュアップ。

 

 

相当数の履歴書を読まねばならない人事担当者の気持ちを考えてみるといい。

読みづらい、汚い字で書かれていたり、

妙にもったいぶった文体で字数を稼いでいる文章を読みたいだろうか?

 

サッと斜め読みをしただけで、内容がスパッと伝わってきて

しかも、ちょっと光る箇所がある話なら、読んでもらえるかもしれない。

 

模範的な、誰にでも書けそうな可もなく不可もない話は、読み捨てられるだろう。

 

履歴書は、自分をアピールするもの。

オリジナルなネタで勝負して、自分を売り込まないと、ね。

 

 

ーーーーとは言うものの、連日書くのはなかなか大変な作業。

ネタを抽出するために、長女にあれこれインタビューして、

その時、自分はどう思ったのか?

いろんな角度から掘り下げていく作業が深夜までかかる…。

 

長女は、アパレルやインテリア関係の会社に多くエントリーしているのだけど、

先日、調べていたインテリアの会社は

「今の日本をどう思いますか?」というテーマで2000字…だった。

 

原稿用紙にして5枚。

結構な量に加えて、テーマが壮大過ぎ、長女は掴みにくい様子。

 

まぁ、それを書いて来れないなら、受けてくれなくてよい、と言うことなのよねぇ~…

志望するなら、乗り越えて来い!と。

 

私なら、何を書くかな~と考えてみた。

 

インテリアの会社だから、

・震災関連から、絆の大切さ

・体罰問題から、家庭内での対話の重要性

…など、具体的な時事を入れて、

「家族の大切さ」を導いて、

家族が憩う家が居心地がよく温かみのある雰囲気であれば、

自然と対話が増え、繋がりは増すだろう…と持ってきて

そういう仕事を御社でしたい、と結べばいいんじゃないか?

話を膨らませたら、2000字くらいいく文になるよ、これ。

 

…って思うんだけど、

書くのは、長女!!

私が書いてもダメなのよね~~

長女の感性を生かしつつ、

読み捨てられない、いい文章に仕上げる手助けーーー

なかなか大変ですわ。。。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/31042755

就活の履歴書を書くのは大変…を参照しているブログ:

コメント

おお、める嬢、ご無事でしたか。良かった。
まる1カ月もブログの更新がないから
なんか良くない想像をいろいろしてしまって、
お見舞いのメールでも送ろうかなと思い、
「How are you?」という件名のメールを
書き始めたところでした。
元気そうで何よりです。安心しました。


噂には聞いているけど、ES書くのって、
すごいエネルギー使うよね。今の学生さんは大変だね。
私の世代の転職では、履歴書と業務経歴書だけで
たいていはOKだから、楽で助かります。
今は履歴書も「自書」と指定されないかぎり
PCで作って送れるしね。


長女ちゃん、希望の会社に入れるようお祈りします!

お久しぶりです。
めるさんもいろいろあったようで、大丈夫ですか?
私はなかなか病院通いから離れられずですgawk

イマドキって書かれてるってことは
めるさんのころはESあまりなかったですか?
元祖氷河期スタートの我々ぐらいから
アレに苦しめられてるんでしょうか。

我々の頃は資料請求からネットもなく手書きハガキで請求、
女子には有名大学でも資料は送ってくれないなんてザラで、
ハガキも100枚近く書きましたね。。。しんどかったなぁ~

会場で書く作文も時間制限の中で書くので
これまたしんどいですしね、ESで使った内容とは変えなきゃって思うし。

でもしんどかっただけでなく、出会いがあったり、勉強になったり…、思い出します。

新卒のシュウカツは原則一生に一度ですしね、
大変だと思いますが、娘さんのご健闘を祈ります!

我が家も数年後に、同じ体験をする予定でいます。
先輩としていろいろと教えていただきたいものです。
     
      成功を願っています。

■59さま

ありがとうございます!
ご心配おかけしまして…すみません。
奈良に行ったりとか、ブログネタはあれこれあるんです!!
あるのに、なかなか気持ちが落ち着かなくてゆっくり書く余裕がなくて、、、

先々週、急病で入院した弟の状態も、徐々に快方に向かっているようで一安心。
弟は独身で独り暮らしなものだから、こういう時はやっぱり私しかいなくて、久々に姉弟の絆を確かめ合えましたわ。

就職活動、今はなかなか大変だとは聞いていましたが、ここまでか!と驚いています。
本人がいいと思う会社に決まってくれるといいんですが…ね~~

■ゆちゃcat

ありがとうね!
ゆちゃも体調いかが?無理しないように…ね。
(…と言ってもしそうな気がする~~)

そっか、「イマドキ」と言うほど新しくもないのね…
最初、「イマドキ」はついていないタイトルだったんだけど、投稿直前につけてみたんです。
やっぱり、なしでいこうかな。タイトル変えてみた♪

我々の頃も「就職難」って言われてたんだけど、
今から思うと、まだまだ恵まれていましたわ。
ちゃんと真面目に勉強して、就活してたら、一応は就職できたもの。

エントリーシートとか、私たちの頃(昭和)はなかったよ。
もちろん、履歴書は書くけど、こんなに難しいことは書く必要なかった。

エントリーシートやSPI試験で、まず相当数をふるい落とそうとしている企業側の意図を感じる。

「この壁を乗り越えて来い!!」ってね。

でも、ほんと、ゆちゃが言うように
就活で、自分を見つめなおしたり、
本当にしたいこと、できることは何かを考えたり、
企業研究をしたりすることで、成長できると思う。
学生から社会人になるための勉強…だね!

…私はそこまで考えて就活してなかったよ、、、
今の子は、えらいね

■同士さん

ありがとうございます!
…本当に子供の成長は早いものです、、、

昨夜も、そろそろ寝ようか~と思っていた12時過ぎに
バイトから帰って来た長女が履歴書を書いていて、
「志望動機を考えないといけない!」って。

台所用品の卸会社だったので、
「そういうのLoftとかハンズで見てて面白いの?」って聞くと
「うん!好き。面白い。」

それなら話は早い。
そういうの見てて、どう思うの?

「ん~、お弁当箱とか…ああ、こういうのに幼稚園の子のお弁当を、かわいいおかずとかおにぎり入れてあげたらいいな~って考える。」

じゃあ、それを書けばいい。

会社のホームページを見て、社長の言葉とかOB先輩の言葉を読んで…
文章をまとめられたのが、午前1時過ぎ…
なかなかハードです。。。ねむい~~~

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart