« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

私の好きな歌 「Flathead」 The Fratellis




YouTube: The Fratellis - Flathead (US Version)

数年前のiPodのCM曲として、聞き覚えのある方も多いと思う。

 

若い、暴力的なほどのエネルギーの球が壁に投げつけられるような勢い。

高まりと解放のカタルシスの構成配分の素晴らしさ。

♪Bara bap bara ra ra bara bap bara ra ra ra... の部分では

目の前に色とりどりの鮮やかな色彩が浮かぶ。

この曲を聴くと、色が見える。その感覚が快感。

 

この曲が流行った頃、ちょうど高校生だった長女は、クラブのバンド仲間たちと

来日したThe Fratellisのライブへ行った。

その時、アルバムを聴き込んでいたので私も一緒によく聴いたのだが、

アルバム「Costello Music」収録曲はどれも、すごくいい。

ノリがいいし、メリハリがきいていて楽しいし、弾む音が生き生きしている。

新鮮で、それなのに、なんとなく懐かしいようなニュアンスもあり・・・絶妙。

 

アルバム2枚を出し、2009年から休止中なのは、とてももったいないバンド。

解散じゃなくて、休止らしいのだけど、再開するかなぁ…

2013年5月29日 (水)

bistro BEE(ビストロ ビー) 大阪・梅田茶屋町

サザン友達と女子会してきましたー♪

女子会です!女子会!!

いくつになっても女子!!

 

今年のサザン及び桑田さんの活動の動向を探る対策委員会の会議をしつつ、

お互いの近況を脈絡なく語り合ったり。

 

今回、集まったお店は、大阪・梅田、茶屋町のbistro BEE(ビストロ ビー)

梅田ミツバチプロジェクトの一環のこのお店、

梅田で採れたハチミツを使ったお料理を提供してくれます。

都市の生態系の循環を目的としているプロジェクト。

このお店に行くことで、その一助となれるなら…なんとなく嬉しい。

Dsc04240


前菜の盛り合わせ。

ハチミツだけでなく、野菜や魚も生産者と直結している食材を使用。

このお店の母体は、農耕機や漁船で有名なヤンマーなのです。

 

オリジナルカクテルの「ティフィンハニー Tiffin Honey」

(紅茶リキュール×ジンジャーエール×蜂蜜シロップ)も、スッキリとおいしかった。

 

ハチミツの甘みをほのかに感じる自然な味わい。

 

カルパッチョとかピザも食べたんだけど、おしゃべりに夢中になってて写真、忘れたわ~

一口、食べて即、「わあ!おいしい!!」っていうのではなく

なんかね、すごく普通に、自然に

「ん~、おいしいな~」ってね、身体と心にすんなりくる感じ。

いい食材を活かしてるってことなんだろうね。

 

落ち着いた雰囲気で、ゆっくり楽しめるし、

梅田駅からも近いから、今度また友人と集まる機会には利用したい。

 

それにしても、今年のサザン、桑田さん活動については

いくら審議しても結論を得られず。

ラジオ「やさしい夜遊び」で桑田さん自身が仕事が未定と愚痴っていたくらいだものね・・・

それでも、この夏、なんにも起こらないとは私は思えないのだけど。(希望的観測)

みんな、夏の計画が立てられなくて困ってますよ~

夏の熱いお祭り、みんな待ってるんだから!

 

2013年5月28日 (火)

USJでバックドロップ ジェットコースターに乗ってきたよ!

友人が「期間限定なので絶対、乗りたい!!」と言い出し

年齢を顧みず、行ってきました。USJ!!

Dsc04237


目的はーーー そう!

話題の後ろ向きコースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド ~バックドロップ~」

Dsc04235

写真左手にジェットコースターとそのレールが見えますね。

これです、これ!

これを後ろ向きに滑走するわけです。

どういうことやねん!?

 

朝の9時に友人と待ち合わせ、

一番に向かって並んだのですが、既に「240分待ち」の表示が・・・!

 

ちょ… 240分ってーーー

いやいや、これは大げさでしょ~~~

んなわけないでしょ~~~

だって、GWも過ぎたし、平日だってのに。

 

・・・しかし、妙に園内は混んでいる。。。

平日なのに、様々な制服姿がたくさんいる。

そっかぁ!修学旅行生か!!!!

Dsc04233


修学旅行生はいるかもしれないと思っていたけれど、

まさかこんなに多いとは、、、 大誤算!!

そんなこんなで、一番人気のバックドロップは長蛇の列。

9時半頃から並び始め、乗れたのは12時!

2時間半、立ちっぱなしです、、、

ーーーちなみに、後ろ向きではない通常のハリウッドドリームのコースターは60分待ち。

その他のアトラクションも25~50分待ちがほとんど。

 

それでもね、

それだけ苦労して並んだことが報われる面白さでしたよ!バックドロップ。

後ろ向きって怖いかと思ったけど、意外と逆に安定するっていうか、

純粋に面白かった。

降りて、すぐにもう一回乗りたーーーい!って思ったけど、並ぶのが…ねぇ?

他のところが全く見れなくなっちゃうんで、諦めたけど、また乗りたいなぁ~

 

Dsc04231


サーカスのショーもやっていた。

しかし、この日は快晴で暑くて…炎天下、見ているのもしんどかった。

踊ってるキティちゃんやスヌーピーの方がキツイって思うけど・・・ね。

 

「スパイダーマン」は改装準備期間で休止中。友人が悔しがっていた。

「ジョーズ」、「ジュラシックパーク」で水がかかって、サメや恐竜に

「何するねん!!」と怒鳴り、

「ターミネーター」では途中、2度ほどうたた寝し・・・

「スペース・ファンタジー・ライド」で、またキャーキャー叫んだ。

暗闇の中をクルクル回って・・・三半規管の限界に挑戦。

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」に並び、周りを見渡すとーー

あら?さっきまであんなにたくさんいた修学旅行生の姿が見えない。

もう夕方になって、帰りの集合時間になったのかな?と思ったけど、

そうでもなさそう。ベンチで座っている生徒やお土産物を買っている生徒も多い。

 

あ、なるほど・・・

バック・トゥ・ザ・フューチャー、10代にはあまりメジャーじゃないのかも。。。

私達の世代はリアルタイムで封切りを映画館で、すごい!面白い!!って夢中で観たけどね。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーのアトラクションは8人ずつ、小部屋に入って車に乗るんだけど

私達の回は、見事にフルメンバー☆おばちゃん!!

謎のおばちゃん回で、思わず笑ったわ。

このグループだけ、異常に平均年齢が高いんだもの。

 

小部屋に、おばちゃんたちの叫び声がキャーキャー響く!響く!!

 

暑かったせいもあり、帰り際には、もうぐったり。。。

寝る前には湿布を三枚、貼りましたーーー・・・

つ、疲れた~~~

 

でも、また行きたいな♪

2013年5月22日 (水)

サワラの白ワイン煮込み

関西ローカルの朝の情報番組「よ~いドン!」をメイク中の長女と一緒に見ていたら

とってもおいしそうなレシピが紹介されていた。

「産地の奥さん ごちそう様!」コーナーで

今が旬のサワラを使って、淡路島の奥さんたちがいろいろなお料理を披露。

どれも簡単で、おいしそう!

中でも、「サワラの白ワイン煮込み」に惹かれ、作ってみた。






19


魚に春と書いて、鰆(サワラ)。

同じく旬のアサリも使ってスープを出すのだから、これはおいしいに決まっている。

 

作り方も至ってシンプル!

 

1、サワラに塩を振る。クッキングペーパーで水分をとる。

2、フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニク+アンチョビを炒め、サワラ投入。

 (私はキューピーのアンチョビソースで代用)

3、アサリ+ミニトマト投入。

 (私はシイタケもプラス)

4、塩コショウし、白ワイン1:水1を入れ軽く煮込む。

 

フライパン1つでできるし、

材料さえ準備すれば、短時間で、すぐできちゃう!

サワラもアサリも、あまり煮過ぎないくらいがおいしいものね。

 

なかなかおいしかったので、近いうちにまた作ってみるつもり♪

 

※追記

二回目はよりおいしく作れたので写真、差し替え♪

緑を彩りに入れたかったんだけど、適当な野菜がなかったので、

胡麻和えにするほうれん草を少し使って、散らしてみました~

きのこは今回、マイタケ!

2013年5月18日 (土)

j.s. pancake cafe(ジェイエス パンケーキカフェ)大阪・天王寺MIO店

Dsc04225


お洒落な駅ビルへと華麗な変身を遂げた天王寺MIOプラザ館。

新しく架け直された歩道橋も開通。

その歩道橋への出口手前にできたパンケーキのお店

j.s. pancake cafe(ジェイエス パンケーキカフェ)

いつも行列ができている人気店。

かわいいお洒落な雰囲気で一度は入ってみたい気持ちにさせられる。

 

先日、平日のお昼過ぎに行くと、待ち人数が3組で比較的少なかったので友人と並んだ。

待ち時間も友達と喋っていれば、短い。

 

しばらくすると、かわいい若い男の子の店員さんに案内されて店内へ。

 

シンプルなパンケーキを注文。

今、流行りのパンケーキ!

ふわふわを期待して口へ運ぶが・・・・

あれ?

・・・ん?

なんか・・・・普通??

 

おいしいけど。

おいしいけど・・・・普通・・・。

家で焼くホットケーキと変わらないような・・・

と言うか、メイプルシロップをもっとドバドバかけられる分、家の方がおいしいぞ・・・

それに、二枚も重ねてあるから、同じ味が続いて食べ飽きるし、

おやつにしては満腹になりすぎるよ、、、

 

雑誌でも流行りで評判のパンケーキ。

期待した分、落差を感じる・・・。

他にもパンケーキの店は大阪にもいくつかできていて、どこも、いつもすごい行列ができている。

他のお店だったら、もっとふわふわだったのかな?

パンケーキのお店、2店へ行ったことのある長女に「味」について聞いてみると

「おいしいよ」

と答えが返ってきたが、さらに「家で焼くのと違うの?」と聞くと

「生クリームとかがたっぷりかかってるし~」

・・・・いや、そういうオプション的なものじゃなくて、生地は?おいしいの?

「ん~~~・・・

 まぁ、パンケーキって要はーーー“雰囲気”かな!」

 

やっぱり、そうよねぇ・・・

「お洒落な話題のカフェでパンケーキを食べる」ーーってシロップがかかるのが一番のおいしさの秘密な気がする。

そういう意味では、このお店は「とってもおいしいパンケーキのお店」だと思うわ。

 

友人と、そんなことをおしゃべりしながら食べていると、空席も出始めた。

安心しておしゃべりを続けていて、ふと店外へ目をやるとーーー

あら?まだまだ待っているお客さんがいるのが見える!!

・・・テーブル席も2つ、カウンター席も空いてるのになぁ。

大人数のお客さんだった…のかな…??

パンケーキブーム、そんなに息が長くはない予感がする。

次にくる流行りが、たぶん水面下で着々と準備中・・・じゃないかな。

2013年5月14日 (火)

娘たちからのプレゼント

クリスマス、誕生日・・・

これまでプレゼントと言えば、私達から子どもへ贈るものだった。

ところが娘たちも大学生となり、バイトも始めて

最近では時々、嬉しいサプライズをくれる。

17_3


神戸へ友達と出かけた次女。

ハーバーランドのKOBE さわやか堂で家族の箸置きを買ってきてくれた。

母の日のプレゼントということで、私は赤いリボンをつけたおすましにゃんこ。

お父さんは、カエル。(ケロヨン世代だからね~)

長女は、おしゃまな表情のウサギ。

そして、次女の似顔絵のようなネコ。

 

子どもが小さい時にハーバーランドへは、よく行っていて

このお店で小さな器を買ったことがある。

次女が小学生低学年の頃に描いていた落書きのネコに

そっくりなネコの陶器が並べてあって驚いたのだ。

今でも次女はあのネコを描けるんだろうか。

20030616


こんなお絵かきをしていた次女も、来月はもうハタチです。。。

早いものねぇ~・・・

 

Dsc03054

これは昨冬のクリスマスに長女がチョイスしてくれたプレゼント。

主人にはAdam et Ropeのセーター。

私にはディオールのリップ。

ちょっと塗るだけで血色良く見えて、香りがとってもいいの!

センスのいいプレゼント。さすが長女!

 

そうして今月は長女の誕生日があるわけだけどーーー

何が欲しいかと聞いたら

「現金!」の一言。

 

・・・そうですよねぇ~~

2013年5月 1日 (水)

「ボストン美術館 日本美術の至宝」 大阪市立美術館

娘たちはバイトや遊びで忙しい連休、

主人と二人、のんびり近場へお出かけお散歩。

 

どこへ行こうかと迷った末、

新世界で串カツでも食べようか!と言うことに。

観光客の多さに驚く。

しかし、一筋外して裏へ回ると意外と混んでなく、すんなりと店へ入れる。

しかも、メインストリートの観光地然とした雰囲気ではなく、昔ながらの風情も味わえるのだ。

串カツ、どて焼きを食べて、ぐるりと新世界を見て回って天王寺公園へ。

大阪市立美術館で開催中の「ボストン美術館 日本美術の至宝」が面白そうで入ってみた。

Dsc04218


橋下市長に閉鎖を突き付けられ存亡の危機だった大阪市立美術館。

閉鎖は回避される方向のようでホッとしたが、

4月から高齢者からも一般料金をとることになったみたいで・・・。

 

しかし、確かに入場者の半数くらいは高齢者。

入場料を取らないと、かなり収益が変わるのは間違いない。

 

連休中でもあり、入場には20分待ち。

そのため、展示室内でいきなり倒れてしまった高齢の来場者もいた。

 

Dsc04220

美術館へ入ると、曽我蕭白の雲龍図がお出迎え!

 

アメリカへ流れず、日本に残っていたならば国宝級の美術品が豪華に勢揃い。

なかなか見ごたえのある展示を、じっくり堪能。

 

奈良時代の曼荼羅図からあるわけです。

貴重なものを見ているんだなぁ…と思わずにいられない。

 

しかし、やっぱり平安時代のものとかは古くて退色が激しく、見づらい。

鎌倉、江戸時代のものになると、かなり保存状態も良く、美しい。

 

そんな中で、掛け軸、絵巻物はやはり保存がいい。

普段は巻いて収納されているものね。

平治物語絵巻は鎌倉時代のものだというのに、かなり状態が良い。

(↑公式サイト。絵巻の画像+解説あり)

平治の乱をテーマに生々しく描かれ、見る者を引き付ける迫力がある。

 

いやぁ~、当時としては世を揺るがすクーデターだったわけで、

その衝撃や、凄惨な現場の様子が怖いくらい伝わってくる。

馬で駆けてくるスピード感や、混乱の中で牛車に轢かれている人とか、

なかなかリアルですごい。一見の価値ありですわ。

 

写真の曽我蕭白の雲龍図も大迫力で、鬼気迫る感じなのに、どこか龍がユーモラスという絶妙な絵なんだけど、

やっぱり私は長谷川等伯の龍虎図屏風が良かったなぁ!

(↑公式サイト。画像+解説あり)

日経新聞で連載されていた小説「等伯」を読んでいて彼の生き様を感じていたから、余計にそう思ったのかもしれない。

ヌッと現れた龍と、一歩も引かず対峙する虎の視線が鋭くぶつかる緊張感。

一触即発。

お互い、次はどう動くか。相手の動きを読む視線。

屏風の世界の中の空気が伝わってくる。生きているのを感じる。

 

狩野派の屏風も多かった。

日本の美しい四季を艶やかに描いた狩野永納の「四季花鳥図屏風」も見事だった。

花鳥風月ーーと言われるけれど、

鳥が、多くの作品に、とても丁寧に描かれているのに驚いた。

鷲の爪の鋭さ。

オシドリのつがいが仲良く並ぶさま。

筆の流れでこんなにもリアルに、美しく描き出されるなんて。

 

尾形光琳、伊藤若沖など、一度は目にしておきたい画家の絵も並ぶ。

いやはや…贅沢!

日本美術の価値を理解し、大切に保存してくれているボストン美術館に感謝。

行ってみて良かった。

なかなか楽しめて、充足感を味わえた休日となりました。

 

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart