« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

サザン新曲「ピースとハイライト」

活動再開を発表したサザンオールスターズの新曲

「ピースとハイライト」の全歌詞が雑誌FRIDAYに掲載されていた。

 

どこよりも一早く記事&新曲歌詞掲載を約束してすっぱ抜きを防止したんだね、きっと。

今回、情報の漏れが万全に防げたのにはスタッフの並々ならぬ尽力があったと思う…。

なのに直前になって桑田さん本人が日にちを勘違いして、ラジオで「大事なお話」予告しちゃうんだもんねぇ、、、

・・・ほんと・・・こまったちゃん♪ 

 

先ほどのラジオ「やさしい夜遊び」で新曲がかかって、聞けたんだけど

「ピースとハイライト」

爽やか~なイントロとは裏腹に、歌詞の内容は

日本の近隣国との関係について歌っているのに、ビックリ。

この曲、そういう歌だったのね!

タイトルの意味も、くっきりしてきた。

 

近年、急になんだか不穏な極東情勢。

民主党への政権交代、首相がコロコロ変わる不安定な日本の政局+大震災の痛手で

世界の中での日本の位置が、いつの間にやら淋しい感じになっちゃってた。

(安倍首相が今、必死にあちこちでがんばって持ち直そうとしてるけど)

 

北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射問題。

(ほんとに発射するから怖い)

いくつかの島を巡る、近隣国との領有権問題も

お互いに主張し合い、どうも話が平行線になっているまま…。

一時は一触即発かと思うような緊張もあった。

 

大切な国土、

豊富に眠るとされる地下資源…

双方とも諦めるはずはない。

 

だけど、なんとか…なんとか!ヒトの知恵を絞り出して

上手い方法で、この難題を乗り越えたい。

だって、権利を主張して戦争なんかしてもね、

そういうのって良くないって、もうみんな骨身にしみてわかってるんだものね。

もっといい解決方法が、きっとあるし、

そういう新しい、賢い選択をできるんだ、って信じたい。

 

ニュースを見てて、私もそう思っていたから、

新曲を聴いて、「ピースとハイライト」には、すごく共感できた。

 

桑田さんの曲には、政治情勢を歌うものがいくつかある。

だけど、今回の曲は、辛辣に皮肉を言うのでもなく

嘆くのでもなく、

もっと肩の力を抜いて、心のつぶやきのような声で語りかけてくるような説得力がある。

人類が賢い選択をできるはずだ、と思えるし、

明るい穏やかな未来が見えてくる。

 

そうして、そういう外交的な大きな局面としてだけではなく、

個人対個人の、小さな関係性についても

反りが合わないなーと思っても、お互いを理解し合ってみようよ、

その方がケンカなんかするより、ずっといいよ、って

分かり合えるよ、諦めなければね、って、

・・・なんか、ジョン・レノンの「イマジン」みたいだけど

そんなふうなメッセージとしても感じることができると思う。

 

すごくいい曲だと思うな。

サザン復活で大きな注目を集める新曲に、このメッセージをのせてきたってのが

カッコイイじゃないですか!

ん~~、さすがだなぁ。。。

 

本当に桑田さんの詞の世界は、ご病気をされ、それを克服、復帰されて以来、グッと広く深くなったように感じる。

改めて思うなぁ・・・悔しいけど。

この人には敵わない、って。

2013年6月25日 (火)

祝☆サザン復活!

今日6月25日で35周年を迎えるサザンオールスターズ

待ちに待った吉報、サザン復活のサプライズもあって

今朝はもう、久しぶりの恋人の急な帰郷のような胸のトキメキ・・・!

 

いやぁ・・・

あると思ってたんです。

35周年だってのにサザン復活がないなんて、ありえないって思ってたんです。

桑田さんのソロライブも燃焼しきったような素晴らしさだったし、

次は、サザンですよね、って。

春先に桑田さんが一ヶ月ほど充電していたのだって、

夏のライブに備えて、体調に問題がないことを確認するためのものだろうと。

そろそろライブ告知もあるのでは・・・と思って待っていたのに、

お正月も・・・3月になっても・・・

4月にはいくらなんでも・・・ あれ?もう5月なのに?と月日は過ぎていって

これじゃあ、夏のライブはチケット販売に間に合わない・・・今年は動きがないのかしら・・・?

いや、周囲は絶対、サザンにやってほしいはず。

できない何かがあるのか?・・・メンバーの体調?気持ちの問題?

想像はどんどんネガティブな方向へ、、、

もうサザンはしないのかなぁ・・・・ そんなことさえ、ちょっと思うようになってきていた。

 

たとえ、何かのイベントで一曲だけやるんでもいいから、サザンとしてステージに立ってくれたら嬉しいのに。

・・・だけど、サザンでやるなら、そんな中途半端な形はイヤなんだろうなぁ!メンバーは。

だよなぁ・・・・!

 

そんなことを悶々と考えていたらーーーー

急転直下の復活じゃありませんの!

 

もしかしたら・・・と朝、目覚めてすぐにiPhoneでsas-fan.net を開いてーーー

復活+新曲+ライブツアーの告知に、じわっと胸と目頭が・・・熱くなりました。

 

めざましテレビなどでもサザン復活は大きく取り扱われ、

メンバーが笑顔で揃う映像を見て・・・

ああ、本当なんだなぁ・・・と、幸せな思いで頭の中がじーんとしびれました。




YouTube: サザンオールスターズ、始まる― 2013年・夏、熱い胸さわぎ

 

YouTubeにサザンオールスターズチャンネルができてるの!

比較的最近の数曲が聴けます。

 

新曲「ピースとハイライト」はフォルクスワーゲンのCM曲。

・・・・煙草じゃなくて車なのね~

上記リンク先サイトでCM2種+メイキングが見れます。

メンバーの笑顔がね・・・!

見ていて嬉しい。

ああ、サザンだ~!って。

新曲のメロディーも、うんうん、サザンだなぁって感じで、やっぱり嬉しい。

 

これだけ爽やかな曲ってことは、CDカップリング(どっちがカップリングかまだわかんないけど)

曲は・・・・これは濃い、激しいのが期待できそうで、それも楽しみ♪

*****

※追記(2013.6.29)

新曲「ピースとハイライト」、曲調は爽やかだけど

歌詞は政治情勢を歌った、内容の濃いものでビックリ!

*****

 

ライブ、夏の野外はキツイから、今から体力つけておかないとなあ!

今度こそチケット取るもんね!

昨年末は取れなくて悲しかったので、ついに応援団に入ったし。

茅ヶ崎は特に競争率が激しいことになるだろうけど、2000年の茅ヶ崎ライブに行けなかったの

後で後悔したから、今度はチャレンジする!

 

ああ、夏がきたね。

夏はサザン。

2013年6月24日 (月)

サザン35周年を祝う会

今年でデビュー35周年のサザンオールスターズ

関東では、希望の襷プロジェクト によるリレー、イベントがあって、今朝のめざましテレビでも紹介されていたね!

大阪でも、サザンファンが集まりお祝いして盛り上がっていました。

サザンファンの店長のお店でのファン限定のイベント。

定員ギリギリの50名近くのファン、店内は熱気ですごい!

その一人一人を店長が紹介してくれる。

それぞれが選んだ好きなサザンの曲に乗せて。

ファンになったきっかけとかを聞いてくれて、ね。

 

一人一人に違う曲が流れてくる。

そのたびに皆が口ずさむ。あるいは…シャウトし踊り出す。

一人一人が、どんなふうにサザンを好きなのかが短く語られる。

 

・・・ああ、なんか懐かしいなぁ、と思った。

2000年くらいのサザン公式掲示板での交流って、こんな感じだった。(もっと赤裸々だったけど)

それまで私はずっと、一人でこっそりとサザンを聴いていた。

サザンが好きだとは、あまり人に言わなかった。

だって…今でこそ、サザンや桑田さんは大御所扱いだけど

昔は・・・好きだって言うと、ひかれる感じだったのよ、、、ほんとに。

 

それがネットでたくさんのファンの人たちと交流できて、

みんな、それぞれの思いでサザンを聴いていることを知って・・・。

他のどんな曲とも違う、サザンの、桑田さんのメロディーに胸を掴まれる感じ、

グッと心の奥まで刺さる感じを共有できる・・・ある種、大きな悲しみや淋しさを心の片隅に持つ人たちと座を共にできる安心感がね、

その感覚を久しぶりに感じられて、嬉しかった。

一番、素顔な自分になれる解放感。

ああ、やっぱ、私はサザンが好きだなぁ・・・って思った。

そして、サザンが好きな人たちが好きよ。

はじめましての方たちも、あったかいんだもの。

 

普段飲まないのを忘れて、普通に飲んじゃって

酩酊してしまってご心配おかけしました、、、(恥ずかしいっっ!)

お先に帰宅してしまって、ケーキタイムまで残れなかったのは残念だけど、

ゆちゃのキレッキレッのダンスも見れたし、

その後の泣き顔ゆちゃも抱けたし、行ってよかった!

 

帰宅してから、夜遊びのラジオも聴けたしね~

先週、桑田さんが「大事なお話」とか告知するものだから

何事!?と喧々諤々だったわけだけど、フタを空けたら

・・・・・まさかの肩すかし!

とりあえず、体調が悪いとか、そういう悪い方向の話じゃないとのことで一安心できたけど。

夏の予定が、なかなか決まらないのかしらねぇ・・・

 

なんにもなくはないと踏んでいるのです、私は。(希望的観測)

でも、あれこれ上手くまとまらないご様子で・・・

しびれを切らして、桑田さんがライブをしたがるんじゃないのかな、って思うのね。

だから、応援団限定の小規模ライブがあるのでは?とか・・・ね。思いたいわけ。

 

3月のCD発売時にもプロモーションがなく、テレビ出演もなし。

ラジオも録音だったわけで。

その時から今まで何もしてないわけはない。

働いてると思うのよね。桑田さん勤勉だから。

・・・こんなふうにヤキモキするのもファンの醍醐味ではあるけれど。

そろそろ何らかのインフォメーション、欲しいわよねぇ~?

2013年6月22日 (土)

Honolulu Coffeeでパンケーキ(グランフロント大阪店)

「ハワイのおいしいパンケーキが食べたい!」と友人が言うので

(毎度登場する“友人”。彼女の言い出すワガママを昔からどうも聞いてしまう私)

大阪新名所、梅田のグランフロント大阪Honolulu Coffeeへと繰り出した。

 

噂通り、既に満席で長蛇の列。

並ぶこと30分。

平日でも、まだまだ混んでる!

Dsc04264_2

マカダミアナッツクリームパンケーキ(1000円)
ランチの後だったので、友だちと半分ずつシェア。

すると、ちょうどいい量でパクパクおいしく頂けた。

だって、これ、薄いパンケーキが3枚重ねなんだもん。

一人前が結構ボリューミィ。

白いマカデミアナッツのクリームがおいしくて、ペロッと食べちゃった♪

もうちょっと欲しいと思うくらいの量がおいしいよ。

 

注文を受けてからキッチンでパンケーキを焼いているのが、外からも見える。

焼き立てなのが、食べてもわかった。

 

マカデミアナッツフレーバーコーヒー(S 300円)もおいしかったわ。

パンケーキを半分ずつしたのが勝因のような気がする。

量的にも価格的にも、半分でちょうどいい。

コーヒーがついて800円なら、おやつとして、まず納得できるけど、

パンケーキで1000円超えるのは、私としては、どうも・・・納得できないのよねぇ、、、

フルーツがたっぷり乗っているのはある程度、値が張るとしても・・・

でもなぁ・・・

正直、家で自分で焼くホットケーキとそれほど変わらないというのが本音。。。

自分で簡単に安く作れる・・・と思うんだけどなぁ。

なんでパンケーキはこんなに人気なんだろう。

 

しかし!!

パンケーキ店で一番人気のEggs 'n Thingsが大阪に出店。

友人が

「行こうね~~~!!」と言っていたので、後日また行くと思いますーーー

 


2013年6月19日 (水)

レ・セレブリテ ホテル日航大阪(フレンチ)

次女の20歳のお祝いにフレンチランチ!

2年前の長女の時は、

20歳を祝うイタリアンランチを堺筋倶楽部で(←その時の日記。画像あり)

したので、今回も…と思ったら、結婚披露パーティーの予約が入っているとのことでアウト。

堺筋倶楽部に見合うスペシャル感があり、高価過ぎないライトなランチはないかと探したところ・・・

ホテル日航大阪のレ・セテブリテの前菜+メイン+デザート食べ放題のランチ(3700円+サ)を発見!

レ・セレブリテは以前2回ほど、PTAのマナー講習会でお世話になった。

落ち着いて、心地よく食事のできるレストランだ。

 

次女の誕生祝いであることを告げると、

蝋燭を立てたケーキを用意してくれ、記念写真を撮ってくれた。

主役である次女のお皿は赤い薔薇の華やかな絵柄。

祝う気持ちを形にしてもらえる、そんなさりげないサービスが受けられる贅沢。

 

お料理も、全ておいしかった。

フレンチのセンスの良さは目にも口にも嬉しく感じるのだけど、それが仰々しくなく、

さらりと素直に、すんなりとおいしい。

昔はフレンチって、もっと重いイメージがあったけれど、

ずいぶんヘルシーになったものだと感じた。

これなら、また食べたい、と思うもの。

・・・予算的に、、そうそう食べられるものじゃないけど…ねっ!

 

Dsc04249

食前のお愉しみ

奥の白いのは、玉ねぎのわらび餅!

えっ!?と思うけれど、これが意外とおいしい。

手前のネギのソースがいい。

この最初の一皿で、主人のご機嫌をGET。

 

Dsc04250

アオリイカの炙りとサーモンのタルタル グリビッシュソース

 

アオリイカが柔らかい!

トマトも甘いのなんの。

フランスパンもおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまう~

 

Dsc04251


愛媛県産 豚肩ロースのグリル 牛蒡と赤ワインのソース

 

これが見た目よりも食べ応えがあって、結構満腹に。

豚も硬すぎず、柔らか過ぎず、食欲を満足させてくれるし、

野菜も一つ一つが、なぜだかすっごくおいしいのよねぇ・・・

調理法ももちろんだけど、そもそも食材がいいんだろうなぁ!

 

満腹と言いながらも、デザートは別腹!!

しかも、デザートは食べ放題なんだもの。がんばらなくっちゃ♪

Dsc04257_2


チョコとコーヒーのムースと~

ピスタチオのブリュレ、

アメリカンチェリーも、普段食べてるのより大粒だ~!

 

もちろん、もっと食べるよ~☆

Dsc04258


マンゴーのミルフィーユも絶品。

だけど、一番おいしかったのは、ポンカンのシャーベットだったわ。

爽やかで、スッとして・・・ああ、もう一回食べたいくらい!

 

簡略ランチでも、満足度は十分。

と言うより、このくらいの量の方が、ちょうどいい。

だって、次女はこの後も高校の時の友達と会って、夜も外食。

翌日も大学のサークル仲間とボーリング&宴会と

生誕祭は続くのだもの。

 

今度はいつ、こんな贅沢ができるかしらね~と言ったら

来春の長女の卒業&就職祝いがあった・・・!

家族そろっての外食が減ってしまったこの頃、

たまに…の記念には、ずっと心に残る時間を過ごしたい。

・・・春に備えて、お金貯めておかなくちゃ~~



2013年6月11日 (火)

こんなところに猫3匹

ベランダで洗濯物を干している時ーーー 気づいた!

隣家との狭い狭い裏庭に・・・猫がいる!!

Dsc04244

子猫が3匹、母親にゃんこが授乳している。

どくだみの白い花の咲く、誰も人の通ることのないこの場所で

のんびりひなたぼっこをし、じゃれ合っている様子は、なんとも愛らしく癒される。

 

そっと様子を見ていたつもりでも、猫にはすぐバレた。

3階のベランダからなのよ?

猫って目がいいのかしら・・・ それとも野生の勘?

Dsc04245


隣家のわずかなスペースに、ササッと隠れ、こちらを伺っている。

ああっ・・・なんてつぶらな瞳!

きゃわっ!!

悶絶しそうな勢いで、かわいいっっ!!!

 

一体、いつの間に、どこで子猫が生まれていたのか。

特に猫の鳴き声が聞こえていたわけでもなく、においもなかったと思う。

三匹をここまで育てるのは、猫の母さん、きっと大変だったろうに・・・

 

それにしても、これからこの子猫たちの野良猫人生、

並々ならぬ苦労があることだろう。

・・・う~ん

3匹+母猫まとめて全部は無理だけど・・・1匹くらいなら・・・

飼ってもいいんだけど・・・な。

でも・・・でもなぁ!!う~~ん・・・

飼うなら飼うで中途半端なことはできないし。

 

洗濯物を干し終わり、1階へ降り、猫たちがいる裏庭が見える窓から、こっそり見てみる。

すると・・・いるいる!!まったりお昼寝しているではないか!!!

これはぜひ、撮りたい・・・

窓を、そぉ~~っと開けたつもりが

ガタッ!と音がし、猫たちに気づかれてしまった。

足をすくませる子猫たち・・・

ああ・・・、ごめんね、、、起こすつもりじゃなかったのよ~~

 

子猫に謝った瞬間、ドクダミの草原がガサガサと揺れ、窓の真下に母猫が勢いよく現れ、

シャーッ!!と渾身の威嚇をされ、驚いた。

 

その隙に、子猫たちは退避。

母猫が身を挺して子猫を守る姿に、頭が下がる思いがした・・・。

 

一匹、引き取ってもいい、なんて・・・人間の勝手な傲慢だったわ。

母猫は、もっと本気で真剣に子育てしてるのに。

 

洗濯物を取り入れる時も、ずっと警戒されてしまった・・・

Dsc04247


猫たちが、せっかく見つけた居心地のいい場所を奪ってはいけない。

安心して、ひだまりでお昼寝してほしい。

・・・すっごくかわいくて、すっごく見たいけど・・・がまんしないとなぁ。。

 

台風もきてるっていうし、大雨の時はどこで、どうやって過ごすんだろう・・とか

色々、気になるけれど、

きっと猫は、私が思いつかないような場所で、うまく生き延びていくんだろうなぁ・・・

 

2013年6月 4日 (火)

認知症に抑肝散、効果あるようだ

2008年、ちょうどリーマンショックの時期に二度目の脳梗塞を起こした母。

父の献身的な介護や、デイサービスで過ごす楽しい時間のおかげで

認知症を患いながらも、そこそこ元気に、明るく毎日を送れている。

 

ところが、2ヵ月前くらいから幻視の症状が現れた。

「父親」が家にいる、と言うらしい。

 

80才の母の父親は、もちろん既に亡くなっている。もう40年以上前に。

この時点で、母の発言が異常だとわかる。

 

夜、母がトイレに行く際には、父が介助をしているのだが、

それは自分の「父親」がしてくれている、と母は言うらしい。

懸命に介護をしている父としては、

「何、言うてるんや!俺がやってるんやないかい。」

と言ってしまう。

しかし、「父親」が見えている母には、それは認識が食い違うため

頭から否定され、気分を害する。

そうして、父と母の関係性が次第に悪くなっていってしまった。

 

「夜中にトイレに連れて行ってくれる男性」=自分の父親

そうイメージするのは、割と自然で理屈は通る。

 

父も、もうちょっと余裕をもって

いったん母の話を受け止めて、「そうか。」と言ってから

じわっと、現実へ話を修正していけば正面衝突は避けられるのだが。

母も、「父親」がいるのはおかしい、ということは一応、理解できるのだ。

しかし、現に母には見えているのだから、おかしいと言われても困るし混乱する。

 

最初、夜中だけ見えていた幻視が、次第に昼間にも現れ、

「誰かいる」と家のあちこちを母が探すようになり、

かかりつけ医に相談したところ、市立病院での診察を勧められた。

 

すると、これまで飲んでいた薬のうち

デパスをやめるように指示された。

 

デパスは効果のある良い薬なのだが、長期服用すると幻覚などの副作用が現れることもあるという。

母はもう4年半も飲み続けているので、この影響かもしれない、とのことだった。

しかし、デパスを急にやめると反動がくる。

以前、かかりつけ医からもデパスを減らす試みがあったのだが、急に調子が荒れ始め

慌てて元の量に戻したのだった。

だから、今回、1週間くらいかけて徐々に減らしていくことになった。

 

同時に、漢方薬である抑肝散が処方された。

(医師による効果の詳しい記事は↑上記リンク参照)

 

抑肝散は、元々、子どもの夜泣き止めなどとして用いられていたが、

近年、認知症の幻覚に効果があることが認められた漢方薬。

身体にも穏やかだし、これは期待できそうだ。

 

やれやれ、これで安心かーーと思いきや、

デパスを止め、漢方薬を飲み始めて1週間経った頃、

急激に母の調子が悪くなってしまった。

 

・昼でも幻視が起こる。しかも、かなりはっきりとリアリティーを持って見えている様子。

・夜も何回も目を覚まし起き上がって、幻視を見ていて不眠状態。

・麻痺のある右手の動きが急に悪くなり、自力で食事ができなくなった。

・ろれつが回らなくなり、しゃべっている内容が意味不明になった。

 

少し前まで、母は自分で麻痺がある右手で箸を持ち、食事ができていた。(こぼすけど)

会話も、十分ではないものの意思疎通はできる状態だったのに。

 

父は、脳梗塞再発の兆しか!?と慌てて、かかりつけ医へ母を連れて行ったのだが、

その日は特に処置なし。

 

そうしたら、翌日からこれまた急に幻覚がなくなり、夜、安眠するようになった。

手や言語能力の方も、徐々にましになっているようだ。

 

今では、もう全く「父親」の姿は見えないらしい。

「あんなに『誰かいる!』って言ってたのに、なあ?」と父が言うと

母は笑って「そうやなぁ~!」なんて言うらしい。

 

先週、市立病院で2度目の診察を受けた。

医師は、これを「デパスをやめた反動」だろうと説明した。

アルコールと同じく、急にやめると離脱症状が出るのだ。

抑肝散の効果が表れているようなので、このまま続けてみるように、との指示だった。

 

父は

「あの漢方薬はすごいなぁ!あんなに効くものとは・・・」と感嘆の声をあげている。

もう少し、早めに抑肝散に切り替えておけばよかったとさえ思う。

 

認知症でいよいよボケてきた、と諦めたりせず、

受診して、いい薬を処方してもらえて、本当によかった。

80才。

年齢も年齢だけど、それでも

できるだけ、心身共に健やかに、質の良い生活を維持してほしいから、ね。

 

 

※2013.11.4追記

 

母が抑肝散を服用したのは3ヶ月程度で、現在は飲んでいません。

薬全体が以前の半分の量に調整し直され、かなり減ったのですが、

かえって、それが良かったのか、

ここ最近は大変、調子が良く、気分もすっきり、

思考もずいぶんすっきりしていうようです。

体重の減量にも成功し、わずかな距離ながらも自力歩行ができるようになりました。

(転ばないか、たえず見守っていないといけませんが)

 

以前は異常に食欲がありました。

今から思うと、それも脳の機能の方に問題があったか、

或いは、薬の副作用だったのか、とも思います。

今は、年齢相応の食事量で自分から箸を置きます。

 

脳梗塞で倒れて以来、今が一番、状態が良いようです。

本人もそう感じているようで、体調に自信を得ている様子。

それだけに転倒などのケガが心配になりますが…

 

とりあえず、調子の良い今を大事に生活してほしいと思います。

また何らかの困った症状が表れたら、それに応じて対処しけばいいかなぁと思っています。

 

続きを読む »

優柔不断タイムリミット

指先で

あなたの背中に書いてあげる

あたしのほんとに言いたいことは

 

目を閉じて、全神経を集中させて聞き取りなさい

でなきゃ教えない知らなくていいわ

戯れと見逃して微笑んでいて

 

飛ぶタイミングをはかってばかりで

いつまでも踏み出さないあなた

その足場だって、いつまでも堅牢ではないのよ?

中途半端に笑っているその間にも

ほら、崩れてきてる

気付いてるのに、いつも気づかないフリ

教えてあげると怒るし

「わかっている」と怒鳴るけど、ただジッと立ち止まっているなら

わかってないのと同じなんだから

 

フラフラと揺れる旗に掴まってなんていられない

あたしはあたしで自分のタイミングで飛ぶ

待っていようと思ったけどね

時間は無限じゃないのよ、わかるでしょ?

向こう岸の安全を確かめるまで飛ぼうとしないあなたは

とても賢いおばかさん

お先に、ごめんね あたしは飛ぶ

今、踏み切って 新しいステージへ

あなたを置いていく

 

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart