« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

サザンのライブ、行くよッ!!

活動再開を宣言し、この夏、野外ライブツアーを敢行するサザンオールスターズ

35周年のこのライブは是非とも行きたい。

 

昨年末の桑田さんのソロライブは、

一般発売でもチケット取れるでしょ~なんて思っていたら

これが全く当たらず、参った。。。

次女と一緒に行こう!と約束してたのに。

 

こりゃ、やっぱり応援団(ファンクラブ)に入らないと無理かも…と遅まきながら決心し、

ついに入会。

入会初回のチケット抽選は優遇されるらしいという噂も聞き、

よし!今回は安心だ、と余裕の構えだったのだけど、

いざ、当落結果発表当日になるとーーー

なんとなくビクビク~~~~

 

いくらなんでも、そんな・・・希望通り全部当たるとか・・・無理かも・・・と

弱気になってくる。

一個でも当たれば、それでいいかも・・・!

どんどん謙虚にすらなってくる。

 

3時以降、メールで当落通知がくるようになっているはずが

なかなか届かない。

応援団サイトもアクセス集中で開かない。

・・・・うむむ。。。

 

最初に届いたメールは

神戸1日目の4枚の当選。

これは家族で行くつもり。

ちょうど主人もお盆休みなので行きやすい。

 

次に、名古屋1日目の2枚。

友人が行きたいと言うので、彼女の都合のいい日を選んで取った。

当選を連絡すると、彼女は即、ホテルを押さえた。仕事が速い!

 

当落が一番気になっていた神戸2日目の申し込みは落選だったが、大丈夫!

一緒に観ましょうと約束していたはなちんママさんがめでたく当選!

万一、私とダブって当選したら、もしかしたら席は離れて観ないといけないかもね、、、と

心配していたけど、それもなくなって、むしろ良かった!

 

はぁ。。。。

ほんとに観れるんだ・・・・

実感が、じわっと湧いてきて、なんだか今からドキドキする!

 

一昨日までは、絶対行けるって確信持ってて、

とりあえずライブに備えて、フェイシャル&デコルテエステに行ったんだけどねっ♪

 

・・・・・ん?

あれ?

エステより、もっと大事なものがあったような・・・

行かなくちゃいけないところがあったような・・・・

 

あっ!!!

本人証明の住基カード、申し込んだままで引き換えに区役所へ行くの

忘れてた!!!

うあ、やば~~~~~

 

気付いて、急いで区役所へ。

無事、写真付き住基カードGet☆

よし、これで会場へ入れるーーーー

 

ん?

いや、まだ何かあるよな・・・

 

あっ!お金払い込まなきゃ!!

ロッピー!ロッピー!!

近所のローソン、つぶれたやん~~ どこにあるのよ~~

つか、日曜までなの?払い込み期限。はやっ!!

今日、銀行へ行って現金、用意しなくっちゃ。

 

ようやく、私のバイト料を有意義に使う日がきたのね・・・っ!

そうよ、行きたいところへ行き、観たいものを見、

聴きたいものを聴くために・・・がんばって働いたんだもん。

 

3年前は初任給で桑田さんのライブチケット料を払ったんだけど、

そのライブツアーは中止になって、料金は払い戻しになって返ってきちゃったのよね、、

 

今度こそ、ついに・・・!

夏の想い出、作っちゃうよ~~~

 

ライブ会場で懐かしいサザン仲間とも会えるかしら!?

2013年7月24日 (水)

NHK「あまちゃん」面白いね

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」

脚本が宮藤官九郎ときたら、こりゃあ面白いに決まっている。

見ようと思っていたのだけど、これまであまり見れていなかった。

時々、タイミングが合ったら・・・という程度だった。

 

面白いのは面白いんだけど、クスッとした笑いで

しかも、ああ、これはアレをかけてるんだなぁ、とわかるだけに

ハイハイ・・という気持ちで乗っていけなかった。

 

それに東北弁は聞き取りづらく、ちょっと耳が慣れるまで意味を掴みにくいことが多かった。

 

しかし!!

そんなふうに思っていたにも関わらず、

なーんとなく見ていたはずなのに・・・

いつの間にやらドハマリしてしまった・・・!

 

キッカケは、マネージャー役の水口さん(松田龍平)。

長女は、以前から龍平さんを「カッコイイ」と推していたのだけど

私は彼を見るたびに、高校の時の同級生を思い出していた。

 

その男子は松田優作に似ていると皆に言われ、

「でも・・・なーんか違う」と付け加えられていた。

何が違うかと言うと、要するに

松田優作はカッコイイが、その男子はカッコよくはない、

「でも・・・なーんか似てる」のだ。

 

確かにそうだなぁ…と30年の時を経て、改めて息子さんの龍平君を見ながら

しみじみ思い、久しぶりに親友テンコちゃんにメールし、一緒にランチする運びとなった。

 

ちょうど、その日は「あまちゃん」で水口さんが

「ここ数日、君のことを考えてる」と、日本中の女子のハートを射抜く怒涛のシーンがあった回。

 

「いやぁ~!今日はすごかったなあ!」とランチタイムは盛り上がった。

それを機会に、すっかり高校の同級生の面影は一掃され、

純粋に「あまちゃん」を楽しめるようになり、今では毎日録画して、日に3回くらい見ているファンになってしまった・・・。

 

随所に挟まれる小ネタは、ダジャレで終わらず、

話として繋がっているのが、すごい。

さすがだねぇ~!クドカン。

 

ヒロインの能年ちゃんはかわいいし、キャスティングも絶妙・・・というか豪華!

 

今はアイドルになるべく頑張っている彼女、

母親の過去の秘密も明らかになって・・・毎日、懸命に生きている。

 

しかし、視聴者は皆、知っている。

ドラマの中では、もう正月を迎えた。そして高校の卒業式も済んだ。

と言うことは・・・1月下旬、もしくは2月上旬。

この後、翌年の3月に何が起こるのかを。

 

登場人物、全てが被災するだろう。

全員が無事であろうはずはない。

 

今のこの日々が、のほほんと明るければ明るいほど、それが気にかかってくる。

 

正直、大阪で生まれ育った私は、東北へ行ったことがないし、親戚もいない。

知り合いも少ない。

東北の大震災に心を寄せてはいる。

だけど、東北はこれまで一番、身近でない場所だったのが正直なところだ。

 

それが、「あまちゃん」を毎日、見ていると

北三陸に住む人々が、まるで知り合いのように感じられてくる。

オープニングで毎日見る美しい青い海が大切に思えてくる。

「知らない土地」ではなくなってくる。

 

愛すべき愉快な仲間が暮らす土地。

そう感じると、震災に対しての気持ちも自然と・・・ごくごく自然に変わってくると思う。

日本中でたくさんの人が視聴するドラマだからこそ。

声高に訴えるのではなく、

被災の悲しみを強調するのでもなく、

「あまちゃん」の明るい人間関係のワチャワチャが人の心を動かす。

 

毎日、続きが楽しみなドラマ。

・・・・それにしても、水口さん(松田龍平)は・・・かわいいっ!!

2013年7月23日 (火)

自由な気持ちで暑い夏、午睡




YouTube: solid state survivor - ymo (12/08/12)

 

WOWOWでYMOのライブを放送していた。

懐かしい曲を演奏してくれている。

高校生の頃、聴いていた曲だ。

YMOは独身の頃、よく聴いていた。




YouTube: absolute ego dance - ymo (12/08/12)

 

流れるようなメロディー。

彼の長い指が胸に触れるような。

涼しい夜風に髪を撫でられて、微笑む。

時間なら、まだ大丈夫。やめないでほしい。

 

高鳴り、溶けていく夜。

そんな自由な気持ちが胸に広がっていく。

 

忘れていたような自由な感覚。

・・・ああ、そうか。

この曲を聴いていた時が、自由だったからだ。

そう気づくと、なんだか切なくて。

 

音楽は不思議ね。

聴いていたその時の気分や感覚を甦らせる心地よい魔法。

2013年7月 8日 (月)

気になる曲 「憂、燦々」クリープハイプ

少し前から長女がよく歌っている不思議な曲。

「憂、燦々」クリープハイプ

妙な高音の声で歌うこの曲が資生堂のCM曲になっていると聞いて、ビックリ。

何度も長女が歌うのだけど、聴くたびに、どうも違和感というか疑問というか

なんか引っかかるものを感じる。

 

まず、タイトルが「憂、燦々」。

これは美空ひばりの「愛燦々」を想起させる。

しかし、「愛」が「憂」なのだ。

燦々は「陽が燦々と降り注ぐ」とかね、そういう使い方をする言葉で、

そこへ「憂」を持ってくるのは、本来、ミスマッチ。

あるいは、そんなに降り注ぐほどの「憂い」があるのか?

 

ところが、曲をサラッと聴いた限り

印象的な歌声を抜きにすると、割と普通のラブソングに聞こえる。

歌詞も、一読すると、甘いラブソングのようだ。

 

これだけ毒気のある歌声なんだから、歌詞のどこかに何らかのエキセントリックな

「ああ、やっぱりなぁ」と思わせるようなところがあるだろうと思ったのに

あっさりと、それも裏切られる。

 

こんなに普通にいい歌を歌ってしまって、この人たちはいいのか?と

今度は逆に心配になってくる。

普通のラブソングを歌って、大手のCM曲にまでなって

これまでのファンが離れていってしまうんじゃないの?

 

長女が「でもPVはヘン」と言うので見てみた。

 

クリープハイプ - 憂、燦々(ゆう、さんさん)
YouTube: クリープハイプ - 憂、燦々(ゆう、さんさん)


 

なんとも陰惨な映像。

あれ?この曲って、こういう歌なの?と、もう一度、聴き直してみた。

 

PVに出てくる女性は、一度も笑わない。

男性は、これまた絵に描いたようなクズで、

家もなく、車で生活をしていて、職もなく、

その上、暴力まで振るう、まぁ・・・どうしようもない男。

 

なんで、こんな人と付き合ってるのか。

誰に聞いても「すぐに別れるべき」と忠告されるだろう。

彼女だって、本当はわかっているのだ。

なのに、別れられない。

 

その上、子どもまでできてしまって、いよいよ八方ふさがり。

こんな環境で、どうやって産む?どうやって育てる?

 

お金なら俺がなんとかしてやるさ、と彼は

酔っぱらった女の人を送って行く。

そのままヒモになるのか、

財布からお札を拝借するのか・・・

いずれにしても、そんなお金で親子三人の生活なんて成り立つわけもない。

 

最底辺の恋愛。

出口もなく、行き詰った・・・

そんな恋の歌なのだ。

 

PVでサビを歌うボーカルの尾崎世界観さんに彼女が掴みかかって行くシーンがある。

そんな甘い言葉はウソだったじゃないか!と。

信じたい言葉に裏切られた彼女が泣き崩れる。

もう彼女は、引き戻せないところまで来てしまっているのだ。

 

♪連れて行ってあげるから こっちにおいでよダーリン

 

そう甘く囁かれてたどり着いた場所が、この地獄。

それでも彼女は、これまでずっと、どんなに辛くても、

彼と一緒なら、それだけでいいの、と自らこの道を進んできたんだけどね。

いよいよどん詰まりまで来てしまって…どうするのかしらねぇ、、、

 

まさに・・・・!「憂、燦々」

タイトルに納得する。

なるほど、メジャーなCM曲になっても、これなら従来のファンも離れないだろう。

 

それに最初、奇妙に感じていた独特の歌声も

人間の慣れってのは怖いもので、今では不快に感じない。

耳残るインパクトのある歌声。

忌野清志郎も昔はキワモノ扱いだったわけで・・・

もしかしたら、清志郎の後を継げる・・かな??

と、ちょっと思うけど・・・どうかなぁ~

 

 

2013年7月 5日 (金)

ドライフルーツ、おいしい!

先日、デパ地下で見つけたドライフルーツの福袋。

・・・・ん?阪神百貨店、なんで福袋を出してたんだろう?

どんな目出度いことがあったの?阪神、勝ったとかかな・・・?

ーーーと、サイトを開いてみたら、こんな予告が・・・!

【予告】少女革命ウテナ原画展 ~輪るピングドラムと幾原邦彦の世界~

・・・こっ、これは・・・・行かなければっ、、、でも一人じゃ恥ずかしいので次女を誘おう!!

 

・・・・あ。

完全に話が脱線してしまいましたが、

お得パックになっていたプログレのドライフルーツのセットを買いまして。

これが、なかなかおいしいんですのよ~~

Dsc04271

 

写真左の黄色いのがパイナップルというのは、わかりやすいと思います。

右の赤いのは・・・何でしょう?

 

答えはーーー チェリートマトなのです!

トマトのドライフルーツ!?と、私も最初、ギョッとしたのですが

すんごく甘くて、おいしいの。

 

朝、ヨーグルトを食べる時、刻んで混ぜて食べてます。

間食に、甘いものがほしいな~って思った時、パインのドライフルーツをひとつ、

ゆっくり舐めながら食べると結構、満足感!

 

未開封のクランベリーと洋ナシも期待できそう。

 

1カップ630円(クランベリーは1260円)が定価。

ドライフルーツは高いと言えば、高いんだけど

日持ちがする分、生の果物を買って腐らせて無駄になるのを考えると

毎日、ちょっとずつ、必要な分だけ食べられて便利。

食物繊維、摂りたいしね!

 

他にもいろんな種類のドライフルーツがあって、

桃とかメロンもあったのよね~~(試食済み)

 

濃縮された自然な甘みが、噛むと口の中に広がって・・・

 

ああ、もう一個、食べたくなる~~ がまんがまん!

2013年7月 4日 (木)

パンケーキ専門店Butter茶屋町(大阪梅田)

最近、やたらパンケーキを食べたがる友人と

Butter茶屋町へ行ってみた。

 

平日の夕方近い時間帯だったせいか、

待ち人数も二組くらいで、ラッキー!

 

今回もパンケーキは1皿注文して、半分ずつすることに。

シンプルな「プレミアムパンケーキ」(2枚980円)

Dsc04270

店名に込められた意味が、食べてみてわかった。

使用されている乳製品にこだわりがあるようで、生クリームやバター、

添えられたソフトクリームが、なかなかおいしい。

一枚ペロリとおいしく頂けました♪

 

長女に聞くと、このお店の評価はいまいちだったんだけど、

それは長女が牛乳嫌いだからだったのねー。

 

店内のインテリアは写真のように、白を基調とした女子が好きそうなお洒落な雰囲気。

 

ドリンクはカフェラテが400円で、パンケーキとセットなら100円引き。

2人で分け合って、800円で休憩できて、この味ならまずまず。

また来てもいいな~と思った。

 

店内には、当然のことながら若い女の子がいっぱい。

もしくはカップル。

 

しかし、隣のテーブルの20才前後のカップルは

まーったく喋らず、お互いに、ずーーっとスマホをいじってばかり…

んで、何をやってるかと言うと、ゲームしてるの。

・・・いいけどさ~

おいしいのかな?パンケーキ。

私たちのより、ずっと豪華で高い、苺がたっぷりのったパンケーキだったのに。

なんだかなぁ・・・

もったいないよ!青春!!

2013年7月 2日 (火)

サザンのライブ、申込み前からドキドキワクワクソワソワ

5年ぶりの活動再開を宣言したサザンオールスターズ

夏のライブのタイトルが決まったそうでーーー

(↓公式サイト。詳細あり)

 

サザンオールスターズ SUPER SUMMER LIVE 2013
「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」

 

 

・・・・うん。

いや、なんて言うか、もう・・・

サザンだなぁ!って感じで嬉しいよっっ

 

今でこそ、私もそう言えるんだけど

サザンデビュー当時は女子中学生だったわけでーー

絶えずキワドイ、非常にセンセーショナルなサザンのファンだとは

清純派(ぇ?)の私としては・・・なかなか公言できなかったのです。

サザンファンの後輩とは、めっちゃ語り合ってたけどね♪

 

それで長年の友人にも、私がサザンのファンで

ファン仲間とライブやイベントに行ったり、集まって女子会をしたりしてると告白したのも

割と最近のこと。

 

「サザン聴くんやねー?知らんかったわ~」

 

まぁ、言ってなかったからねぇ、、、

 

「サザン復活、おめでとうー!私もライブ行きたい!!」

 

え・・?マジで??

あんたこそサザン、聴くの??

 

「うん、ベストだけ持ってる。昔のだけど。」

 

・・・・ふ~ん。「海のYeah!!」かな~?

 

「あの~洗剤の箱みたいなのに入ってる・・・・」

 

えっ!?・・・えっ!?「HAPPY!」か!?

あんた、あれ買ったん??

 

「うん。法被が入ってて・・・」

 

あちゃー それはファン垂涎のレア物だから大切にしたらいいよ。

 

「まだ法被の袋は開けてないねん。」

 

未開封かーーい!!!

売れるで?それ。

 

「えっ!?えっ!?ほんと??高くで売れる!?

さっき、悩んでたカバン、買えるかな!?」

 

・・・・いや、あんたがさっき悩んでたカバンって・・・シャネルやがな!!!!

 

「・・・・じゃあ、やめとく。」

 

う~~ん、ファンでもないのに宝の持ち腐れな気が、、、

まぁ、このまま未開封のまま保存し続ければ、いつの日か法被もシャネル価格に届く・・・??

 

んで、ライブは本当に行くの?申し込むよ??

 

「でもお盆と重なってるでしょ~?旅行の予定が・・・」

 

あらま、神戸はダメなのね。

横浜なら観光もつけられていいのに、この週もダメなのか。

 

「名古屋かな。」

 

ほぉ!

手羽先?

 

「それとかー ほら!みちょ・・・みちょに・・・きょ・・」

 

味噌煮込みうどんね!

 

「それ!」

 

んじゃ、土曜のライブに申し込んで~日曜に観光(食べ歩き)、と。

 

「うふふ~~!」

 

この可愛い満面の笑顔に毎回やられるんだよなぁ!!

 

「ホテル、調べておくわ!」(←彼女は元旅行代理店勤務)

 

 

と、そんなこんなで名古屋も当たれば行くことになりそう。(断定でないのは主人未承諾のため、、、)

神戸は、今回絶対はずしたくないので両日申し込みます。

次女が「行きたい!」と「I AM YOUR SINGER」のダンスを踊りながら言うのですもの。

神戸には、はなちんママさんも来て一緒に観てくれると言ってくれて嬉しい~~!

これまでチケットを取ってもらっていた分、今回ドーンと当ててご恩返ししたいところ。

 

きっとライブ会場ではお久しぶりのみんなにも会えるだろうなぁ!

みんな元気かな?楽しみ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハッ、、、それに備えて、ちょっと痩せておくべき!?

 

 

それにしても、サザンの野外ライブなんて

絶対、雨降るやん。。。

5年前の30周年ライブの叩きつけるような豪雨の中のライブを思い出すわぁ・・・

雨合羽を着ていてもびしょ濡れだったわよ、、、

 

と思っていたら、

なーんと今回の新曲には限定版に納涼サマーポンチョがつくらしい!

(公式サイト。詳細&画像あり↑)

 

スタッフも雨を予感してたのね~!

♪思い出はいつの日も…雨♪だもんねぇ、、、

 

YouTubeのサザンオールスターズchannelにも動画が追加。




YouTube: sas-fan.net 配信ダイジェストムービー 1978-1981

サザンの全シングル曲をダイジェストで聴ける!

懐かしい~~って曲もあるし、

Tarako」って、そうか、シングルだったのか…というのもあるし、

逆に、あれ?あの有名な曲がない…あ、そっか!アルバム曲だったか…とかね。

53タイトル並べられても、まだまだ全然足りない印象だものね~!

う~ん、サザンが聴きたくなってきた~♪

 

 

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart