« ベレー帽、かぎ針で編んでみた | メイン | リトル・マーメイド 最良の結末はたぶん… »

2014年1月12日 (日)

痛みのない世界へ

かかりつけのクリニックでレントゲンを撮って
状態の悪化が素人目にも明らかなのに、愕然。
耐え難い腰痛はぎっくり腰のせいだけではないだろうと思っていたが、やはりと合点がいった。


「薬も飲んでもらってますしねぇ。
後は注射がありますがーー。
どうしますか?打っときますか、連休前だし、ね。
それとも、我慢しますか。」

と白衣の先生。

我慢ならない激痛に耐えるのに疲弊し、
痛みのない世界に憧れたけれど、
いざ、その招待状を手にすると怯え、後ずさり。

「一度、楽を知ってしまうと、頼ってしまって
もう戻れないような気がするんですが…」

正直に不安を告白したが、先生はカラリとした笑い声を上げ

「ハハハ、そんなことはないですよ。」

「・・・じゃあ、一度、試しにーーー
打ってみます。」


そう答えると、すぐに診察室のベッドにうつ伏せになるよう指示された。


「四ヵ所に注射します。」

消毒液を含ませたガーゼで私の腰を拭きつつ、看護師さんが告知する。

・・・四ヵ所も・・・とやりきれなく思う間もなく、
医師は慣れた様子で

「はい、もう始めますよ~」と針を刺した。


麻酔の細い注射針が腰の中の
神経に近い所へと近づき
気持ちの悪い痛みに思わず呻く。

「く…あ、、」

声にならない声が漏れる。
痛みそのものは元々の腰痛の方がひどいので、もはや大したことはない。
気持ち悪いのだ。

直接、神経に触れられている感じ。
本来、ここまでは誰も手が届かないはずのところまで侵入されている感じ。


「終わりましたよー」

と声をかけられて、さっさとベッドから起き上がりたかったが
そうすぐには無理だった。
妙なふらつきと、ふわふわした感覚。

麻酔を打たれるのは抜歯の時以来かも。


ヘンな感覚は一日、続いた。
ピリピリとわずかに痺れる舌先。
足元がおぼつかないような頼りなさ。

しかし確かに、痛みは格段に減っている。
体が治っているわけではない。
痛みの感覚が脳にまで届かないようにブロックされているだけだ。

それでも、時々「痛い」と思うことがあって、
きっとこの痛みは注射を打つ前なら
「うああぁっ…っ!」と悶絶絶叫していた激痛なのだろう。


楽に体を動かせるようになった有難味も感じる。
いつまで薬効は続くだろう。


「また痛くなったらいらっしゃい。」


先生の優しい言葉が、なんだか怖い。

治らない病気だと言われているけれど
昨夜は本を読んで、ちょっと腰痛体操もしてみたりして。
これ以上悪くなりたくない。
だから、これまで生きてきた「姿勢」変えなくちゃ。
腰を立てて、シャンと立ちたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/32043709

痛みのない世界へを参照しているブログ:

コメント

つらそうですね。
心からお見舞い申し上げます。
「一病息災」というように、一つくらい持病があったほうが
健康に生きられるよ…なんていいますけど、
悪い所はないにこしたことはないですよねー。

お薬や注射の力もうまく借りつつ、
自然治癒能力も活かして、良い方向に進みますように。
くれぐれもお大事にしてください。
まだまだ人生には楽しいことや素晴らしいことが
たっくさん待ってますから!

■59さま

ありがとうございます~~

これまで、なるべく読んでもらって楽しいネタを…と心掛け、
暗めの話は避けていたのですが…
すみません、ご心配かけるような話で、、、

神経ブロックの麻酔注射の感覚が、慣れていないせいか、独特で。
あの気持ち悪さを書き留めておこうかな、と思い立ったんですが、
それだけでは何の話か、あまりにもわかりづらかったので、あれこれ足していくと、普通に注射を打ったレポートみたいになってしまいました、、、


注射の効能を恐れていたのですが、
正直、それほどでもなく2日目からは、痛くなっていました。
でも、なんとなくマシになってるような~~って感じ。


これ以上、悪くならないように…って気を付けてきていたつもりだっただけに
ちょっと落ち込んだんですが
とにかく、これ以上にならないようにしていくしかないんで、体操とかしつつ、なんとかしのいでいきますわ。

歩けなくなるのは、まだ困る。
まだ行きたいところあるから。
横浜だって、茅ヶ崎だって、本当に行きたいんですってば。

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart