« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

NHK朝ドラ「ごちそうさん」おもしろい!

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」を毎日楽しみに見ている。

正直、スタート当初はそんなに期待していなかった。
と言うのも、前の「あまちゃん」がとんでもなく面白く、
娘共々、大いにはまってしまって一日に3回くらいは繰り返し見て楽しんでいたから。

「あまちゃん」が終了して、
次はどんなドラマも、つまらなく思えてしまうだろうと淋しく思っていた。
しかし、録画予約はそのままになっていたし、朝ドラを観る習慣がついていてしまった!
そこで、なんとなく惰性で見ていたのだが・・・・・
そのくらいのノリだったのだが・・・・・
気付けば、めっちゃ面白くて、毎日楽しみになっていた。

「あまちゃん」の面白さとは全く違う。

「ごちそうさん」のヒロイン“め以子”は、かわいくもなく、賢くもない。

今や、すっかりたくましい大阪のおばちゃんになっている。
どこにでもいそうな普通の主婦なのだ。

名を残す偉人でもない、普通の女性の人生のお話。

だけど、そこには色々なドラマがある。
苦境に立たされたり、誰かに救われたりーーー

共感したり、
う~ん…と考えさせられたり、
答えはひとつでない人生の岐路、折々の問題に主人公が突き当たるたび
見ている私達もハラハラ気を揉む。


序盤は大正ロマン溢れる優雅な時代で
漫画「はいからさん」さながらの女学生だった主人公。
結婚して東京から大阪へ移り住み、
時代も変わって、今は戦時中。
暮らしぶりが、ずいぶん質素になった。


毎日、美しい着物を着ていた女性たちは、地味なモンペ姿に。
活気で賑わっていた天満の商店街も、商売ができず、食料は配給制になった。

かわいい次男坊が出征する先週の話には泣けた。


幼い頃から、主人公め以子に似て、料理好きな次男。
料理人として修業をしたい、と志望しているのに、戦時中のため
それどころではない時勢・・・。

その希望を叶えられるのは、海軍に入隊し、厨房で働くこと。

これが、海外留学とか、武者修行の旅に行く、とかね、
そういうことなら、・・・ねぇ?
まぁ、それでも親は子を心配するし、
できるだけの準備を持たして、旅立たせてあげたい、と思うのだけど、
海軍…だから、ね。
厨房で料理をする仕事・・・とは言え、敵の弾が飛んでくる場所へ行く艦に乗るわけだから
・・・・そりゃあ、生きて帰れるか、何の保証もないどころか、
いや、もうそれは・・・・つらいと思う。
どの親でも耐えがたい。


しかし、確かにこのまま大阪にいて
次男・勝男にとってつらくて仕方のない工場の勤労奉仕を続けていたって
命の保証はないことは変わらない。

当時の学生は勤労奉仕として、軍需工場へ働きに行かされていた。
学校で授業など受けていられる状況ではなかったのだ。

そうして、弾や兵器を作る軍需工場は、空襲の際の標的になった。
敵から見たら、当然の作戦だ。

主人公が住む天満は大阪城に近い。
当時、大阪城近くに砲兵工廠があり、
そこで弾や武器を作っていたので、大阪大空襲の際の標的となり
多くの学生が亡くなった。

うちの義父のお兄さんもその一人。
元々はお手伝いさんもいるような大きな商いをしていたおうちも町ごと焼けてしまい、
命からがら、大阪から親戚のある奈良まで歩いて逃げたと言う。

今はUSJがある、海の近くの大正区辺りも空襲された。
民間の軍需工場があり、そこが空襲で狙われたからだ。

私の父は小学6年生で、翌日が卒業式という1945年3月13日
大阪大空襲で焼け出され、周り一帯は火の海、
皆で池に飛び込み、
火の粉がかかるのを布団を頭にかぶってしのいだという。
3月の凍るような池の中で歯をガチガチ震わせ寒さに耐えながら
「ここで死ぬんだ」と覚悟したらしい。


そのような史実を知っているから、
ドラマで毎日見慣れた西門家も、その町並みも、
近々、大空襲に遭ってしまうのだろうと思うと胸が痛む。

西門家の人々、
商店街の顔ぶれ、
毎日、め以子におやつをねだりに来ている子どもたちも…
なんとか皆が無事、たくましく生き残ってくれたら、と願わずにいられない。


誰もが毎日毎食、当たり前のように繰り返している「食べる」ことに焦点を当てたドラマ。

「食べる」「食べさせる」力をいろんな角度から見せてくれる。
あと一ヶ月余りとなった終盤、戦時中よりさらに食糧事情が悪くなる戦後、
め以子の奮闘を見届けたい。


2014年2月15日 (土)

雪のバレンタインデー

今年のバレンタインデーは天気予報通り、朝からすごい雪!
温暖な大阪とは思えないくらい雪が積もっている。

こんなふうに積もるくらいの雪が降るのは、大阪では数年に一回くらいなのだ。
なのに、今年はつい先日も雪が積もったというのに、スパンが短過ぎる。


朝、バイト先へ向かうのに、自転車は危ないので諦め、
早めに駅へと向かった。

にも関わらず、列車ダイヤは乱れまくり、
全然早めどころかギリギリになってしまって、少々焦った。

しかも、雪が積もり、凍った歩道は危険で急いでは歩けない。
足元に気を付けながら歩いていると、
歩道で転んでいる女性に気付いた。

20代前半くらいの若いきれいなお姉さんだ。
周りには赤い傘やバッグ、その中身が散らばっていて
女性はバッグを拾い上げ、必死に落ちたものを拾い集めていた。

気の毒に…と拾うのを手伝おうかと思ったが、
次の瞬間、思わず躊躇した。

バッグの次に、お姉さんは近くに落ちていた紙袋を拾い上げた。
しかし、その紙袋は破れて、大きな穴が開いており、
そのそばには、へこんでしまったケーキ箱があった…。

もはやケーキ箱を紙袋に入れることもできず、
へこんだ箱を見詰め、呆然としゃがみこんでいた。

お姉さんはバレンタインデーだからか、ちょっとお洒落な服を着ていた。
気合いを入れた本気チョコのケーキだろうに…

うなだれているお姉さんが泣いているかもしれないと思った。
涙はこらえていても、心の中ではボロ泣きだろう・・・。
すごく心配になったが
あまりに状況が悲惨だと・・・・声をかけづらい。
掛ける言葉もない・・・。

一体、どんなこけ方をしたのやら、
それは見ていなかったのだけど、
痛いは、恥ずかしいは、悲惨だはで・・・
なんかもう・・・ねぇ、、、
たまらなかっただろうに。


あのお姉さんの彼氏が
多少の箱のへこみや、ケーキの崩れなど気にしない
度量の大きい男子であることを心から祈るわ。
そうして今頃、ハッピーに過ごしていると・・・信じよう!

2014年2月 8日 (土)

一緒に帰ろう

学校帰り、
校門を出ようとすると、私を待っていた彼が姿を現す。
一緒に帰ろう、とはにかみながら
肩を並べ、同じ道を歩き始めるーーーー


そういうの、私、憧れてた。
高校の時も、そういうのしたことないの。
部活の仲間と一緒に帰ることはあったけど、
私、自転車通学だったし
「じゃあね~~!」なんて手を振りながら、さっさと自転車こいで帰ってた気がする…。


それがーーー
それが、ですよ!

この年になってーーーー

起こり得るとはっっ!!!!!


人生、わかんないです。


正直、一緒に帰れて嬉しい…とかはないのだけど、ね。


自習教室のお手伝いに行ってる中学校の中1の男の子が、なぜか

「一緒に帰ろう~」

と寄ってきて、

「いや、私、自転車だから。」

と自転車置き場へ向かうのだけど、
校門で待っている!

んで、何か話したいことがあるのかな~?と思って帰り道を付き合って歩くけど
特に何かあるようでもなく、
たわいのない話をしてるだけ。

・・・ちゅーか、
私なんかと一緒に歩いていて恥ずかしくないのか??と
こっちが気を遣う。
どう見ても保護者同伴やないか~~

ええんかな~??と思いつつも、
なんとなく寂しさを抱えている彼の内面を感じるので、
話を聞くだけでもいいか~と、帰り道の数分間、自転車を押して歩き、
付き合っている。


今は小柄なかわいい男の子だけど、中3になる頃には、かなり成長して
もうちょっとしっかりしてくるんだろうな~
そうしたら、さすがに私にも寄って来なくなるだろう。
と言うか、今やってることが恥ずかしくなって黒歴史になる予感…。


彼は私に何を望んでいるんだろう?

構ってほしいんだな~というのは感じるんだけど。


あれかな?
ほら、「銀河鉄道999」の
鉄郎とメーテルのようなものかな?と、ちょっと思ったりする。

えらく老けたメーテルで申し訳ないんだけど、、、

メーテルは鉄郎の旅の案内人なわけで、関係性としては近いかもしれない。

しかし、映画版の999のラスト、
メーテルは鉄郎にお別れのキスをするのだ。

これは30年以上前に映画館で観た時も、違和感があって納得できなかったし、
今も理解できない。
あのラストシーンは男性の願望じゃないのかなぁ。
女性目線で言うと、大サービスにしてもキスまではしないわ。しかも唇に。

鉄郎が旅での様々な経験を経て、少年から青年になった、
それをメーテルも認め、彼を「男」として見れるようになった、その証の行為…なんだろうけども。

私としては・・・う~~~ん、、、って感じだな。


男の子って、いまだに謎だなぁ…私には。

2014年2月 4日 (火)

9―3÷1/3+1=?

ネットの記事で
9―3÷1/3+1=? 新入社員の正答率4割
というのを見、
さっそく、中学校での自習教室で
「これ、解ける?」と黒板に式を書いてみた。


ーーーーすると、集まってきた男子中学生数人が
あーでもない、こーでもないと悩み始めたが、なかなか答えが出ない。

中には、ずいぶん長い式を書いて計算している子も・・・


これは、そんなに計算が必要な問題ではない。
パッと一瞬で答えが出せるはずなのだ。

しばらく経って、ようやく正解を出せた生徒がいたが、
時間がかかり過ぎだ・・・。
小学校で習う問題なら中学生の方が逆に解きやすいんじゃないかと思ったんだけどなぁ・・・

9―3÷1/3+1=?


式に分数が混じっているだけで、なんだかヤル気が失せる人も多いと思う。
とりあえずパスしたくなる気持ちはわかる。

足し算引き算、割り算が混じっている式では、
まず最初に、割り算からやる。
この基本は多くの人が知っているはず。

だから、まずは

3÷1/3

ここから考える。

この最初の手順のところで、分数!しかも割り算!!なのが
もう…考える意欲をそぐ。

しかし、
割り算=逆数をかける
ってのを覚えていたら、ずごく簡単。

「逆数」って何?って思うかもしれない。
分母と分子をひっくり返した数のこと。

1/3の逆数は3/1、つまり3。

3÷1/3 = 3×3 なのだ。

これさえわかれば、後は楽勝!

9-9+1

という馬鹿らしいくらい簡単な式になってしまう。
答えは当然、「1」。


説明したら、

「あ~~!なーーんや~~」

の合唱。

中1の数学でも、これをわかってないと解きにくい方程式の問題が
ちょこちょこあるんだけどなぁ…
そういう問題はテストだと捨てちゃうんだろうか。

「わかろう」とする貪欲さが少ないなぁ…と生徒を見ていて思う。
がんばり過ぎるのは、よくないーーってのを世の中が大事にし過ぎてしまったのかなぁ。
あまりがんばらない空気が蔓延してしまってる。
若い時は、もっとキリキリがんばってもいいのにな。
それだけのエネルギーがあるんだもの。
出し惜しみしてちゃ、もったいないのにね。

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart