« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月28日 (月)

新たまねぎのステーキ

大阪ローカルの番組「せやねん!」

土曜の朝、なんとなくいつも見ている。

その中のコーナーで土肥ポン太が紹介していた

新玉ねぎのステーキが簡単でおいしそうなので作ってみたら…

本当に、めっちゃおいしかった!

 

ポン太さんは芸人さんなんだけど、八百屋さんもしていて

と言うか、八百屋の方が大成功していて

野菜について語ると、すごく流暢で、わかりやすく、的確で説得力がある。

お笑いネタの方はーーー

正直、私はテレビで見たことがないのだけど、、、

 

野菜の本も出版し、そっちのキャラを生かして活動中。

 

淡路産の大きくて新鮮な新玉ねぎをもらったばかりだったので、

さっそく夕食に作ってみたら、

玉ねぎの自然な甘みが、ものすごくおいしかった。

玉ねぎがそんなに得意でないはずの娘たちもペロリと食べた。

 

他にも、ポン太さんが

「アスパラガスは焼いて食べるのがおいしい。」と言っていたので

いつもは茹でているのを焼いてみたら、

これまたアスパラの甘みが凝縮されてて、おいしさ倍増だったのよ。

 

ガステーブルの魚焼きグリルに放り込んで置くだけなので、

茹でるより、ずっと楽!

洗いものもないという優しさ!!

 

簡単にできておいしいレシピ、

新玉ねぎの季節、頻繁に作ってしまいそう♪



2014年4月24日 (木)

カフェソラーレ Tsumugi LUCUA店【大阪・梅田】

Dsc05148

友人と梅田で待ち合わせ、とりあえずお茶しようとカフェソラーレ Tsumugi LUCUA店に向かった。

 

「前に言ってた抹茶のロールケーキの店なんやけど…」

 

「えっ!?私、今、実家でロールケーキ食べて来たところよ!!」

 

「えーーっ!!」

 

ちょうど、その日の昼に実家の母親の誕生祝いをしたのだった。

大きなホールケーキを持って行っても食べきれないと文句を言われるので

適量で食べやすいロールケーキを持参した。

久しぶりに娘たちの予定と合い、連れて行ったので、おじいさん大喜びでテンションMAXだった…。

母親は、私たちとの関係を娘、孫と頭では理解しているようだったが、記憶が曖昧なせいか実感が伴っていないような表情だった。

それでも、訪問を喜んでいるようだったし、

皆で「誕生日おめでとう!」と言うと、いい笑顔で微笑んでくれた。

 

お昼過ぎに実家を出て、途中で娘たちと別れ、その足で梅田へ来たので全然おなかは空いていなかったのだけど、

友人はもうロールケーキを食べたい気持ちでいっぱいだったようなので相伴することにした。

 

メニューを見るとパフェもあったのだが、もう少し量の少ないのでいいな~と思ったので

「お肌がよろこぶ ほうじ茶ゼリー」を注文。

 

三色の白玉やあられが彩りになっていて見た目も可愛い。

味は、めっちゃおいしい~~~ってほどでもないけど、

普通においしい。

ほうじ茶の風味がね、

なんか…あるような、ないような…でも、あるような…って感じだったのよね。

花粉症ピークで私の鼻が悪かったのか、、、

 

写真奥に写っている抹茶ロールケーキが、

この店イチオシの「堂島お抹茶ロール」。

あの堂島ロールの、このタイプはここでしか食べられないらしい。

 

一口もらったけど、ああ、なるほど堂島ロールね~って思うクリームのフワフワ感でしたわ。

 

お茶とセットで頼むと、お茶っ葉とポットが出てきて、自分で淹れて飲むのだけど、

ポットのお湯の量がカップ2杯分あるので、ゆっくり過ごせる。

のんびり休憩したい時には、いいお店かも。






2014年4月23日 (水)

香りの記憶

昨日、友人と休憩に入った店で

甘いものを食べつつ、おしゃべりをしていたら、

隣りのテーブルに女性が座った。

彼女がやって来た瞬間、ふわりといい香りがこちらまで漂ってきた。

知っている香りだった。

知っているのだが、何だったのか思い出せないまま、それは話題にせず友人とあれこれ話した。

 

店を出てから、友人が

 

「後から隣りの席に来た人、ロクシタンのハンドクリームの香りしてたね。」

 

と言ったが、あの香りは違うと思った。

 

「そお?ロクシタンのチェリーブロッサムと違う?」

 

その香りも好きよ。だけど、さっきの香りとは別物だってば。

すごく懐かしい・・・ずっと前に好きだった香り。

確か、持ってたのよ、私も。二十代の頃に。

う~~~ん、、、何だったかなぁ~~~~

 

すっごくモヤモヤしていたが、

やっと思い出せた!!

 

資生堂の沙棗だ。

発売当初、沙棗は「ばら園」 と同じく、化粧水やボディー用、バス用いろんな商品がシリーズで揃っていた。

今は、どうも香水だけが残っているよう。

 

沙棗の香りは、控え目で自然な花の薫りながら、甘く、ミステリアスでちょっとセクシー。

こんな香りの似合う女性になりたいと、23才の私は発売されたばかりの沙棗の化粧水を購入、

ほのかに香る沙棗を感じながら、仕事に恋に、力の限りがんばっていた。

 

すごく懐かしい。

あの頃、憧れた自分に果たしてなれたかどうか。

沙棗は今でも私に似合うかな?

 

 

あと、もうひとつ、私の好きな香り。

ゲランのシャマード

これも、香りを嗅ぐだけで魅力的な女になれる気がするのよね。

 

でも、長い間、香水は鏡台の引き出しの奥にしまったまま全く使っていなかった。

昨日の女性みたいに、上手に使えばフレグランスも素敵だと再確認。

2014年4月22日 (火)

大阪市民になって20年

学生の時に、大阪市職員の採用試験を受けた。

公務員を目指していたというわけでもない。

無理を言って進学させてもらった両親に

安心してもらえる就職をしたかったのと、

もう一つの動機はーーー

当時、建てられたばかりの大阪市役所がとても立派で

あそこで働きたい!と憧れたからだ。

 

  

二十歳そこそこの私が、いかにお馬鹿さんだったかが知れる。

市職員になったとしても、大抵は区役所などに配属され、

淀屋橋の大阪市役所に勤務になる可能性は低いのに。

 

そんなことも知らずに試験を受けたが

一般常識と適性問題が出る一次試験はなぜか通過、二次へと進んだ。

二次試験は小論文と面接だった。

憧れの大阪市役所の何階かが会場だった。

今、思うと、どうしてあんなに手ぶら状態で試験会場に向かえたのか不思議なくらい不勉強なまま行ってしまった。

小論文のテーマは「21世紀計画について」。

・・・今から30年近く前の話だから、ね。

当時、「世界都市・大阪」としての都市政策を大阪市は前面に出して

大阪駅前ビルを次々に建設したりしていた。

それは知っていたのだけど、小論文を書けるだけの知識を持っていなかった!

そのくらいはせめて調べて行きなさい、と今の私なら思うのだが。

 

当然のことながら二次試験は落ち、私は民間企業に就職した。

ところが、就職してすぐに職場に幻滅し転職を考えた。

・・・これも新入社員にはよくあることだ。

うちの長女も毎日のように「もう辞めたい!」と愚痴っている。

 

しかし、無計画に退職して無職になるつもりはもちろんない。

目指すは円満退職。

公務員に採用されたなら、退職を両親も認めるだろうと考え、

もう一度、公務員試験を受けてみた。

すると、これまた一次試験は受かる。倍率高いはずなのに。

 

二年目の二次試験、小論文のお題は「挫折」だった。

意外なテーマに唸った。

「挫折」と言えるだけの大きな体験を自分はしていなかった。

多少、盛って書いてもいいのだが、

盛るにしても、基礎になる挫折体験を引っ張り出してくることができない。

 

「挫折」という言葉には、

目指していたことがあるのに、途中で諦めざるを得なくなり、実際に諦めて、

悔いが残っているーーーそういうイメージが私にあった。

 

私はねぇ…

あ、これはダメだな、と思うと、割とすんなり方向転換してしまえる性質なのだ。

だから、挫折と感じないし、後悔も少ない。

 

それならば、それで書いてもよかったんだけど、

悩みながら時間内になんとか書いたので、軸がブレブレの内容になったのだろう、

やはり二次で落ちた。

 

一次試験のあった6月は「この職場、イヤ!辞めたい!!」のピークだったが、

二次は8月くらいで、その時にはもう現・主人との職場恋愛にうつつを抜かしていたので、正直、気合が入ってなかったという、やっぱり馬鹿な事情もあるのだが。

 

そんなこんなで私は就職した会社で仕事を続け、

色々あったが、やりがいのある充実した日々を送れた。

だから、公務員試験に落ちたことを「挫折」とは、サラサラ思っていないのだが、

それでも、中之島の大きな大阪市役所の建物を見るたびに試験のことを必ず思い出す。

 

そんな私が今、不思議な縁で大阪市に関わるお仕事をさせてもらっていて

市からお給料をもらっているのだから、人生はわからない。

ボランティア半分のお仕事なのだけどね。

 

先日はついに、大阪市役所の会議室で行われる会合に出席、

これも時給が発生するので「お仕事」。

そう!ついに!

あの大阪市役所で「お仕事」をすることになったのだ。

 

そりゃあ、市職員になって勤務するのとは違う。

だけど、一応、形は違うけど、一応!そういうことでしょ?

違う形で、昔の幻が現実になる。

そんな不思議な気分を味わいながら、あの真四角の大きな建物の正面玄関の扉をくぐった。

 

そして、この際ついでに職員食堂のランチも食べてきた!

安いんだけど、味はそこそこで割安感はいまいち。

 

昔、憧れた建ったばかりのピカピカの大阪市役所は

30年の時を経て、それなりに古くなっていた。

節電のせいか、廊下も暗くてね。

「ここで働きたい!」と思わなかったな。

幻滅ではないけれど、「憧れ」は消えて

30年来の妙な呪縛から解き放たれるのを感じた。

 

個人的には、それでいいのだけど、

大阪市民としては、それじゃダメだとも思う。

大阪市のために働きたいと若者の心をひきつける輝きある街であってほしい。

 

都構想がなぁ…

正直、

「早く、都になってほしい!待ち遠しい!」

なんて意見は私の周りで聞いたことがないのだ。

「絶対反対!」って意見はたまに聞くが、多数というわけでもない。

大多数の人は、「なんかよくわからん。」と思っているのだ。

メリット・デメリットが具体的に掴めず、「なるほど!それならば都がいい」と思うに至っていない。判断できない。

だから、先の出直し市長選挙にも冷め切っていたのだ。

現時点で、この選挙に当選したからと言って都構想に市民が賛成と認めてもらっても困る、と。

「わからないなら、知ろうとしてくれ」と市長は主張するけど、

全体を動かすなら、もっと徹底して市民に広く納得させるだけのメリットを感じさせる広報活動をすべきだ。

してるんだろうけど…

現状、「大阪都になってほしい」と切望している人に直に会ったことはないし、

周りでそんな話も聞かない。

私自身も、大阪都になったビジョンが全く浮かばない。

 

ただ、今、府や市が抱えている借金を減らさなければならないというのは事実だし

そのためには改革が必要だと、そこまでは市長の意見に同意できるのだ。

リーダーシップのある市長に期待している人は多いはず。

 

支持政党の特にない一市民からの視点の意見。



続きを読む »

2014年4月13日 (日)

四天王寺さんへお参り

友人と天王寺へ出かけた目的は、四天王寺詣で。

Dsc05115

593年に、かの聖徳太子が建立した四天王寺。
天王寺駅から近く、観光にはもってこいです。
ハルカスとツーショットで拝めるのも妙。
外国人観光客も多かった。

Dsc05102

Dsc05107


五重塔は、昭和5年の室戸台風で倒壊。
その後、昭和15年にやっと再建したものの、
昭和20年の大阪大空襲で、伽藍と共に焼失してしまったのです。

空襲の夜、
炎に包まれた五重塔を見上げた大阪の人たちは胸がつぶれる思いだったでしょう…。

それでも、またこうして再興、飛鳥時代の建築様式を現代に復元されているのは、
四天王寺さんが大阪の人たちから広く信仰されているから。

お彼岸やお盆の時期は、ものすごい人出でいっぱいなんですよ!

Dsc05105

真四角の伽藍。
飛鳥時代に、こんなに正確に測量して造ることができたなんて、すごいね。

ちなみに、ハルカスの上から見る四天王寺は、こんな感じ。
やっぱり、きれいな四角!

Dsc05130

天王寺ツアーとしては、
「料亭まつむら」でランチ~四天王寺~ハルカスがオススメかも。

すると、ハルカスで上手い具合に、大阪湾に夕陽が沈むロマンティックシチュエーションになるかもですよっ!

Dsc05110

2014年4月11日 (金)

料亭まつむら【大阪・天王寺】

日本一高いビル「あべのハルカス」が全館オープン、
JR天王寺駅ビルもMIOプラザ館としてリニューアル
イメージ一新!おしゃれ度を増して賑わう天王寺界隈。

しかし、そこからほんのわずか離れた場所、
JR天王寺駅、北口から2~3分程度歩いた路地の奥に建つ
料亭まつむら
小旅行へ出かけたような気分が味わえる大人の空間。

門構えがすごくて、
京都に湯豆腐でも食べに来たよう。
入っていいのかな…と少し気後れするけど、
もう私達もオトナなんだからねっっ…と友人と門をくぐった。

古いけれど、家屋の造り、お庭の見事さ・・・これは本物だわ・・・と思ったら、
大正時代に建てられた財閥住友家の別邸だった。
さすが・・・・・・

Dsc05098

枝垂れ桜がもう少しで咲きそうで惜しかったのだけど、
お池には鯉もいて、眺めているだけで豊かな気持ちになれるお庭。

住友の本邸は現在、大阪市立美術館のある場所で、
美術館建築を条件に、広大な日本庭園(慶沢園)も含めて、大正時代に大阪市に寄贈したとのこと。
う~~~ん、すごいよねぇ・・・・!

Dsc05127_2


ハルカスから見たら、こんな感じ。
中央にある天王寺公園の真ん中に建っているのが大阪市立美術館
その右側、池のある一帯が慶沢園。
とっても広いのが、わかるかと思います。

画像の右側の矢印あたりに、料亭まつむらがあります。

Dsc05097

お昼の「ひょうたん弁当」は1700円。
あっさりと食べやすい上品なお味で、お庭を眺めながら
ゆったり、ほっこり食事を楽しめます。
この贅沢を天王寺の街で味わえるとは!

街の喧騒、雑踏と無縁の静かなひと時を過ごせますよ。

2014年4月10日 (木)

サザン新曲「パリの痴話喧嘩」

サザンオールスターズ新曲「パリの痴話喧嘩」が
「サッポロ プレミアムアルコールフリー」新CM曲に。
(↑のサッポロ サイトでCMが見れます。)

昨年に続いて、桑田さんがCMに出演。
すっごく幸せそ~~~なお顔で、お花畑に寝そべる桑田さんの壁紙画像も配布中。


フランス語っぽいけど、スペシャルムービーの方でよく聴くと
なるほど、日本語で歌ってるわね。

んで、この曲は・・・・・・カップリングですよね?
CDになるのは、どれなのよ!?
派手目の曲、隠してるでしょ!?
それもCMタイアップで、順番に出してくるのかな~~~~??

んで、んで・・・・
夏にライブ…やっちゃうの?ねぇ?やっちゃうんでしょっっ!?
早く言ってよぉぉぉぉ・・・っっっ!!!!

・・・な気分でいっぱいになる「パリの痴話喧嘩」。


で、
で、
もう一個、私が言いたいのはーーーー

お花畑で、両手を広げて微笑み、寝そべる桑田さんの、あの画像・・・
あの無防備さっ!!

脱力したように見せて、次の瞬間、何をするかわからないあの「手」のセクシーさ!!!

白シャツの袖をまくった腕の長いこと!

このCMの制作者…わかってらっしゃるわねっっ
そうなのよ!これなのよ!!!
桑田さんの「手」フェチの気持ちを、ガーーッ!!!と引き寄せる画像です。
思わず、即ダウンロードしましたっ♪きゃっ!


2014年4月 9日 (水)

地上300m!あべのハルカス上ってきたよ

Dsc05050

日本一高いビル「あべのハルカス」

オープンから一ヶ月、当日券でも上れるようになったので行ってきました。

当日券は2階に売り場があって、平日でも長い列ができていたけど
そんなに待たずに買えます。

まず1階から16階まで上って、
エレベーターを乗り換えて、16階から60階まで一気に上昇。

16~60階上る所要時間は、45秒!
はや~~~い!!

正直、16階からの景色も
「おお~!高いなぁ~~」って気分なの。
しかし!
60階、地上300mからの眺めってのはーーー
やっぱ、すごかったですわ!

Dsc05128

大阪の街、一望!
大阪湾、そして神戸、六甲の山影まで見渡せます。
(画像をクリックすると大きい画像で見れます。)

そして、こっちは南側の展望。

Dsc05121

左上の白く丸いのが長居競技場(ヤンマースタジアム)。
来月、ここでポールの野外コンサートがあるんです!
チケットなんとか取れました~~~~☆

そして、この写真の中に、私の家も写っているわけです。
もちろん、目を凝らしたって見えません。
でも、拡大して写した写真を、さらに拡大したら…たぶん、写ってるはず。
だって、うちの家から見えるんだもん、ハルカス。

いつも眺めているハルカスから、眺め返す不思議な気分。

Dsc05125

一部、床がガラス張りになっている所があるんですよ~~~
やっぱ、最初はちょっと怖いです。

Dsc05135

58階は吹き抜けの天空庭園になっていて、ゆっくり眺められます。
カフェもあるんだけど、ものすごく混んでて並んでたわ~~

本当に、お空を散歩する気分が味わえます。
気持ちいいものですよ~~
小さい悩みやストレスが、ほんとに小さく思えますもの。


2014年4月 3日 (木)

「あまちゃん展」行ってきたよ【大阪・梅田LOFT】

大阪・梅田LOFTで開催中の(4/6まで)
「ありがとう!おら、いつまでたっても”あまちゃん”が大好きだ!」展に行ってきた♪

Dsc05096_2

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」は
宮藤官九郎の巧みな脚本に、毎日驚かされ、
ヒロイン・アキ役の能年玲奈ちゃんのひたむきなかわいらしさに心奪われ、
個性的で生き生きしたキャストが繰り広げる世界に、見ている自分もその中へ入り込んで楽しめるような
本当に毎朝が楽しみで仕方ない面白いドラマだった。

NHKの朝ドラは一回15分だけど、毎日(日曜を除く)半年間続くドラマなので
一回一回が非常に濃密で、丁寧に描かれ、とても見応えがある。

Twitterで朝ドラの感想を皆が口々に言っているのを見るのも面白い。
共感する意見も多いし、
そういう見方もあるか!と気づかされる時もあるし、
皆でわいわい楽しんでる気分になれて面白さが倍増する。

感想にイラストを添えている方も時々いて、
その絵が、これまたものすごく上手で、
ドラマを見ていた者にはググッとわかるツボがおさえられていて
すごいな~~と思っていた。

プロの漫画家の方も多く、
こんな素敵なイラストを毎日のように見れるなんて!と感激していた。
娘たちに「ほら、これこれ!」と見せると、「もう見た」と言われることも。

とにかく、朝8時の放送が終わって、午前中にはもうイラストがTwitterに上がっていたりするので
「あまちゃん」を見終わって高ぶった気持ちをぶつけて描かれているのが絵にも出ているのが、めっちゃ伝わってくるのだ。

そういうイラストの数々、約500点を展示したのが、この「あまちゃん展」。

1_1

一枚一枚が、とっても濃密なので
見て回るのに時間がかかる!

絵から噴出される情熱の熱量が…すごい!
ここまでのエネルギーを皆に与えた「あまちゃん」のすごさを再認識。

2_1

「スナック梨明日」のカウンターに座れるなんて…!ね♪


3

松田龍平の演じた「水口」はなんとも魅力的なキャラで
すっとぼけてみたり、
かと思えば、突然熱かったり、
妙にセクシーだったりと、
テレビの前の女性のハートをガンガン撃ち抜きーーーー

募らせたファンの想いが、ここに結実っっっ

Dsc05093

愛を表現する方法って、いくらでもあるのよね。
たくさんの人の、たくさんの愛が溢れて溢れて
もう蛇口壊れてます!!ってくらいダタ漏れなスペース。

眼福ユウコさんの美しい水彩画を見れたのも嬉しかった。
江口寿史さんのイラストは、やはり「絵がものを言う」雰囲気たっぷり!
シンプルな線で描かれた絵なんだけど、「生きている」の。
さすがだな~~って思った。

でも江口さんの絵が特別に飾られているのでもなく、プロアマ混合、
「あまちゃん」を愛する人たちの絵が一堂に、どどーーん!と並んでいる、それがよかった。

「あまちゃん展」、大阪LOFTのみでの開催らしいんだけど
他の地域でもすればいいのにな、って思うわ。

ギャラリーカフェ Takeno 【奈良】

興福寺から奈良公園を歩いて東大寺の辺りまで散策し、
また、奈良まちへ帰って来た。
そろそろ休憩したいな~とお店を探していると
なんだか、とってもお洒落なカフェを発見!

2_2

ギャラリーカフェ Takeno

広い店内で、ゆったりくつろげる。
ケーキも手作りで、おいしかった~
ほんとはキッシュも、すっごくおいしそうで食べてみたかったのよね~~~

ケーキセットが750円。安いと思ったわ。
シフォンケーキも、ふわふわ~~

1

クリームにクマとシカの、かわいいイラストが!!
かわいい~~♪
鹿ってのが、やっぱ奈良ならでは!

ちなみにトイレも、すっごく広くて、かわいかった。
どんなふうにかわいいかは・・・行ってみてのお楽しみ☆

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart