« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月27日 (金)

お坊さんはエンターテイナー

ベランダで洗濯物を干していると、

どこの家からだか、読経が聞こえてきた。

うちの近所は法事をきちんとやっているお宅が多いようで

定期的に、このような機会がある。

 

今日のお坊さんは、よく通るいい声だ。

 

「な~~むあみ~~だ~~~ぶつ」

 

言っていることはそこしか、ほとんどわからないが、

抑揚とテンポが良く、

故人を想い仏壇の前に座る家族の気持ちに寄り添うようなグルーブが

ベランダで洗濯物を干している私にも感じられた。

 

お葬式や法事って、大事な人を失った悲しみと向き合うために必要なものなのね。

その人が、どれだけ大切な人だったか、

いろんな想い出が心に残っているか、

長いお経を聴きながら、いろんな想いを巡らせて、心を鎮める。

そういう、喪の時間が人には必要なのだわ・・・。

 

速くなっていた読経のテンポが、やがてゆっくりとなり、

途切れ途切れに木魚がポクポクと鳴ってーーーエンディングを迎えた。

 

その次の瞬間、

 

「はーい!どう~~も、おー疲れっしたぁ~!」

 

情感たっぷりの読経から一転、

芸人か!?とツッコミたくなるような軽く明るいお坊さんの声が・・・!

 

切り替え、はやっ!

ありがたみが置いてきぼり!

吹き出しそうになって、慌ててベランダから長女の部屋へ駆け込んで笑って報告しましたわ。

 

いやぁ~~

エンターテイナーなお坊さんだったわ~

 

しかし、まぁ・・

喪の時間と日常を切り替えるのも大切なことなのかもね。と少しフォロー。

2014年6月25日 (水)

サザン2014来た♪来た♪

サザンオールスターズ2014 進撃のキックオフトレーラー
YouTube: サザンオールスターズ2014 進撃のキックオフトレーラー

6月25日はサザン、デビューの日。

今年で36年なんて・・・ねぇ?すっごく長いんで改めてビックリしちゃうわ。

FMラジオから流れてくる「勝手にシンドバッド」に

「すごい・・・!」と感銘を受けて

ワクワクしながら見た「夜のヒットスタジオ」にランニング+半パンの衣装でメンバーが出て来たのに驚き、

「ザ・ベストテン」のライブ中継のやんちゃな雰囲気に、大学生って怖い~~と、たじろいだのが、もうそんなに前のことなんて、ね。

 

しかし、この「サザン2014」動画のメンバーの表情は

昔ながらの「サザン」の顔で、なんだかとっても嬉しい。

柔らかい、いい表情!若いなぁ~~

 

新曲「天国オン・ザ・ビーチ」も、ご陽気で楽しい。

肩の力、抜けててさ。

 

ご病気から復帰後、

桑田さんは大胆になったと思うの。

割り切れるようになった、というか。

この曲のように、力を抜いて見せるところは抜いて見せて。

 

でも、本当はめっちゃ真面目に

真摯にアルバム作りに取り組んでるよね。

ラジオ「やさしい夜遊び」でも話してらしたけど

35周年復活ライブを大々的にやって、それでこの次に何をするのかーーって

すっごく難しい、って。

そうだろうなぁ・・って思った。

35周年復活ライブは、新曲もあったけれど、今までの総集編みたいな、ね

誰もが広く楽しめる構成で、大成功を収めた。

ということは、次は同じ手はしばらく使えないわけで

何らかの、新しいサザン、今のサザンを提示しないといけない。

 

それが何なのか、

果たして、提示したものが皆に受け入れられるのか、

その厳しい立場に立っていると桑田さんが話してらっしゃって

・・さすがだなぁ、と思ったの。

 

こういうことを強く意識し、

何度でも脱皮し、新しいサザンを見せることで

これまでずっと、36年の長きにわたってサザンは第一線で走り続け

広い年齢層からの支持を獲得している。

 

さて、今年の活動情報が発表されたわけだけど、

詳細はまだまだ不明。

とりあえず、年越しライブ決定の報に、「よっしゃあ!」って感じね。

 

「年越しライブ開催」って書いてるけど、

ツアーじゃないの?大阪でもするよね?するでしょ!?

その辺の詳細も早くほしいものです。

いや、それにしても

「進撃の・・・」って、流行りに乗っかるねぇ~~~・・・

2014年6月17日 (火)

銀のぶどう「シュガーファース」

Dsc05208

 

デパ地下でいつも行列ができている銀のぶどう

そんなに人気が高いってことは、やっぱおいしいのかなぁ~

食べてみたいな~と思っていたら・・・

わーい!

頂き物でもらえちゃった♪

銀のぶどうの「シュガーファース」

 

サクサク食べやすく、ミルキーなクリーム

なるほど、これはおいしい!

万人に受ける間違いない味だし、

手土産に大事な荷物にならない「軽さ」

価格帯もちょうどいい。

これは人気が出るはずだわ~と納得。

今度、何か手土産が必要な時、私もこれを用意しようかしら~♪

2014年6月16日 (月)

LOUNGE PLUS(ラウンジプラス) 【大阪あべのハルカス19階】

大阪・天王寺に開業した地上300m

日本一高いビル、あべのハルカス

天王寺の街は賑わって、ゆっくりお茶を飲む店を探すのにも一苦労する。

 

そんな中、穴場的スポットとしてオススメなのが

ハルカス19階の

大阪マリオット都ホテルLOUNGE PLUS(ラウンジプラス) 

 

ホテルフロントへ直通の広いエレベーターがあるので

移動が快適で楽!

そして、エレベーターが開いた瞬間、地上100mの絶景が臨める感動。

解放感溢れるラグジュアリーな造り。

天王寺でこれほど「ラグジュアリー」という言葉がぴったりな場所って、たぶんないです。

いや、言いきってもいい。ないです。

 

Dsc05200

 

建物そのものがオープンしたてなので、とにかく全てが新しく綺麗!

こんな快適な空間で寛ぎながら頂くケーキセットが1399円。(税サ込)

これは、安いと言ってもいい値段だと思う。

お値打ち!

 

Dsc05203

さくらんぼのタルト。

カスタードクリームも上品で美味しい~~

ただ、ボロボロ崩れて、ちょっと食べにくい~~

デートだと焦るかも!

 

コーヒーはお代わりできるし、

紅茶もポットでサービスされるので2~3杯分飲める。

時間が許す限り、のんびりと

大阪の空模様の移り変わりを眺めながら、過ごせる。

日頃のちっぽけなことなど、雄大な景色を眺めていると霧散して

気持ちが穏やかになってーーー

ほ~~んと長時間、友達と居座っちゃったわ~~♪

 

友達もこのラウンジを気に入っちゃって、

ここに来るために天王寺へ来てもいい、とまで言ってた。

 

もちろん、そうしょっちゅう行ける場所でもないけれど

たまにゆっくりするなら、かなりの効用あり!ですわよ~

 

※追記

友人が、ここのラウンジをかなり気に入ったようで

またまた行ってきました。

今回は窓際の席に案内してもらえました♪

3_2

苺のショートケーキ、しっとりまろやか~

紅茶もお代わり可で、三時間もゆっくりしてしまったわ…

三時間、まったりのんびり、座り心地のいいソファーで寛いで

大阪の街の景色を眺めながら、美味しいケーキと紅茶を頂くーー

これで1400円なら、また来たい!と友人が改めて言っていたので

またそのうち行くと思います♪

2014年6月12日 (木)

The Royal Concept 「On Our Way」

The Royal Concept - On Our Way
YouTube: The Royal Concept - On Our Way

 

最近、好きな曲

The Royal Concept の「On Our Way」

 

FMラジオを聴いていたら、短時間に2回も流れて来たので気になった。

こういう勢いのある曲って好きだわ。

 

爆発力、瞬発力ある曲調と同じく

歌詞も、若い刹那な感覚に溢れていて面白い。

 

単調に見せて、

終盤、切なくさせて、そこからの追いかけてくるような盛り上がりがいいじゃないですか。

ライブだと盛り上がるんだろうなぁ~

ジャンプしまくるんだろうねぇ。

 

この駆けていくようなメロディー

私には、遊び歌のように聞こえるの。

昔、道端で、女の子同士集まって

竹か何かの棒を2本、2人で両側を持って

歌に合わせて開いたり閉じたりしながら

順にステップ踏んでいく遊び。

あれ、何て言うんだっけなぁ~

竹に挟まれたらアウトなのよね。

私なんかは下手だったんだけど、上手な子もいてね。

一曲フルでステップ踏めて、すごいな~って思って見てた。

この曲を聴くと、小学生低学年だった頃のその感覚が、なぜか思い出されるのよねぇ…

2014年6月11日 (水)

突っ切っていこう

30

 

こんなふうに突っ切っていきたいな

横やりが入っても、ただまっすぐに

 

そろそろわがままになっても許される年になったのかもしれない

自分がほんとに好きなもの、欲しいもの

遠慮せずに手を伸ばしていいのかも

 

私はもう少し公園でこの空を見ていたい

あなたは先に帰っていいわ

二人で同じ空を眺めるのが私の理想だけど

お互いわがままになっても、たまにはいいのかも

 

それにしても、どうしてこの空の値打ち

あなたは否定するんだろうなぁ

 

2014年6月 9日 (月)

男女は平等か?

少し前、春頃に放映されていたCM2本について。

 

一つ目、マンナンライフ

マンナンライフ (トクホ)蒟蒻畑ララクラッシュ 口論篇
YouTube: マンナンライフ (トクホ)蒟蒻畑ララクラッシュ 口論篇

 

温厚そうなお父さんが子供たちの口げんかを仲裁しようとして

逆に「お父さんは黙ってて!」とキツク言い返され、委縮してしまう。

 

二つ目、アマノフーズ

アマノフーズ いつものおみそ汁
YouTube: アマノフーズ いつものおみそ汁

「おじいちゃん、ないの~」と家族から言われてしまう。

その後で、ちゃんとおじいちゃんもお味噌汁を飲んでるんだけどね。

 

お父さん、おじいちゃんーーつまり、男性の家庭内での立場の弱さを際立たせて

それを笑いにしようとしている。

これは、面白いんだろうか?

 

「強い女性」をアピールするCMもあるが、

これは、男性の弱さを自虐的にアピールしている。

 

「本来強い立場で、敬われるべきお父さんやおじいちゃん」が

そうではない扱いをされている、それに笑いを見出しているので

きっと、CM制作側は「お父さん、おじいちゃんは家族から敬われるべき」という倫理観を持っているのだと思う。

 

しかし、CMというのは日に何度も繰り返し、子供から大人まで大勢の人が目にするもの。

繰り返し見るうちに、なじんでしまう。慣れてしまう。

そうして、いつの間にか

「お父さんやおじいちゃんを邪険に扱ってもいい。許される。」という思考を多くの人に普及してしまうことにもなる。

 

そういう意図はなく制作されているのだと思う。思いたい。

しかし、これでいいのか?と思わずにいられない。

 

これがね、逆に

「お母さんは黙ってて!」とか

「おばあちゃん、ないの~」とかだったら、どうだろう?

そういうCMを作っただろうか?

 

反発を呼び、問題になりかねないので、制作にOKは出ないと思う。

しかし、逆ならOKになった。

 

つまり、男女平等のバランスがまっすぐではないのだ。

真に平等なのは、

男女がお互いに相手の特性を理解し、認め合い、尊重し合える関係。

 

女性なら守られる(問題になるとやっかいだから、だとしても)

というのは、実際のところ、男女平等ではない。

「男の人を立ててこそ、女の賢さ」と言われたものだが、それは古いんだろうか?

しかしね、

男の人のメンツだとか、プライドは大事にしてあげなくちゃいけないと思うのよ。

カッコイイ男でいてほしいなら、ね。

 

恐妻が夫を罵倒するバラエティー番組も時々あるけれど、

あれも見ていて痛々しい。

 

「ほんと、アンタってダメねッ!」と言い捨てる妻は

「ほんと、お前はブサイクだな!」と夫に罵倒されたら、どうなんだろう?

 

女性の容貌をけなしたりしたら、そりゃあもうタイヘンなことになる。

それは許せない、というなら自分も口を慎まなくては、ね。

 

「きれい」と言われて、女は美しくなるし

「素敵!」と言われて、男の人もカッコよくなるんだと思うのよ。

2014年6月 4日 (水)

レース編みのカーディガンに挑戦

なんとなく、本格的な編み物に挑戦したくなって

レース編みのカーディガンを編み始めてみました。

29

・・・・いきなり後悔しかけていますっっ、、、

思った以上に大変~~

遅々として進まない~~~

 

早くも、今年の夏までに仕上げられる気がしません。。。

 

材料費は5000円足らず。

無駄にはできないので、がんばるよ~~~

 

赤いラピート

27_3

ガンダムとコラボした南海電鉄

「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」が期間限定運行中。

 

特急ラピートは、なんば駅~関西国際空港を往復していて、

通常は、濃紺の車体。(明るめの、なす紺)

この通常のラピートさえ、次女の高校の同級生の地元では

「ラピートを見るとラッキーなことが起こる」と都市伝説が囁かれているくらいカッコイイのだ。

 

この噂には、南海電車で通勤している主人、

「えーっ?ほんとに?」と一笑したけれど、

期間限定のこの赤いラピートに遭遇すると、さすがにテンションが上がるみたい。

全然、ガンダムファンでも、鉄道オタクでもないんだけどね。

 

日に数本しか走らない赤いラピート。

発車・到着時刻のなんば駅には、たくさんの人がカメラを構えて待機しているらしい。

私も時々、南海電車に乗るんだけど、なかなか遭遇しないのよね。

今月末までの期間限定だから、それまでに一度は見たいなぁ~ 赤いラピート!

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart