« レース編みのカーディガンに挑戦 | メイン | 突っ切っていこう »

2014年6月 9日 (月)

男女は平等か?

少し前、春頃に放映されていたCM2本について。

 

一つ目、マンナンライフ

マンナンライフ (トクホ)蒟蒻畑ララクラッシュ 口論篇
YouTube: マンナンライフ (トクホ)蒟蒻畑ララクラッシュ 口論篇

 

温厚そうなお父さんが子供たちの口げんかを仲裁しようとして

逆に「お父さんは黙ってて!」とキツク言い返され、委縮してしまう。

 

二つ目、アマノフーズ

アマノフーズ いつものおみそ汁
YouTube: アマノフーズ いつものおみそ汁

「おじいちゃん、ないの~」と家族から言われてしまう。

その後で、ちゃんとおじいちゃんもお味噌汁を飲んでるんだけどね。

 

お父さん、おじいちゃんーーつまり、男性の家庭内での立場の弱さを際立たせて

それを笑いにしようとしている。

これは、面白いんだろうか?

 

「強い女性」をアピールするCMもあるが、

これは、男性の弱さを自虐的にアピールしている。

 

「本来強い立場で、敬われるべきお父さんやおじいちゃん」が

そうではない扱いをされている、それに笑いを見出しているので

きっと、CM制作側は「お父さん、おじいちゃんは家族から敬われるべき」という倫理観を持っているのだと思う。

 

しかし、CMというのは日に何度も繰り返し、子供から大人まで大勢の人が目にするもの。

繰り返し見るうちに、なじんでしまう。慣れてしまう。

そうして、いつの間にか

「お父さんやおじいちゃんを邪険に扱ってもいい。許される。」という思考を多くの人に普及してしまうことにもなる。

 

そういう意図はなく制作されているのだと思う。思いたい。

しかし、これでいいのか?と思わずにいられない。

 

これがね、逆に

「お母さんは黙ってて!」とか

「おばあちゃん、ないの~」とかだったら、どうだろう?

そういうCMを作っただろうか?

 

反発を呼び、問題になりかねないので、制作にOKは出ないと思う。

しかし、逆ならOKになった。

 

つまり、男女平等のバランスがまっすぐではないのだ。

真に平等なのは、

男女がお互いに相手の特性を理解し、認め合い、尊重し合える関係。

 

女性なら守られる(問題になるとやっかいだから、だとしても)

というのは、実際のところ、男女平等ではない。

「男の人を立ててこそ、女の賢さ」と言われたものだが、それは古いんだろうか?

しかしね、

男の人のメンツだとか、プライドは大事にしてあげなくちゃいけないと思うのよ。

カッコイイ男でいてほしいなら、ね。

 

恐妻が夫を罵倒するバラエティー番組も時々あるけれど、

あれも見ていて痛々しい。

 

「ほんと、アンタってダメねッ!」と言い捨てる妻は

「ほんと、お前はブサイクだな!」と夫に罵倒されたら、どうなんだろう?

 

女性の容貌をけなしたりしたら、そりゃあもうタイヘンなことになる。

それは許せない、というなら自分も口を慎まなくては、ね。

 

「きれい」と言われて、女は美しくなるし

「素敵!」と言われて、男の人もカッコよくなるんだと思うのよ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/32288825

男女は平等か?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart