« 平泉もち御膳 仙台旅行8 | メイン | あけましておめでとう! »

2015年12月30日 (水)

中尊寺金色堂 仙台旅行9

Img_2487

中尊寺に参りたいと次女が熱く語っていたのは、高3の大学受験の頃。

日本史の先生が良い先生だったようで、歴史のあれこれを臨場感たっぷりに授業してくれたらしい。

特に源頼朝×源義経を巡る奥州藤原氏の悲哀は次女の心に迫ったようで、

何度も「いつか中尊寺へ行く」と宣言していた。

 

一方、私も中学の国語で「奥の細道」の「平泉」や、

「平家物語」をこの秋にちょうど教えていた。

国語便覧や資料集で、予習はバッチリだ!

 

中尊寺は、山になってるので、

いきなりキツイ坂道になる。

フーフー言いながら、上る。

お寺って、大抵、坂道がキツイ。

簡単に入ってこられないようにしているのだと思うけど。

 

しばらく進むと、あちこちに○○堂の祠が出てくる。

それが結構、数が多い。

たぶん、昔、もっとたくさんの参詣者が通っていた時は

このくらい点在していたほうがよかったんだろうなぁ。

Img_2492

旗?がとてもカラフルなのが印象的な弁慶堂。

お堂の中には、弁慶の等身大の木像が…!

 

Dsc05576

中尊寺の本堂はこちら。

最澄、比叡山延暦寺からの「不滅の法灯」がここにも灯り続けているそう。

今年は延暦寺にも行って「不滅の法灯」を見たので感慨ひとしお!

 

Img_2496

これが金色堂の覆い。

この中に金色堂があるんだけど、もちろん撮影禁止。

内部の画像は上↑の公式サイトにあるので、見てみてね。

 

でもね、

写真や映像で見るのと、実際に見るのとでは…

全く違うと感じた。

写真で見ると、どうしても金ピカになっちゃうけど、

実物は、金箔の迫力はあるんだけど、とても上品な輝き。

細かな造りが凝っていて、もう尋常じゃない高級感。

この世の粋を集めた唯一無二の…まさに国宝!

 

 

ちなみに、金色堂を見る前に、隣接する讃衡蔵に立ち寄ることをオススメ。

中尊寺の歴史や宝物について、詳しく知ることができる。

奥州藤原氏の副葬品の展示は、なんだかすごくリアルでちょっと怖いくらい迫力がある。

だって、首桶とかあるんだもん…

 

Img_2498

松尾芭蕉の像と碑。

五月雨の 降残してや 光堂

 

芭蕉が訪れた時も雨。この日も雨。

 

Img_2503

中尊寺の入口には武蔵坊弁慶のお墓がある。

立往生で亡くなった弁慶をここまで運んで埋葬したらしい。

 

平家物語では、弁慶のキャラはかなりデフォルメされているそうだけど、

やっぱり、皆の信望を集めていた人に違いない。

入口のこの場所にお墓があるのは、

死して尚、弁慶に中尊寺を守ってもらうためという説をテレビで見た。

確かにそうかもしれないと思える場所に、どーんと大きなお墓がある。

 

中尊寺には、もう一度行きたい。

特に金色堂は、直に見てこそ。

主人にぜひ見せてあげたいわ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/33696731

中尊寺金色堂 仙台旅行9を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart