« IKEAの布地で簡単バッグ作ってみた | メイン | 圧力鍋、ついに購入! »

2016年1月30日 (土)

映画「素晴らしき哉、人生!」

新午前十時の映画祭で観た「素晴らしき哉、人生!」が、とても良かった。

1946年アメリカ公開の不朽の名作。

もちろんモノクロ作品。

原題は「It's A Wonderful Life」

邦題がねぇ…年代物っぽい風情が出てしまっていて、なんだか古臭い映画のような印象を与えてしまうと思うが、

この映画こそ、若い人に、若いうちに観てほしい。

迷いながら生きる若者に生きる指針を与えてくれる、とても良いテーマの映画。

 

世界一周旅行の大きな夢を持つ主人公。

だが、町を出ようとするたびごとに、どうにもこうにも出ていけない事情ができてしまい、

平凡な人生を送る…

そんな彼がトラブルにより自殺に追い込まれるーーーと、そこへ年老いた天使が現れ…

 

いや、この天使がなんとも人の好さそうなおじいちゃんで、とても天使には見えないのが面白いのよ。

主人公は絶望していて、「生まれて来なければ良かった!」と口走る。

自殺しようとしているくらいなので、自身の存在がとてもちっぽけで、つまらないように感じてしまっているわけだ。

そんな彼に、天使は彼がいない世界を体験させる。

すると、町の様子や人間関係は今とは全く違う。

平凡に生きてきたつもりの彼だが、自分がいたことが、どれほど大きな意味を持ち

多くの他者の人生に影響を与えているかを痛感する。

 

そして素敵なハッピーエンド!

心がじんわり温まって、ほろり泣ける。

私、こういう映画が一番好きだわ。

そんなに多くの本数の映画を見ているわけではないけど、

一番、好きな映画に出会えた。

 

主演のジェームス・スチュワートもいいのよね~~!

美男子過ぎず、普通な感じでカッコイイ。

 

劇中、主人公の弟が撃墜王として勲章をもらい名誉の帰郷をするというエピソードが入るんだけど、

それって、日本の軍艦や零戦、あるいは町を攻撃してやっつけたってことなわけで、

ちょっと微妙な気分に観ていてなる。

しかし、戦争ってのは勝てば官軍。

終戦の翌年にアメリカはこんな名画を製作、上映しているわけで…

負けた日本は食糧難にあえぎながら戦後復興に必死、映画どころではなかったはず。

 

人間、生きていたら一度や二度は大きな壁にぶち当たり、

生きる希望を失ってしまいそうになることがある。

そんな時に、この映画を観ていたら、

人生には何が大切か、何が自分を助けてくれるかを思い出し、

もう一度がんばって踏みとどまる力を持てそうだ。

だからこそ、若い人に見てほしい。

時代がかったタイトルもご愛嬌よ♪

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/33727007

映画「素晴らしき哉、人生!」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart