« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

卒業式の袴用巾着作ってみた

Img_2806

来月はいよいよ次女の大学の卒業式。

袴は学内で着替えられるレンタルを申し込んだが、巾着はせめて作ってみた。

だって、袴のレンタル料、すっごく高いんだもん~~~~~~

 

和柄の布を見つけて…と考えていたのだけど、

先日出かけた奈良の“ならまち”のお店の軒先に

極上の織物を発見!

店主によると、京都の西陣織をしているお知り合いから

見本布がたくさんあると聞き、引き受けたとのこと。

きれいな柄が入った帯用の高級西陣織。

これが一枚1000円ならお買い得!

外国人観光客がタペストリーとしてお土産に買っていくそうだが、

日本人が買い求めるのは珍しかったらしく、用途を尋ねられた。

巾着を作るには、ちょうどいい大きさ。

でも確かにタペストリーとして壁に飾るだけでもいいかも。

Img_2797

金糸たっぷりの豪華さ!

春らしい桜に蝶の柄は女子大学生の卒業式用としてはピッタリだろう。

と思ったが、次女に見せるとあまりの華麗さに

 

「まさかお母さんが、こんな“ゆめかわいい”系を選んでくるとは…。

・・・ギャルっぽい。」

 

いやいや!違うってー!

これは、ほんまものの豪華さだってばー!!

 

とりあえず、裏に接着芯を貼って、

底とサイドの下部に厚地の接着芯を重ね貼りで補強。

西陣織にミシンをかけるなんて、和裁をやっていた母に言ったら怒られそうだなーと思いながらも

ミシンでカタカタ・・・

やっぱり手で縫ったほうが糸が切れたりほつれたりせずいいだろう。

ミシンかけたら、ちょっとほつれちゃった。

 

中央の蝶を入れたくて裁断に苦労したが、上手くできた。

Img_2807

これで来月の卒業式も安心。

でも、袴を着る機会なんて娘たちももうないだろうし、

振袖用にはバッグがあるし…

この巾着もせっかく作ったけど、一回きりの登板になりそう。

普段に持つのも、ちょっと…ねぇ?難しいし。

とりあえず、“ゆめかわいい”成分補給のために眺めておきますわ。

2016年2月26日 (金)

祝☆還暦 桑田さん

サザンの桑田佳祐さんのお誕生日は今日、

2月26日。(♪にぃぃ~がっちゅ!にぃじゅ~ ロック!ニッチ)

 

おめでたいことに60歳の還暦を迎えられた。

そのスペシャルサイトが←こちら。

 

サザンメンバーの還暦祝いサイトはこれまでにも毛ガニさん、関口さんにも作られていて

ゲームアプリの配信があったので、今回もどんなのかな~?と楽しみにしていた。

「KUWATAP」はCDジャケット画像の柄合わせという単純なものだが、

これが意外とわかんなくて、

「え?私、アホ?アホなん??」と焦る。

 

謎のスペシャルムービーも公開されている。


YouTube: 俺と桑田庵 第一夜

 

要するに桑田さんの全作品が配信されているよ!という内容のようだ。

iTunesでは結構長めに試聴できるので、いろいろ聴いてみてほしい。

良い曲が多過ぎて、何が一番というのは難しいが、

私のあえてのオススメは・・・

KUWATA BANDの「BAN BAN BAN」のカップリング曲の

「鰐」

好きなんですよ~!この曲。

もちろん、「BAN BAN BAN」も大好きだけど、

この曲はアルバムにも入っているから、もう持っている人も多いはず。

 

私が中学生の時に、デビューしたサザン。

大学生のお兄さんたちは、とっても大人に見えて、ちょっと怖かった。

背伸びしても届かない世界にいるお兄さんたちが見せてくれる

突き抜けた、最先端のカッコ良さにしびれた。

 

そして今、60歳を迎えても変わらず元気で第一線を走るカッコイイ後姿をサザンは見せてくれる。

こんなにも長く愛せるバンドに出会えたことに感謝。

そして、サザンを通じて素敵なファン仲間と出会えたことに感謝。

 

明日のラジオ「やさしい夜遊び」は生唄三昧だって。聞き逃さないようにしなくっちゃ♪

2016年2月24日 (水)

ハイアット リージェンシー大阪「ザ・カフェ」でホテル・ブッフェ!

Img_2790

ハイアット リージェンシー大阪「ザ・カフェ」でホテル・ランチブッフェの

ペアチケットを頂いたので、家族でいそいそお出かけ♪

普段、なかなか予定が合わない娘たちも、ホテルランチの誘いにはさすがに優先順位を上げて応じてくれる。

 

大阪南港にあるハイアット リージェンシー大阪。

ATCやインテックス大阪へは昔、よく来たけど(そう言えば、最近はほとんど南港へ来ていなかった)

ハイアットに入るのは初めてかも。

正直、車でないと、南港は電車での大阪の街中からのアクセスは悪い。

しかし、USJは目と鼻の先。

大阪駅や関空からの無料シャトルバスや

USJへの直行バスがあるので、利用すべき。

 

「ザ・カフェ」は開放感のある明るい空間。

大きな窓から木々の緑が見え、美しい。ゆったりした気分を味わえる。

驚いたのは女性スタッフが二名とも外国人の方だったこと。

もちろん、日本語も堪能。

外国からの宿泊者が多いホテルなのだろう。

館内の空気も、どことなく洗練された印象がある。

 

お料理の味も良かった。

Img_2789

キッチンには肉や魚、サラダ…どれからお皿に取ろうか迷うほどのお料理が並んでいて

まずは、目で楽しめ、テンションが上がる。

でも、よく見てみると、そんなに品数が多いわけではない。

一通り、全種類取り、特に美味しかったのをもう一度食べられるくらいの、ちょうどいい品数だ。

その一つ一つが丁寧に作られ、

食べてみて「ああ、やはりホテルの味。一味違うなぁ!」と思わせてくれるので満足度が高い。

 

カレーも美味しかった!

爽やかな辛みが、ちょうどいい。

満腹の心配がなければ、カレーだけで一皿ペロリと食べたいところだったけど、

ケーキも食べなきゃいけないしね♪

あと、オリーブの実も美味しかったわ。

とってもフレッシュで、オリーブの美味しさを初めて知ったかも。

 

土日は税サ別で3150円。

税サ込になると3500円を超える。

ん~~、満足度とお値段はやはり比例するわねぇ、、、

今回、ペアチケットがあったので4人分だと半額の支払いになったわけだけど。

 

しかし、平日は女性なら1950円(税サ別)とお得。

大阪駅から無料シャトルバスが出ていることだし、友達とまた来てみてもいいかも…♪

 

 

2016年2月17日 (水)

“ゆめかわいい”薔薇のマカロンケーキ

Img_2739

大阪・帝塚山ポアールの今月のスペシャリテ

マカロン・アラ・フォリー ~完熟苺に薔薇の香り~

 

なんとも乙女チックなピンク色!

大きな赤い苺、そして薔薇の花びら…

女の子の夢を凝縮させたようなマカロンケーキ!

若干やり過ぎ感があるくらいの、振り切った感じがいい。

今はこういうの、「ゆめかわいい」って言うんだって。

確かに、これぞ夢のように可愛いわよね。

 

お味のほうも、さすが老舗ポアール。

めちゃくちゃ美味しい。

マカロンも甘過ぎず、上品。

中に薔薇の香りがほのかにするクリームが入っている。

苺の香りも良く、女子力アップのアロマ効果。

 

マカロンが大きいので、見た目より、食べ応えがある。

そして、マカロン部分が割と硬くフォークで上手く割れないので、きれいに食べづらい。

デートで食べるのは考えもの。

 

画像奥の次女が食べた、ほうじ茶ケーキもおいしかったよ!

こっちの渋い和ケーキが次女で

ゆめかわいいギャルケーキが私って…

まぁ、いいか!取り入れて足していかなきゃ“ゆめかわいい”成分。

2016年2月16日 (火)

奈良町のカフェ「カナカナ」【奈良】

Img_2745

昔ながらの、ほっこりした町並みが残る「ならまち」

素敵なカフェや雑貨店がたくさんある中で、高い人気なのが

カナカナ

 

終日行列ができているらしく、夕方5時前という中途半端な時間に訪れたにもかかわらず、待っている人がいて、

更に、5時以降どんどん人が並び始めるという超人気ぶり!

 

元々の民家の造りをそのまま活かした店づくり。

きれいにリノベーションされているが、レトロ感を上手く残している。

照明も一つ一つ異なるガラスのランプシェードで吊るしており、

その柔らかで温かな灯りが白い壁にシェードの模様を映すのも趣きがある。

 

Img_2742

カナカナごはん。

ランチもディナーも同じメニューで1300円。

ヘルシーなおかず+ごはん(韓国海苔つき)+お味噌汁

+小倉寒天のプチデザート+ドリンク

充実のセット!

 

Img_2744

ドリンクはコーヒー、紅茶以外にハーブティーも選べる。

私はピーチ・パラダイスを選択。

脳内の相変わらずの御目出度さが…隠しきれない。

 

このティーポットも絶妙にレトロな感じのデザインで、なんかいいでしょう?

わかってるなぁ~!って。

このお店の目指すところが、お店の隅々にまでキチンと行き届いていて

一つのオリジナルな世界が出来上がっている。

それがお客にもちゃんと伝わってくるから、こんなにもたくさんの来客があるのだと思うわ。

 

女子力高め。

とっても食べやすく、消化の良いメニューで

胃の負担ゼロ!

量的にも適量でありがたい。

しかし、男性には物足りないかもね。

 

姉妹店のカフェ「ボリクコーヒー」も気になる。

だって、食後のコーヒーも少し飲ませてもらったんだけど、

すごく美味しかったのよ!!いい豆、使ってると思う。

 

大阪から、車なら1時間足らずで気軽に行けちゃう奈良。

センスのいいお店、たくさん…!

また行きたいな。

2016年2月12日 (金)

圧力鍋、ついに購入!

Img_2735 

前々から、ずーっと欲しかったんだけど

なかなか高価なものなので手が出なかった圧力鍋。

こんなに便利で省エネになるなら

もっと早く購入しておけばよかった。

 

アサヒ軽金属は圧力鍋やフライパンで有名な老舗。

蓋付きフライパンは、昔、実家にもあった。

私が小学生の頃だ。

町内の会館でフライパン販売を兼ねたお料理教室が開催され、

母がハンバーグの作り方を教わって帰ってきた。

和食の煮物のレシピがほとんどだった我が家、

“ハンバーグ”が食卓に上ったことは画期的な出来事で、

その時の高揚感は40年を経た今でも覚えている。

 

今でこそ、クックパッドなどで簡単にレシピを探すことができるが、

当時はもちろん、そんなものはなく、

テレビのお料理番組も、録画はできないので自分でメモを取るしかなかった。

料理本やテレビでハンバーグの作り方を見たことはあっても、

母は自分で作れない気がして敬遠していたのだろう。

ところが、お料理教室で作ってみると案外、簡単で

子どもたちに大いに受けたのに気を良くし、

以来、購入した蓋付きフライパンでハンバーグをよく作ってくれた。

 

他にも野菜と肉の蒸し焼きも、作ってくれていたなぁ…

 

アサヒ軽金属のフライパンは、値段はそこそこ張るが

いろんな料理に使える一品。

そこは昔も今も変わっていない。

 

今回、私は福袋の形で3点まとめて購入したので、少し安く買えた。

 

圧力鍋よりも先に気になっていたのは、写真手前の「スペースパン」。

これは、ガステーブルの魚焼きグリル内に入るサイズのキャセロール(深型鍋)。

 

魚焼きグリルって、なかなか便利で、

トーストを焼くのも、目玉焼きも、早い時間でちょうど良くできる。

トースト用のプレートと、目玉焼き用の丸い、小さなフライパンは毎日のように使っていた。

この便利さに慣れると、もうちょっと深型のキャセロールがあればなぁ~と欲が出てくる。

トースト用のプレートは穴が開いていて、お汁が出ると下に垂れちゃうのよね、、、

 

ところがいろいろ探してみたものの、キャセロールは高い!

万超えるんじゃ、ちょっと手が出ない…

そんな時に見つけたのが、このアサヒ軽金属の「スペースパン」。

ちょうど魚焼きグリルに入るサイズで、しっかり深型。

蓋もついていて、コンロで使うこともできる。

しかも値段も他に比べて親切だ。福袋だと、さらにお安い!

 

と言うことで、以前から欲しかった圧力鍋(活力なべ)もこの際GET!

 

大根の煮物も、肉じゃがも、短時間の加熱で、トロットロに出来上がるのでビックリ!

この前、里芋とこんにゃく、牛肉の煮物を作ったけど、美味しかったわぁ~~

 

こんなに煮込むのには、従来なら弱火でトロトロ長時間加熱しなければならない。

それがこんなに早くできるなんて…ガス代も節約になってるんじゃないかな。

豚の角煮とかも作ってみたいなー!

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart