« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

NHK朝ドラ「あさが来た」セット公開、見てきたよ!

いよいよ最終週に突入のNHK連続テレビ小説「あさが来た」

江戸~明治の代を鮮やかに生き抜いた白岡あさのしなやかに強い姿を

丁寧に描く。

様々な価値観の混在する中、押し通すのではなく、時に退いて、

やんわりと、女性のしなやかな強さで、夢を実現させていったあさ。

ドラマの見せ方も小粋で、毎朝、楽しみだ。

役者陣も皆、上手い。

物語そのものも良いが、着物やドレスの美しさも見応えがあった。

 

セット公開に今回も出かけてみた。

平日のお昼にも関わらず、なかなかの盛況ぶりだった。

Img_2904

これは、かなり最近の加野銀行の表玄関。

大きな暖簾のあった時代から、この半年間、変遷をずーっと見てきたという思いがするのも朝ドラの醍醐味。

Img_2883

この赤いドレスはよく着ていたよね。
洋装に変わって、特に印象的。

 

Img_2872

新次郎と言えば、巾着ブンブン!

こんなにバリエーションがあったのね。

お着物も季節に合わせて、男性も女性も、品良く着ていた。

美しい柄が多くて、目にも嬉しいドラマだった。

 

Img_2875

新次郎が幼いあさに贈った算盤、パチパチはん。

最終週にも、この算盤の想い出が描かれ、夫婦の繋がりの深さを感じさせてくれた。

 

小判はこのように封がされているのよね。

「冥途の飛脚」の封印切を習った時、この画像を見ていたら、もっとよくわかっただろうなぁ。

 

Img_2881

そして、このピストルも展示。

なんかリアル~~ ずっしり重そう~~

こんなものを幼女の着物の袖に落としてしまうなんて…

今なら許されざる犯罪ですわよ、、、五代様…

 

Img_2879

そして、五代様と言えば…やっぱり、このペングィンのイラスト!

あさに全く恋愛対象として見てもらえていないにも関わらず、

ものすごーーく助けてくれるし、

よくわからない熱いアプローチをガンガンに繰り広げる五代様!

その、ちょっと妙なところが、ディーン・フジオカさんのキャラにぴったり合っていて

とても魅力的だった。

途中で亡くなられた時は、とても残念だったわ~

北浜の大阪証券取引所前の五代様の銅像、ついついうっとり見てしまうけど

ディーンさんとは似ていない…(当たり前)

 

終わってしまうのが惜しいくらい良い作品だった。

次の朝ドラも、視聴者を毎朝ドキドキ、くぎ付けにしてしまうようなドラマだといいな!

桑田さんサプライズ!女川ゆぽっぽライブ

いやぁ~驚きましたね!

先週末の桑田佳祐のやさしい夜遊び、ラジオをつけた瞬間、

桑田さんの歌声が…!

 

ん!?な、何!?

ライブ?ライブなの?

えっ!?そんな告知あった?見そびれた??

いやいや、TwitterでもFacebookでも誰もそんなこと書いてなかったはず…

 

なんと、それは女川さいがいFMの閉局特別イベントとして

女川温泉ゆぽっぽの畳敷きの休憩室に約50名のみの観客を入れてのアコースティックライブ!

お客さんも桑田さんが来るとは知らされておらず、本当にサプライズ企画だったよう。

 

ファンばかりではないはずなのに、会場の盛り上がりがラジオを通して、しっかり伝わってきた。

小ぢんまりとしたあったかいライブ。

東北の皆さんへ寄せる桑田さんの気持ちも溢れていて…聴いていて、すごく良かった…!

 

知っていたら、早めにアイロンかけ終えて最初からちゃんとラジオ聴いたのにぃぃぃ~~~!!

途中からになっちゃったのが、ほんと残念。

今週の夜遊びラジオでライブの続きが放送されるらしいので、今度は23時までにアイロンかけ終えるわ!

 

レコーディングが続くと、桑田さん、いつも

「ライブがやりたい」って言いだすじゃないですか?

んで、だいたいこの時期にシークレットとか応援団限定とかの小規模ライブがあったりする。

だから、先月の桑田さんの還暦あたりで限定ライブがあるんじゃないか?と思ってたんだけど、ラジオ夜遊びの中での生歌ライブで、

あれれ?やらないのかな?と思っていたところだった。

それどころじゃないくらいレコーディングが大詰めなのかしら?と。

 

こういう形で小ぢんまりライブが決行されちゃうとは…!!

う~~ん!やられたなぁ♪

 

もしかして、桜の咲く春には良い報せもあるかしら!?

期待の高まる春。きっともうすぐ…!(希望的観測

 

2016年3月25日 (金)

イベリコ豚おいしい♪ スペインバル「バルセロナ」【大阪・南森町】

Img_2823

ずーっと飲みたかったバルセロナ

苺のサングリア!やっぱり美味しかった~~~

 

グラスを持つと、苺のフワンとした甘い香りが飲む前から楽しませてくれる。

春めくまろやかな甘さ、期待以上の美味しさだった。

苺の前はメロンのサングリアが期間限定だったそうで、これも飲みたかったのよねぇ、、、

 

お料理も、もちろん絶品!

Img_2824

アボカドを焼いたえびせんに挟んで食べるの。

これがなかなか美味しい。

 

Img_2826

名物のイベリコ豚。

前に一緒に来た友人が

「あのイベリコ豚がもう一度食べたい~!」と、ずーっと言っていたので、

今回はもう、カルビと肩ロース両方、二皿を注文。

どっちも美味しかったわ~

 

Img_2827

はちみつとチーズのピザ。

「あ、これおいしいね~!」と友人たちも驚いていた。

ピザにはちみつ?って思うけど、これが不思議と合うのよね~

 

年に1度、大阪に帰郷する友人を囲む会。

毎回、お店選びに悩むんだけど、次もバルセロナでいいわ。

半個室で話もしやすく、

お料理がどれも美味しくて、

しかも駅近1分のアクセス!

安心予算の価格もありがたい。

 

ただ、食べるのに夢中になり、ほろ酔いも手伝って

話がアレコレ飛んで、結局、何を話したのか、ろくな話をしてなかったような…

まぁ、これは毎回のことなんだけどね♪

2016年3月24日 (木)

ガリガリ君桜もちアイス、美味しい!

Img_2845

スーパーで偶然見つけて、

これはどうなのかな~~?と半信半疑で一本だけ購入。

しかし、これがなかなかの美味で、先日、再びスーパーで今度は3本まとめ買い!

やっぱりかなり売れてるようで、数が減っていた。初回には山のようにあったのに。

 

ガリガリ君桜もちアイス

もち部分が不思議なほど柔らかで、

あんこも小豆の形がきれい。いい餡。

桜風味のアイスも、爽やかな味わいでさっぱりと美味しい。

これが一本100円前後で買えるとは!

(定価は130円のようだけど、スーパーでは85円+税のお買い得価格だった。)

 

元々、私、桜餅が好きなのよね~

だから、そそられたんだけど、期待を裏切らない桜餅感が味わえる。

・・・ただね、

一点、違和感を感じるのはーーー

パッケージの桜餅のイラスト。

これは大阪では桜餅ではないのよ、、、

道明寺と呼ばれるおはぎのようなスタイルが、大阪では桜餅なのよね~~

赤城乳業は関東の会社だもんね。

そこのところは仕方ないか、、、

 

それはともかく、まだスーパーに在庫残ってるかしら。ちょっと心配。

次もまたまとめ買いしなくっちゃ♪

2016年3月23日 (水)

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」


YouTube: 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編2

 

遅まきながら観てきました!

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

今週末でもう上映が終わっちゃうんですよ。

ギリギリのタイミングで、ようやく映画館へ行けました~

だってね、主人が一緒に行ってくれるみたいなことを言ってくれたんですよ。

少なくとも私には、そう聞こえんたんで、混雑がましになった頃を見計らって声をかけたら、

「え?そんなこと言った?」

 

なぜだか、私の周りにはスターウォーズを観に行きたいという人が居らず、

人生二回目の一人映画館。

なんでだろう?

私なんかは、スターウォーズはやっぱり映画館で観たいけどなぁ~!

 

さて、今作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は

エピソード全9部作中の7つ目。

主人公は「レイ」という女の子。

これまでの物語の流れも汲んでいて、登場人物もかぶるが

章が変わるので、新しい気持ちで観ることができる。

 

そして、このレイの章は3部作なので、まだまだ続きはあり、今作は導入部分。

謎を残すレイやカイロ・レンの幼少期の詳細がとても気になる。

 

有名作品のシリーズなので、賛否両論いろいろあると思うが、

私は好きよ!こういう派手な映画。

2000円のチケットを払って、大きなスクリーンで観る価値のある作品だと思うわ。

 

時間の都合で吹き替えでしか観れなかったんだけど、

かえって良かった!

字幕を追う必要がなく、画面の隅々までじっくり楽しむことができた。

なかなか細かい芸を挟んでいるので、字幕だったらたぶんそれに気づかず、十分には楽しめなかったかも。

 

とにかくお金がかかっているし、

よ~く作り込んでいるのが、私なんかが観ていてもわかる。

脚本も上手いし、演出というか見せ方も上手い。

 

よくよく考えたら、ストーリーとしてはベタと言えるんだけど、

アメリカ映画なんだから、正義が勝って、メインキャストはほとんど生還がお約束なのはむしろ安心感。

そこはそれでいいと私は思うのよね。

 

しかし、そのお約束の中で一人荒ぶるカイロ・レン!

お前は一体、何がしたいねん!?とツッコミたくなるほど軸がブレブレ。

ダース・ベイダーの後を継ぐ者として、黒マスクをかぶっているが、

マスクを取ったら、めっちゃ普通の男の子。

すごい面長だけど。

こいつがなんかやたら色々迷って、病んでいて、

同僚のおじさんにも苦笑される状態。

強大で残忍と思いきや、最後にはレイに負けてたし・・・・

でも、レイの潜在的な力に気づいていたのに、その覚醒に手を貸すような感じだったし・・・

とにかく謎。

次作以降、その辺の謎も紐解かれていくんだろう。

 

このカイロ・レンは、ハン・ソロとレイア姫の息子。

ルークの下で修業していたらしいんだけど、どこでどうひねくれてしまったのか…

暗黒面に堕ちてしまったのね~~

 

ハン・ソロのハリソン・フォード、すごくお元気でお茶目で可愛くって。

やっぱり好きだわ~!

飛行機墜落の事故のニュースを聞いた時は、とてもショックで心配だったけど、

元気に動き回る姿が見られて、それだけでとっても嬉しい。

もちろん、お年はお年で、なんかね、ちょっとしたリアクションなんかも

ジジイくさい瞬間があるのよ。

でも、それが逆に可愛くて…!!

 

レイア姫も登場した瞬間は、貫禄の凄さに驚くけど、

時を重ねた今までの時間の存在も物語の中でしっかり感じさせてくれるので

彼女の健在ぶりにジンと感動する。

 

レイも二人の娘なんじゃないの?って最初、思ったんだけど、違うっぽい。

気品漂う顔立ち、受け継ぐフォースの力・・・

彼女の出生の秘密は今後の話の要かも。

 

BB-8というボールを2つくっつけたようなロボット(ドロイド)が、すごく可愛い。

機械音でしか話さないのに、何を言っているかなんとなくわかるし、

首をかしげる仕草に表情さえ感じる。

すごく絶妙に作られているわ~!

 

本来、私はバンバン戦って、人がたくさん死ぬような映画は好きではないのだけど、

スターウォーズは、必要以上に生々しく見せないのがありがたい。

戦場の過酷さはきっちり描いていて、その辺のバランスも上手く取れている。

子どもも含む万人が観る映画だしね。

 

ストーム・トルーパー(敵方の白いヘルメットの兵隊)だったフィンが、

生まれ故郷の村を皆殺しにする作戦に参加する中で、戦えなくなり

一か八か命がけで脱走するのだが、

筋骨隆々の黒人の若者なのに、ものすごく怯えていて、ダラダラ汗を噴き出しているんで

悪の組織「ファースト・オーダー」に対する彼の恐怖が伝わってくる。

ホラー映画は登場人物が怖がって、恐怖に引きつり、金切り声を上げるから、観客は怖い。

それと同じ効果を感じたわ。

そんなフィンも終盤にはすっかりヒーローになっていたね。

 

メインテーマの音楽を映画館の大音響で聴けるのも醍醐味。

劇場上映に間に合って、ほんとによかったわ。

2016年3月22日 (火)

熟成肉の見る夢は

熟成肉が近頃は人気のようで、

カビて色が悪くなった、誰も手を付けなさそうな私を調理したいとあのシェフが言うの。

腕には自信がある。

 

長く閉ざされた庫内で静かに眠っていた私を大きな手が揺り起こす。

すっかり変色した古い服や下着はすべて剥ぎ取られ、

羞恥に戸惑うのをなだめるように、炭火で時間をかけ片面ずつ焼いていくシェフ。

じっくりと温められた肉は、やがて目覚め、

とけだした脂が肌を濡らしていく、てらてらと。

そうなればもうてらいも消え、全身の緊張もほどけてくる。

炭火の赤い炎の舌に舐められ、甘い脂の香りを強く放つ。

待てない気持ちに喉を鳴らすあなたにやわからく微笑みかけましょう。

味見をご所望?シェフ。

ほんの一口のお味見で満足できるかしら。

 

ナイフを入れれば、中は薔薇色のミディアムレア。

溢れる肉汁、他にない芳醇な香り。

柔らかな肉質は、その舌で味わって。

忘れられない一皿をお約束。

もちろん高くつきますわよ。

 

静かな熟成庫の棚の中、

うたた寝の夢見て笑うドライエイジングの時間。

2016年3月 7日 (月)

親が子にできること

10代の半ば、幼い恋のトラブルに遭い、

キャパオーバーな事態に何をどうしたらよいのかわからず

抱えきれない問題を自分の中から切り捨てた。

そうして何とか自分自身を保ち、やり過ごせたつもりでいたが、

“問題”や“出来事”が消えてなくなるわけではなく、

その後、長く心の中に根雪のように固まり解けず、

時折、私をひどく苦しめた。

 

30代になり、日々の生活を穏やかに暮らす中、

いまだに過去の古傷に苦しめられる状態は異常だと気づき、

それまで見ないようにしてきていた“あの時の出来事”を思い出し、客観的に検証し始めた。

それはとても辛い作業で、簡単ではなかったけれど、

数年間をかけ、いろんな人の力を得て実を結び、

自分なりに“出来事”に対しての納得ができ、心の痛みは徐々に薄らいで、今ではもうすっかり人生の中での一つの事件として、私の記憶のライブラリーにきれいに分類された。

 

その、数年間をかけていろんな角度から客観的に検証した中の一つに、

「どうして親は、様子がおかしな自分に気づき、助けてくれなかったのか。」

という親への不満があった。

 

トラブルにより、周囲の人間関係が崩壊し、完全に孤立した。

周囲を遮断し、孤立することで問題回避を成立させていたのだが。

言うまでもなく、それは極度のやせ我慢であって、相当なストレスになった。

食欲は落ち、夜は眠れず、体重が落ちた。

ホルモンバランスが崩れ、生理も止まった。

 

母はもっと私を心配してくれても良かったのではないか?

その時に、手を差し伸べてくれていれば、早めに問題を解決でき、

こんなにも長く苦しむこともなかったのではないか?

 

正直、これは甘えを含む考えだし、今更な話ではあるが、

いろいろ考えた一つとしてあった。

 

公正にジャッジすれば、「体重が落ちた」と言っても

元々が受験太りでそんなに痩せていたわけではないので、適正体重になっただけ。

不眠も、以前から深夜ラジオを聞いていたので、生活リズムの変化に親が気づくのは難しかっただろう。

時折、襲われるどうしようもない絶望感について、母に一言も相談しなかったのは私のほうだ。

 

だから、親に責任を転嫁するのは、それは行き過ぎ。

ただ、自分は娘たちが将来、何らかの問題に直面した時に頼れる存在でありたい、

あらねば。と強く心に誓った。

 

十数年の歳月が流れ、

いよいよ、そういう局面が我が家にもやってきた…!

そして、わかった。

子どもが直面している問題は、自身の力で乗り越えるもの。

親が口出し手出しできるものではない。

 

もちろん、問題の種類や状況にもよるが

子どもが親に助けを求めていないなら、自己解決を見守るしかない。

すごく心配なんだけどね。

 

親ができるのは、そういう危機的状況に陥った時に、踏ん張れる“根”の力を育てておくことなんだろう。

迷い、感情が高ぶった時も、一歩、奥で冷静さを保てるような力。

そして、日々の生活を普段通りに過ごせるような陰のサポートをするしか親にはない。

 

そう気づくと、

あんなに苦しかった時、死にたいと思っても自殺はしなかったのは

親の愛を感じていたからだろうと、改めて思った。

根っこの力、ちゃんともらえてたのだ。

 

何かを悩んでいる様子の娘もようやく少し笑うようになってきた。

乗り越えて得られる力もある。もうひと踏ん張り!

あの時の母も私の様子に気づかなかったわけではなかったろう。

じりじりとしながら黙っていてくれたのだ。

静かに見守るほうも、なかなかつらい。

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart