« 親が子にできること | メイン | 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 »

2016年3月22日 (火)

熟成肉の見る夢は

熟成肉が近頃は人気のようで、

カビて色が悪くなった、誰も手を付けなさそうな私を調理したいとあのシェフが言うの。

腕には自信がある。

 

長く閉ざされた庫内で静かに眠っていた私を大きな手が揺り起こす。

すっかり変色した古い服や下着はすべて剥ぎ取られ、

羞恥に戸惑うのをなだめるように、炭火で時間をかけ片面ずつ焼いていくシェフ。

じっくりと温められた肉は、やがて目覚め、

とけだした脂が肌を濡らしていく、てらてらと。

そうなればもうてらいも消え、全身の緊張もほどけてくる。

炭火の赤い炎の舌に舐められ、甘い脂の香りを強く放つ。

待てない気持ちに喉を鳴らすあなたにやわからく微笑みかけましょう。

味見をご所望?シェフ。

ほんの一口のお味見で満足できるかしら。

 

ナイフを入れれば、中は薔薇色のミディアムレア。

溢れる肉汁、他にない芳醇な香り。

柔らかな肉質は、その舌で味わって。

忘れられない一皿をお約束。

もちろん高くつきますわよ。

 

静かな熟成庫の棚の中、

うたた寝の夢見て笑うドライエイジングの時間。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/33775497

熟成肉の見る夢はを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart