« 熟成肉の見る夢は | メイン | ガリガリ君桜もちアイス、美味しい! »

2016年3月23日 (水)

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」


YouTube: 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編2

 

遅まきながら観てきました!

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

今週末でもう上映が終わっちゃうんですよ。

ギリギリのタイミングで、ようやく映画館へ行けました~

だってね、主人が一緒に行ってくれるみたいなことを言ってくれたんですよ。

少なくとも私には、そう聞こえんたんで、混雑がましになった頃を見計らって声をかけたら、

「え?そんなこと言った?」

 

なぜだか、私の周りにはスターウォーズを観に行きたいという人が居らず、

人生二回目の一人映画館。

なんでだろう?

私なんかは、スターウォーズはやっぱり映画館で観たいけどなぁ~!

 

さて、今作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は

エピソード全9部作中の7つ目。

主人公は「レイ」という女の子。

これまでの物語の流れも汲んでいて、登場人物もかぶるが

章が変わるので、新しい気持ちで観ることができる。

 

そして、このレイの章は3部作なので、まだまだ続きはあり、今作は導入部分。

謎を残すレイやカイロ・レンの幼少期の詳細がとても気になる。

 

有名作品のシリーズなので、賛否両論いろいろあると思うが、

私は好きよ!こういう派手な映画。

2000円のチケットを払って、大きなスクリーンで観る価値のある作品だと思うわ。

 

時間の都合で吹き替えでしか観れなかったんだけど、

かえって良かった!

字幕を追う必要がなく、画面の隅々までじっくり楽しむことができた。

なかなか細かい芸を挟んでいるので、字幕だったらたぶんそれに気づかず、十分には楽しめなかったかも。

 

とにかくお金がかかっているし、

よ~く作り込んでいるのが、私なんかが観ていてもわかる。

脚本も上手いし、演出というか見せ方も上手い。

 

よくよく考えたら、ストーリーとしてはベタと言えるんだけど、

アメリカ映画なんだから、正義が勝って、メインキャストはほとんど生還がお約束なのはむしろ安心感。

そこはそれでいいと私は思うのよね。

 

しかし、そのお約束の中で一人荒ぶるカイロ・レン!

お前は一体、何がしたいねん!?とツッコミたくなるほど軸がブレブレ。

ダース・ベイダーの後を継ぐ者として、黒マスクをかぶっているが、

マスクを取ったら、めっちゃ普通の男の子。

すごい面長だけど。

こいつがなんかやたら色々迷って、病んでいて、

同僚のおじさんにも苦笑される状態。

強大で残忍と思いきや、最後にはレイに負けてたし・・・・

でも、レイの潜在的な力に気づいていたのに、その覚醒に手を貸すような感じだったし・・・

とにかく謎。

次作以降、その辺の謎も紐解かれていくんだろう。

 

このカイロ・レンは、ハン・ソロとレイア姫の息子。

ルークの下で修業していたらしいんだけど、どこでどうひねくれてしまったのか…

暗黒面に堕ちてしまったのね~~

 

ハン・ソロのハリソン・フォード、すごくお元気でお茶目で可愛くって。

やっぱり好きだわ~!

飛行機墜落の事故のニュースを聞いた時は、とてもショックで心配だったけど、

元気に動き回る姿が見られて、それだけでとっても嬉しい。

もちろん、お年はお年で、なんかね、ちょっとしたリアクションなんかも

ジジイくさい瞬間があるのよ。

でも、それが逆に可愛くて…!!

 

レイア姫も登場した瞬間は、貫禄の凄さに驚くけど、

時を重ねた今までの時間の存在も物語の中でしっかり感じさせてくれるので

彼女の健在ぶりにジンと感動する。

 

レイも二人の娘なんじゃないの?って最初、思ったんだけど、違うっぽい。

気品漂う顔立ち、受け継ぐフォースの力・・・

彼女の出生の秘密は今後の話の要かも。

 

BB-8というボールを2つくっつけたようなロボット(ドロイド)が、すごく可愛い。

機械音でしか話さないのに、何を言っているかなんとなくわかるし、

首をかしげる仕草に表情さえ感じる。

すごく絶妙に作られているわ~!

 

本来、私はバンバン戦って、人がたくさん死ぬような映画は好きではないのだけど、

スターウォーズは、必要以上に生々しく見せないのがありがたい。

戦場の過酷さはきっちり描いていて、その辺のバランスも上手く取れている。

子どもも含む万人が観る映画だしね。

 

ストーム・トルーパー(敵方の白いヘルメットの兵隊)だったフィンが、

生まれ故郷の村を皆殺しにする作戦に参加する中で、戦えなくなり

一か八か命がけで脱走するのだが、

筋骨隆々の黒人の若者なのに、ものすごく怯えていて、ダラダラ汗を噴き出しているんで

悪の組織「ファースト・オーダー」に対する彼の恐怖が伝わってくる。

ホラー映画は登場人物が怖がって、恐怖に引きつり、金切り声を上げるから、観客は怖い。

それと同じ効果を感じたわ。

そんなフィンも終盤にはすっかりヒーローになっていたね。

 

メインテーマの音楽を映画館の大音響で聴けるのも醍醐味。

劇場上映に間に合って、ほんとによかったわ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/33776533

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を参照しているブログ:

コメント

間に合って良かった。
SWなんかは特に特に、劇場で観ないとね~。
うんうん。

「人生二度目」の一人映画館ですかー。
それもまた良し。
どんどん、3度目、4度目と、場数を踏んで下さい。
「観たいものは一人でも行く」という勇気を持ってね!

■59さま

スターウォーズはMX 4Dのもあったんだけど、普通の一般のでも結構、迫力あって、爆発シーンとかのけぞりましたわ。

長らく野ざらしで使われていなかったミレニアム・ファルコン号がすぐに発進できたのか、燃料はたっぷり入ってたの?
あ、別にガソリンで飛ぶわけじゃないのかしら??
とかツッコミどころがなくもないんだけど、
それでも良くできてたと思いますわ。

59さまはたくさん映画をご覧ですよね!
WOWOWでこの前やってた「博士と彼女のセオリー」、とっても良かったわ~

一人で行く勇気、少しずつ貯めていっています。
ただね~~
映画は夫婦で行くと1100円になるんですよー
せっかくの割引、使えればいいんだけど、主人は人混みが大嫌いで、映画館は滅多に行こうとしてくれませんねぇ、、、

間に合ってよかったね~heart01

映画は映画館で見ないとね。迫力が全然違うもんね。

映画館と美術館は一人で行くのがよろしおます。
夫婦で行くと一人1100円だけど、二人で2200円。普通に一人で観るほうがお得ざますよ、奥様。

阿倍野のアポロなら、会員になるといつでも1100円で観られますよ。あ、平日だけかも…。

■あけみさん

いや、ほんと一人で観るのは寂しいって思ってたんですが、意外と快適でした!

むかーし、結婚前に主人と、もらったチケットでミッキー・ロークの「ナインハーフ」を観に行って、濃厚なラヴシーンに固まったのを思い出しますわ~

アポロ会員になろうかな~って、これまで数回考えてるんですが、水曜に行ったら1000円なので、まだなってないんですよ~

美術館は今度、友人と京都へルノワールを観に行く予定。
でも、ハルカス美術館も割といいのをやってるんですよね。それも主人を誘っても、なかなか行こうとしないので、やっぱ、一人で行くようにしなくちゃ、結局行けずに終わっちゃうことになるんですよねぇ…
がんばって、一人でお出かけめるちゃんになるわshine

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart