« 猫に好かれる日 | メイン | デトロイト美術館展【大阪市立美術館・天王寺】 »

2016年8月30日 (火)

夢のエルニド(フィリピン)旅行

Img_3386


5月にフィリピン駐在の友人を訪ねて旅行した。

その時に連れて行ってもらったエルニドの夢のような美しさが、今も忘れられない。
 
まるでカレンダーの写真か、雑誌のグラビアのような青い海、白い砂浜のロケーションが当たり前にある。
自然しかないのだ。
夜になれば、満天の星空も広がる。

食事は3食バイキング。
これがまた豪華で美味!
お皿いっぱいのマンゴーも食べ放題。

アクティビティーも豊富に用意されており、時間を惜しむように貪欲に遊びに没頭した。

Img_3306


ラグーン巡りで、初めてのカヤックにも挑戦!
思いの外、安定しており、漕ぎ方もコツを掴むとスイスイ進む。
海ではなく、波のないラグーンなので私のような初心者でも安心して景色を眺めながら楽しめた。
白い帽子が私。日焼け対策がんばったけど、やっぱり焼けたわぁ~~
 

Dscn6854



引き潮時、海の真ん中に白い道が現れるスネークアイランドと呼ばれるビューポイント。
ここでは野生のお猿さんが木の実を食べているのに遭遇して驚いた。
 
このようなアクティビティーや食事も基本的にすべて旅行代金に含まれているのが、
エルニド リゾーツの強み。
(詳しくは上記↑サイトでお確かめください)
大変快適に過ごせること請け合い。
マッサージやカクテルなどのドリンクは別料金だったが、チェックアウト時にまとめて清算なので、財布を持ち歩くことなく遊べる。
 
ただ…
日本語対応のスタッフはいない。
お互い片言でのやり取りで、コミュニケーションはなんとか取れる。
今回、案内してくれた友人夫妻が英語、現地語に堪能だったので助かった。
 

Img_5306


何もかもが最高なエルニドだった。
その中でも特に美しかったのが、エンタルーラ島。
 
波の青さのグラデーションが鮮やか。
これまで見たことのない海の色だった。
対比する砂浜の白さ。
 
皆はシュノーケーリングで忙しそうだった。
魚が苦手で浅瀬しか行けない私の周りにも小魚たちがやってくるほど。
もう少し深いところに行けば、たくさんの種類の魚たちがいたそうなのだが…
私は波にプカプカ浮いて遊んでいるほうが楽しいのっっ
 
そんなに良いところなら、もっと早く教えてくれたらよかったのに。
もう夏休み、終わっちゃったわよ~とお思いかもしれないが、
実はフィリピンは今(6月~11月)は雨季。
12月~2月は涼しく乾燥。
3月~5月は暑くて乾燥。
 
5月に行ったので日差しが強かったが、日本の夏とは違い、空気がサラリとしているので過ごしやすかった。
HISでエルニド旅行の取り扱いがある。
アクティビティーポイントが近くにたくさんあるミニロックアイランドがオススメ。
セブ島などに比べて少々値が張るように感じるかもしれないが、
食事やアクティビティーが料金に含まれるオールインクルーシブであることを換算してほしい。
そして何より、手つかずの自然を堪能できる贅沢が、エルニドにはある。

  
それでも、フィリピン旅行というだけで治安への不安を感じる人は多いだろう。
私達もそうだった。
無論、海外旅行は十分に気をつけなければならないし、今はどこの国でも思わぬ危険がないとは言えない。
 
マニラに着いて、まず驚いたのは、空港には旅行者しか建物内に入れないことだった。
出迎えの友人も入ってこれない。
めっちゃ警備している。
 
友人宅はマニラの中でも高級住宅地にあたる区画にあり、そこへ通じる道にはゲートがあってチェックされるのだ。
友人は既に顔パス。
隣接する大型高級ショッピングモールへも警備員がいた。
ダイエーのような大きなスーパーの入口にも、警備員が複数人立っているが、そんなに威圧的ではなかった。
とにかく、この区画は「守られた特別区」という印象がした。
高級ホテルなどがあるマカティという区画なら、そういう意味で治安は確保されていると言える。
実際、マニラのマカティ地区のグリーンベルトというショッピングセンターは大変、洗練されていて様々な高級ブランド店のテナントが入っている。
施設そのものが新しく清潔で、安心してウインドウショッピングを楽しめた。
 
もう一つ注意したいのは、マニラからエルニドへの飛行機の乗り換えについてだが、
初めての場合はガイドをつけたツアーに参加することを勧める。
初心者が自力で乗り換えるのには、かなり語学が堪能であっても難しいかもしれない。
(飛行機の搭乗の場所が車移動が必要なくらい全く異なる。)
 
いつかもう一度、訪れたいあの透き通った青い海。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/33922319

夢のエルニド(フィリピン)旅行を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart