« 魅惑の塩バターあんぱん【おひさまパン 大阪・玉出】 | メイン | 桑田さん、年越しライブ決定♪ »

2016年9月23日 (金)

「始皇帝と大兵馬俑」【国立国際美術館・大阪】

Img_4023


特別展「始皇帝と大兵馬俑」へ行ってきた。
…渋いでしょ??
そう、これは主人の趣味。
私は正直、乗り気ではなかった。
だって~…お墓に大量に眠っていたリアルな人形なんて…気味悪いじゃない~~というのが本音だったんだけど、
実際、行って実物を見てみると、その精巧な作りに感嘆、
なかなかの見応えがあり、面白かった。
展示の内容や、見せ方も良かった。
 
あの秦の始皇帝の広大な墓地から出土した、リアルな軍隊。
「俑」…人形とは言え、一体、一体が異なり、個性がある。
モデルが居たんだと思う。
そして、モデルになって「俑」となり、始皇帝を永遠に守る役目を得るのは、きっとすごく名誉なことだったのだろう。

墓地に埋めるってことは、基本的にもう誰にも観ることはできないわけで、
「見せる」目的はないのに、こんなにきっちりと作っているのが、
なにがなんだかわかんないくらいすごい。
…秦の始皇帝の権力の絶大さをただただ感じる。  

軽装の歩兵たちが前列、
後列になるにつれて、重装備となり、見るからに偉い役職の人なんだとわかる隊列。
 
弓を扱う人も多く、
いつでもすぐに臨戦態勢が取れるポーズだ。
弓は、いわゆるボーガンタイプで殺傷能力が高い。あくまでも実戦を前提としているのがすごい。

Img_4007


一人一人に表情がある。
紀元前の、気が遠くなるような昔々の世界にも、
人々は、一人一人、日々、いろんなことを思い、考え、感じて暮らしていた。
今の私たちと同じように。
 
そう思うと、最初は不気味に思っていた兵馬俑も、なんだか親しみが湧いてきて、 面白く思えてきた。
実物はもちろん、レプリカもなかなかの迫力。
一度は見ておいて損はない特別展かも。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/454491/33947621

「始皇帝と大兵馬俑」【国立国際美術館・大阪】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart