« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月20日 (木)

長女の転勤

長女が転勤になり、家を出て一人暮らしをすることになった。
女の子と言えど、全国、どこへ転勤になるかわからない時代。
就職した時から、ある程度の覚悟はしていたが、ついにその時がきた。
 
幸い、近畿圏内の転勤で、アクセスの良い京都駅周辺にマンションを借りることになったので、
家からも1時間余りの距離。
休みには、いつでも帰って来れるし、こちらから様子を見に行くことも簡単なので一安心。
 
先日、長女に伴って一緒に内覧して決めてきたマンションは、
駅近、築浅の好物件。
家賃もそこそこするが、会社から2万円の補助があるらしい。
 
深夜に帰宅することも多い長女、
とにかく駅からの帰路が少しでも安全そうなところを望んでいたので、
駅から近い物件がうまく見つかって、ホッとした。
 
冷蔵庫、洗濯機、電子レンジの家電、
ベッド&寝具一式、それにカーテンは即日必要だろう。
 
他にも、最低限の調理器具、食器、
洗濯用品、洗面、お風呂場に必要な家庭用品は、こまごまとある。
 
早めに用意を整えていきたいところだが、
カーテンなどのファブリック類や、食器は自分の趣味でこだわりたいだろう。
いろんなお店を見て回りたいが、何せ、仕事が目の回る忙しさらしく、
休みもまともに取れていない状況…。
マンションの内覧の日だって、あちこちからスマホに電話や通知がきて、落ち着かなかったし、
先日の引っ越し業者との打ち合わせも、ちょうど電話がかかってきてしまって、結局、私が応対してサインしたくらい。
 
まぁ、最初から物でいっぱいにするよりは、住んでから必要なものを揃えていくほうがいいとは思うのだけど、不便があったら可哀想と心配になるのが親心…。
 
食事の用意だって、洗濯だって、
これまでずっと私がやって当たり前の生活。
休みの日に、少しは教え込もうと声をかけても、
「休みの日くらい、ゆっくりさせて!」と、なーーんにもしなかった。
 
さ~てさて!
これまで脱ぎ散らかして着替えて出て行っても、帰ってきたら、いつの間にか洗濯されて、たたんで置いてあった服も、
帰宅して、すぐに用意されていたあったかいごはんも、
自分でやらなきゃ、どうにもならないわけで。
 
心配だけど、まあ、やれば何とかできるだろうし、
コンビニもスーパーも近くにあるしね。
 
学生時代、「一人暮らしがしたい」と言い出したこともあった長女も、憧れが目の前の現実になると曇り顔。
「いやや~~~」
  
それでも今回の転勤は、長女の能力をかってくれての異動。
キャリアアップのチャンスに違いない。
娘の頑張りを応援したい。
 
とは言え、
明るい長女のおしゃべりは我が家の華。
いなくなるのは寂しい。
次女も就職して、すっかり大人っぽくなってしまったしね。
 
膝の上にのってくれる猫でも飼いたい気分。
今、子猫を観たら、きっと連れ帰りたくなってしまいそうで怖い。
飼うには、もう少し覚悟を決めないと。
 
きっとこれからは、なんだかんだで京都方面に出かける機会、増えそうだな~
それはそれで楽しみだわ。

2016年10月 3日 (月)

買ってしまった…!キットカット 毎日の贅沢

Img_4080

CMで見て、なんかもう…やたら美味しそうな気がして、つい
…つい!買ってしまったわ。
「キットカット 毎日の贅沢」
近所のスーパーに置いてあったんですが、
通常の袋入りのキットカットよりも、お値段高めなの!
しかも、袋が明らかに小さい!!
 
それでも買いたいという購買意欲をそそる商品…
なぜにここまで「買いたい」気持ちにさせるのかは、
たぶん、パッケージの写真やCMの印象が大きい。
白地に赤い実を転がす。…可愛い!
女性の気持ちをグッと引き寄せる。
 
それと、これまで発売されて食べてみたキットカットの期間限定もののシリーズが
どれもなかなか美味しくて、信用度が高い。
 
1袋400円程度のお菓子とは言え、スーパーで買うには少し割高感がある。
そこを飛び越えるのには、それなりのバックグラウンドが必要なのよ。
 
実際、食べてみると、やはり美味しい。
良いチョコを使っているのがわかる。
甘過ぎず、軽く、後口に甘さが残らないのもいい。
 
見た目は、写真ほど実物は美しくない。
CMやパッケージの写真からイメージする味に到達していない。
でも、写真くらい綺麗で、高級感あるお菓子を求めるなら、それは本当にデパ地下へでも行かなきゃ…ってことよね。


~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart