音楽 Feed

2016年9月27日 (火)

桑田さん、年越しライブ決定♪


YouTube: 桑田佳祐 - 「君への手紙」 SPECIAL SHORT MOVIE

今朝、ZIPを見ていたら、桑田さんの新曲「君への手紙」のMVが紹介された。
先日の夜遊びのラジオで新曲は全編聴いたけど、
このMVは桑田さんの味のある字がメインになっていて、なかなか良いな♪
雰囲気も大人っぽくって、素敵だわぁ~と、忙しい朝の時間にもかかわらず見入っていた。
すると最後に、「年越しライブも決まっています。」とサラッとアナウンサーが言うので、
ビックリ…!
 
え?
決まっています、って…
決まっています、って……!!
 
いつ決まったのよ!?初耳よッ!!
ちょっと待ってよ、おかしいじゃないの。
 
わけのわからない焦りを感じて、スマホを開き、
サザン公式サイトで早朝にアナウンスがあったのを確認。
 
マジかー!
いや、あると思ってたわよ、年越しライブは。
ないわけないって思ってました…!
当の桑田さんだって、ライブしたくてウズウズしてるはず…!
 
もちろん、私たちだって待ちに待ってたわけで…。
夏の「ヨシ子さんイベント」に外れて、つらかったんですもの~
「ヨシ子さん」、生で聴いてみたいのよね。
ライブで化ける曲だと思うから。
 
次女は今年から社会人で仕事もあるわけだけど、
年越しライブ、今回も付き合ってくれるかしら…??
 
できれば、初日の27日を狙いたいかも。
 
当たるかなぁ~~??
これまたかなり厳しい争奪戦になる予感…
チケット、どうか当たりますように…。。。
応援団先行申込もまだ先なのに、早くも真剣に拝み始めちゃうわっ!


2016年8月 5日 (金)

宇多田ヒカル 「花束を君に」






YouTube: 宇多田ヒカル「花束を君に」(30s Version)

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌、宇多田ヒカル「花束を君に」
(←公式サイトで歌詞&試聴あり)
 
朝ドラ「とと姉ちゃん」は、「あまちゃん」や「カーネーション」「マッサン」のように毎日泣ける!笑える!ハマる!と言うほどではないが、なかなかの佳作で毎朝、見ている。
だから主題歌も毎日、繰り返し聴いているので、いつの間にやら無意識に歌えるようになった。
 
宇多田ヒカルは以前から割と好きなのだが、この曲もやはりいい。
彼女の歌には、なんとも言えない悲壮感がうっすらと漂う。
 
「花束を君に」は、大切な人に自分の愛情や感謝など
言葉にしきれない想いを花束に託して手渡したい、という内容なのだが、
根底に深い悲しみを感じるので、大変切ない。
 
自分が大切に思う「愛しい人」に
 
♪どんな言葉並べても
♪真実にはならないから
 
と歌う。
それほど大切な人なら、愛しいなら、
もっと必死になって、力の限りあらゆる手段で、自分の気持ちを全て伝えたいのが人情じゃないか?
愛しい人には、自分の想いを受け止めて、理解してもらいたいものだ。
そこから二人の関係は始まるのだから。
 
ところが、彼女はそういう人間として基本的な、
要求して当たり前のところを、既に完全に諦めている。
 
そこを諦めてしまうのか?それでいいのか?と思うくらい。
 
 
相手への気持ちが複雑過ぎて、自分でも上手く表現できないくらい様々な感情が入り乱れているということもある。
だから、とても一言二言の言葉では「真実にはならない」。
 
それと…
宇多田ヒカルさんはお母様を亡くされたので、
愛情や感謝の気持ちを送るのに、このような悲しみをたたえた曲になっているのかもしれない。
だから、花束は涙色なのだろう。
 
曲全体の強弱で、張ってくるところが
「真実にはならない」「足りない」と
自分の非力を強調する歌詞になっている。
 
愛しい人へ花束を贈る曲なら、強調するところは相手への感謝だとか自分の気持ちの部分がくるべきだ。
ところが彼女は、そういうところをバッサリと諦めて、
自分の万の言葉より小さな花束のほうが、より伝わるとしている。
 
そこが逆にリアルで、共感を呼ぶ。
 
言葉を尽くして相手に思いをぶつけて、正確に伝わらない、ちゃんと受け止めてもらえない悲しさやつらさは皆、それぞれに経験のあるところだから。
 

2016年7月28日 (木)

ULTRAヨシ子デラックス!ナイト 当選してないけど行ってみた!

Img_3882


桑田佳祐さんの新曲リリース記念イベント
「ULTRAヨシ子デラックス!ナイト」が先週、東京・大阪で開催された。
 
入場できるのは抽選に当選した、合計約5000名のみのラッキーな方々のみ。
私はーーー
外れたんですけどね、、、
外れたんですけど、せーーっかく難波まで桑田さんが来るというのに、
家でじっとしているのは、なんだかムズムズするというか、
気もそぞろ…
しづこころなく花の散るらむ…と言いますか、
とにかく現場の空気に触れたい!
入場できないのは承知の上で、お祭りの雰囲気だけでも味わいたい!と
Zeppなんばへと出かけたのでした~~
 

Img_3877



 
実は私、Zeppなんばへ行くのは初めてで、
「こっちで合ってるよな~?」と多少、不安に思いながら駅から歩いてたんだけど、
会場に近づいてくるにつれ、明らかサザンファンのライブTシャツで歩いている人が増えてきて一安心。
開場の2時間前くらいだったんだけど、既に入場受付に並ぶ人でいっぱい!
めちゃくちゃ暑い中、まともに日が当たって辛そう、、、
 
今回のヨシ子さんイベントは、かなりの倍率だったと思われるのにもかかわらず、
我々の大阪サザン婦人会(仮称)では2/4という50%の確率で当選者を輩出!
ラッキーなmegumiさん、すい姉さん、そして、ねねごーさんと共に
外れたけど会場にやってくるAkemiさんと私とで、とりあえずお茶♪

Img_3880


ライブTシャツに着替えたファンたちが店内には他にもたくさん…!
ライブへの臨戦モードに高揚する幸せオーラが溢れている~~
 
サザン、桑田さんのライブTシャツはライブ時以外に、外で着るのには勇気が必要なものも多いが
今回のヨシ子さんTシャツは意外と普段にも着れそう。
あの抽象画っぽいジャケットが上手くデザインとして溶け込んでいて、着ていると違和感ない。
ただ、女性が着るには首回りがつまり過ぎているのが難だけどね、、、
 

Fullsizerender


入場者に配布されるバンダナやグッズのタオル、ジャケット絵をバッグにした記念写真を見せてもらいながら、私までなんだかウキウキと時間を過ごし、
入場していくみんなをお見送り。
もちろん、中へ入れないのは残念は残念だけど、
なんだろう… 家で一人悶々と過ごすよりは私は楽しいのよね~
 
2500人なんて少ない少ない!と愚痴を言いながらも、実際に入場していく2500人の人数を目の当たりにすると、結構なもので、
Akemiさんと二人、
「こーんなに当選した人がたくさんいるのに、どうして外れたんやろ?
…やっぱり間違いとちゃうかな?ほんまは当たってる!?」
と錯乱し始めーーー
 
 
イベント帰りの方の報告によると
桑田さんから「またライブで来ます」の言葉もあったとのこと。
イベントライブの内容も短いながら良くてアンコールの「明日晴れるかな」では泣いたって。
私も泣きたかったーー!
 
イベント参加者にはヨシ子さんコスプレというか、白塗りパンダメイクの女性も何人か発見。
いやぁ~~
あれは生で見ると、かなーーーり怖いですよぉ~~~

2016年7月19日 (火)

「大河の一滴」桑田佳祐 歌詞を読む


YouTube: 桑田佳祐「大河の一滴」×UCC BLACK無糖 WEBムービー

昨日の「FNSうたの夏まつり」良かったですねー!
桑田さんは、なんと3曲!トリも務め、セット、花火と大変豪華。
 
生出演でなかったのは残念だけど、「ヨシ子さん」にしても準備が大変な曲だしねぇ、、
 
さて、「大河の一滴」
改めてテレビで聴いて、カッコイイ曲だなぁ~と惚れ惚れ。
…と、そこで画面右上に書かれた曲紹介文
「渋谷を舞台にした大人の恋物語」
これが気になった。
 
この曲は、とても大人っぽい曲だ。
「大人の恋物語」が描かれた曲なんだろうか?
気になって、歌詞をもう一度、よく読んでみた。
 
 
♪砂に煙る 渋谷の駅の
 
と歌い始め、舞台が渋谷であることが最初に提示される。
そして、現れる生意気でイイ女。
 
バスのロータリーから場面は山手線の駅のホームへ移る。
東京近郊にお住いの方なら、具体的な場所が思い浮かぶだろう。
 
駅の雑踏。行き交う列車。アナウンスの声。
待ち合わせに遅刻する女にイライラしながらも待つ男。
 
 
♪時の流れは冷酷だよね
 
と、二人の出会いから時間が経過していることを示す。
 
 
♪俺との思い出、抱いて寝てるかい?
 
二人がラブラブで付き合っていた頃は、既に思い出なのだ。
 
 
♪けれども電話はかかっちゃこない
 
この彼女と付き合っていたのは昔の話で、今はすっかり疎遠になっている。

 
 
♪身を削りながら生きることも
 
男は、それなりにがんばって生きてきて苦労も重ねてきた。そして、いい年齢になった。
若い時は、やたらと格好を気にして気取って見せたものだが、もうこの年となっては、そんなことをする必要もない。
これまで生きてきた人生が、彼の顔、姿に映し出されている。誤魔化しようもないのだ。
 
 
♪逢わせて 咲かせて 夢よもう一度
 
それでも、昔ウブな恋をした学生時代のあの頃の想い出が、ふと胸によみがえることがある。
 
 
♪野暮な躊躇いも今はただ
 
ウブだったのねぇ… 彼女に喘がれて余裕をなくした、そんな青い想い出が…あるのね。
 
 
♪ラケルの横道に埋めました
 
ラケルというのは老舗のオムレツ屋さん。
青学から渋谷駅に向かう途中に宮益坂店がある。
 
昔の恋の想い出を埋めるという表現は、桑田作品によく出てくる。
しかし、これまでは埋めるのは「砂浜」だった。
埋めたつもりでも、波に洗われると、姿を現してしまう砂浜。
それが、この曲では、本当に地面に埋めている。
しかも、歌いながら、地面を強く指さす。
 
ご病気から回復された後の桑田さんの作風は力強く変わったと感じる、その一例だ。
 
 
恥ばかり多い、青い恋の想い出はもう地中に埋めた、と言って1番が終わっている。
 
 
2番では、混沌とした現代を眺める男の視線が描かれる。
 
 
♪あの頃 夢見た場所はどんなトコ?
 
あの頃=恋をしていた大学生時代
 
 
♪初心な恥じらいはぼんやりと
♪暗渠に溶解け出していきました
 
暗渠って言葉、桑田さん絶対「ブラタモリ」見てるよね!?
あの番組でしか、暗渠なんて言葉、まず聞かないよ。
 
私も見てるから覚えたんだけど、暗渠というのは
川の上をフタして、上を道路にしちゃった地中に埋設された川や水路。
もはや、パッと見ただけでは下に川があるとは、誰もわからないし知らない。
その、誰にも気づかれない…自分でも普段忘れている、深層心理の深みに
青い恥ずかしい恋の想い出は隠されたのだ。
ないに等しい。
だけど、ある。実はある。
 
 
ここで男女のセリフが入る。
 
御嶽神社とラケルは、ほぼ隣接。
大学からの帰り道、
まっすぐ駅へと向かうのも惜しくて、人気の少ない神社に寄ってイチャイチャして、
女の子が好きなオムレツ屋で、学生にはちょっと気取った食事をする。
満腹になり、お店を出て、彼女の手を握って横道へと誘う。
ユートピアってチェーン店のラブホなのかな?
大阪でも見たことある気がするわ。
 
これがひとつのデートのお決まりコースだったのかもしれない。
それとも、あの時のあの夜として忘れられない思い出なのかも。
 
埋めたとか言いながら、彼はまざまざと思い出している。
そして、彼女もきっと忘れてはいないだろうと信じている。
あの夜の想い出は、二人しか知らない大切なものなのだ。
 
 
♪野暮な躊躇いも今はただ
♪深い谷底に消えました
 
女に「イヤイヤン」と言われても、今の彼は全く動じない。
あの若くてウブだった頃は、「イヤ」と言われて本当にやめて、彼女に不満げに叱られたのだろう。
 
 
♪大河の一滴になりました
♪黒の円熟が薫りました
 
そんな淡く、甘くも苦くもある想い出も彼の人生の中で溶けていき、
今の彼と言う人間を創り出した。
深みのある大人になれたと胸を張る。
 
ここが以前の作品と全く違うところだ。
以前ならば、昔の恋を切なく思い出し、未練に泣いていた。
今の桑田さんはそうではない。
地に足を着け、堂々と全てを飲み込む。
…大人ってこういうことね。

長くなったが、私はこの曲は
渋谷に想い出を残す恋をふと思い出す大人の歌、だと思う。

「大人の恋物語」はちょっと違和感がある。
大人の恋ではない。恋していたのは、若い時の話だ。
大人が思い出す恋物語、かな?
 
字数制限もあるし、この曲を一言で表すのって難しいよね。

2016年6月30日 (木)

「ヨシ子さん」ゲット!

「ヨシ子さん」ゲット!

いやぁ、やっぱりCDで家のスピーカーから聴くと、テレビやラジオで聴くのと全然、音が違いますね!
「ヨシ子さん」、低音効かせて聴くと、なかなかいい。

一枚に9曲も入っている贅沢さ。
初回限定盤は1574円するんだけど、
1曲あたりで考えるとかなり安い。

しかも、極少人数しか観れなかったゆぽっぽライブ音源も収録というありがたさ!

初回限定盤に封入されている応募券でシークレットライブに申し込める。
これまたかなりの小規模ライブなので、まず当たらないとは思いながらも
申し込まざるを得ない!
…申し込まざるを……得ないっっ!!

せっかく大阪でもライブがあるんだもの。行きたいわぁ〜
当たって!お願いっ☆

2016年6月22日 (水)

桑田佳祐さん新曲 「ヨシ子さん」最高!


YouTube: 桑田佳祐 - ヨシ子さん

  桑田佳祐さん新曲 「ヨシ子さん」MVが公開中!

私、この曲すごい好きなんだけど、
一緒にMステを見ていた家族は皆、ノーコメント…
…確かに、感想を一言では言い表しにくい曲かもしれない。
私なんか逆に感想が溢れてきて、黙ってしまうくらいなんだけど!
 
MV、ごった煮感が増し増しで、なんかすごいね。
アルバム「葡萄」ジャケットの女性は肩肌を脱ぐに留まったが、
「ヨシ子さん」MVでは、ついにスルリと着物が足元に落ちて
白いきれいなお尻が見えちゃった!
 
でもね、むかーーし70年代くらいの深夜番組では
男性の横に、裸体の女性が意味があるのかないのか、オブジェのように居るって絵が
テレビで普通にあったのよ。
…あ~、意味が分かんなかったのは、当時、私がまだ子供だったからかもしれない。
 
そういうのも含めて、画面の中には妙にレトロなものが、これでもかと詰め込まれている。
この曲自身も、わざと古いワードをちりばめられているし、
タイトルの「ヨシ子さん」も林家三平さんのギャグに由来している。
三平さんが活躍していたのは60~70年代。
Mステで桑田さんが話していた通り、若い子にはわかんない話だ。
 
歌詞も、今の新しい言葉におじさんはついていけないと歌っている。
10年前の2006年に発売されたサザンの
「DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜」
では、寄る年波に足掻き、叱咤するような内容だが、
「ヨシ子さん」では、もう完全にそういう肩の力は抜けているし、いい意味での開き直りがある。
 
技術や何やかやはずっと進歩してすごいけど、
俺から見たら、今より昔のほうが世の中、面白かったよ。
今みたいに皆、小奇麗じゃないけど、あの頃は混然としてて、熱かったよ。
TVだって、どのチャンネルも面白かったんだ。
今はどうだい?
みんな難しい顔してないで、もっと笑おうよ。自由になろう。
 
そんなメッセージが私には聞こえてくる。
 
そして、この曲をライブでやったら、もっともっと楽しいと思うんだ。
きっと、この曲はライブで完成する。
すごく楽しみだ。
 
…過大評価じゃないと思うんだけどなぁ~
 


2016年6月17日 (金)

桑田さん「ヨシ子さん」MステTV初披露!


YouTube: 【WOWOW CM動画】WOWOW開局25周年CMソング 桑田佳祐「ヨシ子さん」

いやぁ~、圧巻でしたね!
桑田佳祐さんの新曲「ヨシ子さん」
先日、ラジオ「やさしい夜遊び」で初めて聴いた時も、一発で
「この曲、好きだ!!」って思ったんだけど、
Mステで聴いて、さらに好きになっちゃったなぁ~!
 
ゆる~い感じで始まって、
不思議な歌詞で
チキドン♪チキドン♪
・・・ここまででも既にかなりのインパクトなんだけど、
 
♪可愛い姐ちゃんに惚れちゃったんだよ
 
の辺りから、すさまじく気持ちよくなってくる。
訳が分からないままドンドン盛り上がってくる。
 
この曲はライブでやらないとダメよ。
会場が熱く揺れるさまが、早くも目に浮かぶわ。
…こりゃ、次のライブはチケット、絶対取らなきゃ…っ!
 
新CDは豪華なラインナップで、どの曲もすごく良い。
「大河の一滴」も100点がつくくらい良い。
だけど…「ヨシ子さん」が好きだな、私は。
まいったなぁ~、桑田さん、円熟の深み、どこまで増すんですか…!?

2016年5月18日 (水)

WOWOW×桑田佳祐特別番組!

ソロ活動中の桑田さん。
JTB、UCCのCM、テレビ番組のテーマ曲と新曲を次々披露してくれて、
さて、次の朗報は…!?とワクワクしてたところ。
届いたニュースは、なんと!WOWOWでの特別番組。
 
WOWOW開局25周年×桑田佳祐
第一弾・特別番組“桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝 ~東京の唄~」”

これはなかなか面白そう…!
未発表新曲も披露されるとのこと。
…それって、もしかしてーーー
WOWOWのCM曲だったりする??

そんでもって、またWOWOW後援でライブあったり…する??
 
「第一弾」と銘打っているからには、今後も引き続き、
WOWOWとはねっとり絡み合うと言うことで…
節目の25周年なんだもの、
WOWOWさん、ここはひとつ派手にお願いしますよっ!!
 
 
サザンが好きなのは「勝手にシンドバッド」をラジオで聴いた時以来の古参ではあるのだけど、
サザンの活動を追い始めたのは、インターネットを使うようになった2000年から。
この16年間で、私も桑田さんの動きの傾向が読み取れるようになってきましたわ。

CD発売!TV出演!ドカーンと全国ライブツアー!

燃え尽きたかのように、しばらく休養

ムズムズしてくるのか生真面目なのか、桑田さん、レコーディングに入る

ある程度、曲ができてくるとライブがしたくなる。

極小規模のシークレットライブ開催

生で観たかった!と咽び泣くファンに応えようとできる限りの努力をし、イベント出演などがあったりする。

今ここなんだと思うわ。
つまり、新CDまたは新アルバム完成まで今の段階でこぎつけていないけど、いい感じのところまできてるんだろうな。
現在CM等で流れている「愛のプレリュード」「大河の一滴」「百万本の赤い薔薇」はそれぞれ求められているテーマを上手くすくい取って、お題拝借、
いろんな切り口から桑田さん独自の魅力を感じられる良い曲になっている。
こういうところ、本当にプロだなぁと思う。
桑田さんの制作欲の泉がまだまだ豊かに湧き出ているのを感じて嬉しくなる。
 
さてさて、このWOWOWの番組内ではライブはしないのかしらね?
観覧ありかな?
東京じゃ私は難しいかな~
とか言いながら、なんとなくそわそわ…


2016年4月27日 (水)

桑田さんソロ始動!


YouTube: 桑田佳祐「大河の一滴」×UCC BLACK無糖 WEBムービー

還暦を迎えた桑田さん、なんか若返ってる気さえする艶っぽさ!

今回のソロ2曲は、黒×白!

 


YouTube: 「旅は、わがままに楽しもう。」 TV-CM 30秒篇 【JTB公式 official】

「愛のプレリュード」

こっちは爽やか~

プレリュードって、なんとなく意味がわかってるつもりだったけど、調べてみたら「前触れ・前兆」だった。

恋の予感っぽいニュアンスなのね。

カーペンターズの名曲とタイトルをわざとかぶせてるのは、きっと

カーペンターズの「愛のプレリュード」もこの機会に聴いてみてね。いい曲だよ!ってメッセージなんだろうなぁ。

 

CD発売、ライブはまだ未定。急かせるわけじゃないけど

…あるでしょ!あるよねっ!?ありますでしょう!!!

年末かな~~?

横浜、今度も行けるかな!?…と、ついつい前のめりにワクワク!

 

しかし、今年は来月初めに旅行へ行く予定もありまして。

ご主人が海外に駐在している友人から「遊びにおいで」と誘われ、南の島でリゾートしてくるんですわ…。

いまだに、自分でも「ほんまに行くんか??」感がぬぐいきれないんですが、なんだかんだで出発日は迫ってきてまして…。

JTBのCMの桑田さんみたいに青い海を眺めながらお昼寝してきます~

サーフボードの上で釣りは体幹、鍛えてないからダメだな。すぐこけそう!

セグウエイも乗りたいけど、なさそう!

 

なんかね、すっごくきれいな海で

熱帯魚うようよいるんだって…。

・・・・・・・昔からブログを見てくださっている方はご存知の通り、

私は魚が・・・・・・・・苦手、、、、、、

 

人間、誰しも怖いものってあるじゃないですか。

高所だったり、暗所、閉所。

尖った先端やハチの巣などの集合体、

蛇、虫など…

私は魚なんですぅぅぅ、、、

 

なんかね、

透明度の高い海で珊瑚礁や熱帯魚がよく見えるんですってーーーー

こんな贅沢を苦に思うなんて、何を言ってるんだ?!と思うでしょう?

何をしに行くんだ?行く価値なし!と思うでしょう…

私も思うんですっっ!!

まさに、猫に小判リゾート!!!

 

シュノーケルはできないけど、がんばってカヤックは漕いでみようと思っています…。

南の島の砂浜で聴くサザンが楽しみです。

2016年3月30日 (水)

桑田さんサプライズ!女川ゆぽっぽライブ

いやぁ~驚きましたね!

先週末の桑田佳祐のやさしい夜遊び、ラジオをつけた瞬間、

桑田さんの歌声が…!

 

ん!?な、何!?

ライブ?ライブなの?

えっ!?そんな告知あった?見そびれた??

いやいや、TwitterでもFacebookでも誰もそんなこと書いてなかったはず…

 

なんと、それは女川さいがいFMの閉局特別イベントとして

女川温泉ゆぽっぽの畳敷きの休憩室に約50名のみの観客を入れてのアコースティックライブ!

お客さんも桑田さんが来るとは知らされておらず、本当にサプライズ企画だったよう。

 

ファンばかりではないはずなのに、会場の盛り上がりがラジオを通して、しっかり伝わってきた。

小ぢんまりとしたあったかいライブ。

東北の皆さんへ寄せる桑田さんの気持ちも溢れていて…聴いていて、すごく良かった…!

 

知っていたら、早めにアイロンかけ終えて最初からちゃんとラジオ聴いたのにぃぃぃ~~~!!

途中からになっちゃったのが、ほんと残念。

今週の夜遊びラジオでライブの続きが放送されるらしいので、今度は23時までにアイロンかけ終えるわ!

 

レコーディングが続くと、桑田さん、いつも

「ライブがやりたい」って言いだすじゃないですか?

んで、だいたいこの時期にシークレットとか応援団限定とかの小規模ライブがあったりする。

だから、先月の桑田さんの還暦あたりで限定ライブがあるんじゃないか?と思ってたんだけど、ラジオ夜遊びの中での生歌ライブで、

あれれ?やらないのかな?と思っていたところだった。

それどころじゃないくらいレコーディングが大詰めなのかしら?と。

 

こういう形で小ぢんまりライブが決行されちゃうとは…!!

う~~ん!やられたなぁ♪

 

もしかして、桜の咲く春には良い報せもあるかしら!?

期待の高まる春。きっともうすぐ…!(希望的観測

 

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart