くらし Feed

2016年4月 5日 (火)

堺刃物ミュージアムで包丁生まれ変わる!

包丁は食洗器に入れたらダメっぽい。

そう気づいたのは、木の柄がボロボロになり、刃がグラグラし始めてからだった。

それまでは、食洗器で洗ったほうが手では洗いにくい刃や柄の汚れまできれいになるような気がして、ずっと食洗器に入れていたのだ。

 

ボロボロになった柄を修理してもらえるところはどこだろうと考えたが、昔はあった金物屋が今はもう商店街に見当たらない。

と言うか、商店街そのものがどこもさびれてしまっているのが現状。

少し前は、町のあちこちに「包丁研ぎます」の看板を見かけたが、それも今は探すのが困難だ。

そこで、スマホで検索してみるとーーー

大阪・堺の堺刃物商工業協同組合連合会の堺刃物ミュージアムを発見!

ここで包丁やハサミの修理、研ぎをお願いできる。

 

堺と言えば、刃物。

その職人の技術を活かした鉄砲や自転車も、社会の教科書に出てくるレベルで有名。

 

さっそく電話して問い合わせ、堺伝統産業会館の堺刃物ミュージアムへ持ち込んだ。

柄の交換と研ぎで費用は3200円。

一週間かかるということで預けた。(その場で交換可の種類の包丁も有り)

 

ミュージアム内には、様々な包丁が展示しており、壮観!

ボランティアのガイドさんもいて、こぼれ話を聞くこともできる。

堺名産のお土産物コーナーも充実しており、なかなか面白い施設だ。

 

そして出来上がりの連絡をもらい、一週間後、受け取りに訪ねた。

新しい柄に交換し、刃を研ぎ直したピカピカの包丁を出され、

「これで間違いないですか?」

と確認されたが、すぐに「はい」と返事ができないくらい、見違えるくらいきれいになっていた。まるで新品のよう。

 

帰宅して、野菜を切ってみたら、

スパッ!と切れ味の鋭さに驚いた。

3200円で、こんなにしてもらえるならありがたい。

 

新品の包丁で安価なものも、もちろんあるけれど、

この包丁は、お嫁入りの時に実家の母が買ってくれたもの。

一緒に金物屋へ行って、包丁を選んだことを覚えている。

金物屋のおばちゃんが、

「この包丁がうちの店の一番の商品です。だからうちの店名を刃に入れてもらっています。」

と言って見せてくれた。

いくらだったかは覚えていないが、そこそこの値段だったと思う。

その包丁を二本買い、一本は母が自分で使っていた。

その金物屋ももうずいぶん前になくなっている。

母も認知症になり、その時のことを覚えてくれているかわからない。

包丁を持つことも今はできなくなっている。

だからこそ、この包丁は捨てがたい。

きれいに生まれ変わってくれた包丁、まだまだ大事に使うつもり。

2015年6月 3日 (水)

枝豆ちゃん成長日記1

枝豆は簡単に家庭菜園で育てられ、収穫できると

マツコの知らない世界」で紹介されていた。

 

「へぇ~、そうなんだー。じゃあ、育ててみる?」とテレビを見ながら主人と話していて

日曜にホームセンターへ行ったついでに、枝豆の種を買ってみた。

 

帰宅してすぐプランターに植えた。

早生の種だから、発芽も早いのかな~と思っていたけど、

いやぁ~、ほんとに早かった!

4日後の木曜には発芽し、金曜にはかわいい双葉が!!

Edm1

双葉のかわいらしさを愛でる間もなく、翌日の土曜には本葉も!

Edm2

一週間で、ここまでの成長!早いわ~~

ベランダの小さなプランターに植えて、水だけしかあげてないのに。

なんという手間いらず!

Edm3

次の日には、本葉もこんなに大きくなって、スクスク。

3粒、種を蒔いたうち、真ん中のだけが明らかに成長が悪い。

そういうのは間引くように育て方のテキストには書いてあるのだけど…

せっかく芽を出したのに引っこ抜くなんてかわいそうでねぇ…

でも、苗の間は12cm空けるのが良いらしく、やはり間引くのがベストのよう。

真ん中の芽を引っ張ると、やはり根の育ちも悪く、すぐに引き抜けてしまった。

そうして2本体制で育てることに。

Edm4

そして、これが今日のお姿。

たった10日ほどで、こんなに伸びるなんて、育てがいがあるし、

毎日、見ていて楽しい。

あまり背が高くなるようなら、主根を切ると良いらしいんだけど、それはまだやっていない。

種まきから80日前後で収穫時期になるので、

8月のお盆の時期には、美味しい枝豆を食べられるかも!?

元気に育っておくれ~

2015年4月16日 (木)

豆を挽いて珈琲を愉しむ

平日の朝は紅茶。

休日には、ゆったりとコーヒー。

 

結婚して20数年、続けてきた習慣だけど、

紅茶の茶葉をフレーバーティーにしてみたり、時折、変化を挟んで、それを自分なりの楽しみにしていた。

 

コーヒーはと言うと、

電動ミル付きコーヒーメーカーを結婚祝いにもらって使っていたのだが、阪神大震災の時、棚から落ちて壊れてしまったのだ。(震災による我が家の被害はそれのみ)

それ以来、コーヒーは市販の粉を紙でドリップしていた。

 

最近は、土日の朝も娘たちは仕事だったり、大学のサークルだったりと、出かける時間がまちまちで

朝ごはんも主人と二人でとることが多い。

主人も数年前は、休日出勤が当たり前だった時期もあったが、今は仕事も落ち着き

気持ちの上でもゆとりを持てているようだ。

 

ならば、コーヒーも粉ではなくて

豆を挽いて淹れてみたい。

電動ミルではなく、手動で。

 

そう思いついて、雑貨店を見かけるたびにコーヒーミルを探したが、

そんなに種類はなく、そこそこいい値段がする。

どうしようかな~と迷っていたところへ、長女の勤める店でコーヒーミルを取り扱うことになり、主人へ誕生日プレゼントしてくれた!

Cf

コーヒー豆を挽くのは力がいるが、ゆっくりとハンドルノブを回すと、

コーヒーのアロマが部屋に広がっていく。

沸かしたお湯を少しずつ注ぎ、ドリップする。

 

そうして淹れた一杯は、やはり違う。

ふくよかな香り。深みのあるコク。すっきりとした味わい。

家に居ながらにして、喫茶店で飲むような贅沢。

 

すると、次はコーヒー豆をどこで買うかが悩みどころ。

スーパーでも売っている。

スタバでも豆を買える。

スターバックスの期間限定の豆はすっきりした軽い味わいで飲みやすかった。

 

先日、天王寺へ出た際に、コーヒー豆を買いたいね、ということになり

そう言えば…と四天王寺のすぐ近くにある有本珈琲問屋を思い出した。

 

昭和9年創業の老舗。

「世界最高」と謳っているアルハーMIX(ALPHA MIX)は1kg 2500円。

100gで500円以上するスタバの豆の半額だ。

問屋価格、ありがたい!

さすがに1kgは多いので500g購入。

 

豆を入れた袋を持っているだけで、すごくいい香りがする。

車に乗ると、もう車内にコーヒーのアロマが広がって…たまらない!

帰宅し、さっそく豆を挽いて飲んでみるとーーー

期待通りの、ドン!とくる、これぞ珈琲!!という味わい。

こだわりのある、いい喫茶店で出てくる感じの珈琲。

 

と言うか、我々と入れ違いでお店から出て来た人は豆を大量買いしていたので

本当に喫茶店か何かお店をしているんだと思うわ。

 

アルハーMIXは重めの味なので、カフェオレにしてもミルクに全然負けないのがいい。

 

豆100gでコーヒー10杯とれるとして、

1kg2500円なら、一杯分25円。

 

もちろん、お店で出すなら、豆以外にも光熱費、人件費…諸々かかる。

昨日、梅田のグランフロントで休憩しようとお店に入ったら

コーヒーは500円。

いや、まぁ…グランフロントだしなぁ…場所代だよなぁ…と頭では理解しながらも

なんとなくコーヒーは頼めずに、結局、ホットチョコレートを注文しちゃったわ♪

で、コーヒーは夜に家で、ごはんの後、ゆっくり飲んだ。

豊かなんだか、貧乏くさいんだか、微妙なところが私のライフスタイル。

2014年7月 7日 (月)

集団的自衛権

集団的自衛権ってーーー

 

「日本のことも守りますよ~」って言ってくれてる用心棒アメリカさんが

もし、どこかの国から攻撃を受けた時、

「ちょっとぉ~ うちら、日本のために怪我したんだけどぉ?!」ってなって

・・・これまでは、日本も

「いや、申し訳ないんだけど、私達、前に出て戦うのはできないんでー

日本、戦争しない、って約束させたの、元々みんなだよね?

それ、ちゃんと守ってるから。仕方ないの。後方支援はするからさー」

 

って、低姿勢で言ってたんだけど

まぁ、それが続くと周りから

「日本って、ほんと前に出てこないよな。なんなん?ほんま。」

と弱虫扱いになってしまう。いくらお金は出していても、逆に皮肉を言われたりして。

 

だから、今回、

「これからは、うちらも知らん顔はしません!加勢します。

ただし、やられたらやり返す、だけどね。先制攻撃とかはしませんよ?

基本、日本は自分から戦いたいとか思ってないんでー」

 

って態度に変えようとしている。

まぁ、確かに日本がらみのいざこざでアメリカが助けてくれて

そのせいで被害が出たーーー具体的には、アメリカの兵士が死んで

それでも、「日本は何もしない」が通るのか?

それでは死んだアメリカ兵が気の毒じゃないか、とも思う。

 

しかし、いったん日本も戦いの中へ加わって

相手に向かって攻撃したら、いくら日本が

「集団的自衛権を発動しただけです。戦争に巻き込まないでください。

そんなつもりじゃありませんから。」

と言ったところで、相手には敵とみなされるし、報復の理由を与えることになる。

当然、「やられたらやり返す!」とさらに攻撃してくるだろう。

今度は直接、日本に向けての攻撃になる。

 

当然、双方に被害が出て、人もたくさん死ぬ。

自衛隊員は減ってしまう。

そもそも、自衛隊への入隊希望者は今よりずっと減るんじゃないか?

 

それでも、攻撃が続く場合、出動要請は増える一方。

自衛隊だけでは、人数が足りなくなってしまう・・・。

 

と、なってくるとーーー

一般人が駆り出される。

日本でも徴兵制が始まってしまうのだろう。

 

自分や、大切な家族、友人たちが、兵隊として否応なく戦場へ行かされるーーー

銃を持たされ、人を殺し、自らの命も無残に散らす

そんな最悪な未来につながってしまう。

 

それがどのくらい先のことかはわからない。

10年後か、5年後か、2年後なのか。

あるいは、首相が主張するように集団的自衛権は「抑止力」となって

敵は日本を怖がって攻撃せず、上手に戦いを回避することが

できるーーーという可能性もなくはないのか。

 

いつかは、まだわからない将来、

大切な夫やわが子を戦場で失った遺族が、

どうしてあの時、みんなでもっと反対しなかったのだと怒りに震えながら後悔する声が聞こえてくる気がする。

自衛隊が派兵されるだけの話、一般の者は関係ない、なんて甘いと思う。

本当に戦いの渦に入ってしまったら、どこの街が攻撃されるかなんてわからない。

 

「そんな心配はない。」と首相は繰り返すが、その根拠は何なんだろう?

「日本は戦争はしない」という姿勢は基本的に保つなら

手を上げたらダメだと思う。

子供の喧嘩でもそうでしょう?

愚鈍と思われても、「日本は戦わない」と明確にしておいて

武力攻撃以外の土俵で、日本は世界と折り合って平和を維持していく今の方法、

その基になっている憲法解釈を変えるのはーーー

 

本当にいいのか?って、もっと真剣に考えなくちゃいけないんじゃないかな・・・。

近い将来、後悔しない?泣くことにならない?

これ決して考え過ぎじゃないと思うんだけどな・・・

2013年12月 6日 (金)

PTA主催お餅つき大会の意義

私が関わっている中学校で創立間もなくから続いている餅つき大会に
教育委員会の視察があり、私が引率・解説することに。
その席で話した内容を記録。
PTA・地域活動のご参考に。


今から35年前の学校創立当初、「校内暴力」という言葉が生まれた時代、
当校もやはり荒れており、保護者が力を合わせて何かをしなければ、という気運が高まり
お餅つき大会を開くことになり、それが今でも続いて行われている。

現在、学校内は落ち着いており、お餅つき大会について
「生徒は、ただお餅を食べているだけ。」
「仕事を持ち忙しいお母さん方に手伝いを募るのが大変。」
と、やめたらいいのでは?という意見も時折、出る。

しかし、子どもたちには中学校時代の思い出の行事であり、
卒業後、他校の生徒と話した時に、他校ではそのようなお餅つき行事はないことも多いと知り、
そのありがたみに気付くと言う。

また、生徒たちにはただ食べるだけでなく「食育」として、
ゴミの分別を指導、
マイ箸・おわんを用意させエコも意識させている。


PTAのお母さん方は忙しい時間を工面して参加されている方も多く、
作業はできるだけ短時間で終わらせ、負担をかけないよう
手順・レシピを代々引き継いている。

多忙な中、来て下さったお母さん方に「来てよかった」と思える
“お土産”を持って帰ってほしい。

それは、
子どもたちに、お餅をふるまうことで直接、関わる楽しさや、
作業中、他のお母さん方と手を動かしながら、口も動かして
おしゃべりし、コミュニケーションを楽しんでもらうことである。

お互い、何かと難しい中学生を持つ親同士、
日頃の悩みや愚痴を話し合うことで「自分だけじゃないんだな」と
感じてもらえれば、それが子育て支援の一助になるだろう。

そして、おしゃべりすることによって、近所に顔なじみが増える。
それは、地域のつながりの第一歩となる。

万一の災害の際、避難拠点となる中学で、
このお餅つきは炊き出しの練習にもなっている。

これまで中学でのお餅つき大会を経験した代々のPTAが、有事の際のリーダーとなれる。
それは、地域の力の基盤になっている。

2012年9月11日 (火)

IKEAで買う

大型の家具販売店IKEA

大阪には南港近くにIKEA鶴浜店がある。

できた当初、どういう感じのお店なのか見物がてら見に行ったが、

人は多いし、面積は広いし、何が何だかわからずじまいだった。

 

それから数年経ち、IKEAって今、どうなってるんだろうなぁ・・・と思っていた。

あまり話題になることはなくなったけど、今でもお客さん多いのかしら?

もし、受けが悪く不振になっていたとしたら・・・あんなに広いお店なのに、さぞかし淋しいことになってしまっているだろう・・・・

 

ーーーーなどと考えていたのだが、

久しぶりにIKEAへ行ってみてビックリ!

土日は、駐車場も満車寸前、

ナンバープレートは大阪以外からもたくさん。外国人もチラホラ。

売り場は、お客でいっぱいだ。

 

IKEAへは漠然と行くと、徒労に終わる。

サイズ等もしっかり把握して具体的な目的があればあるほど、楽しく充実した時間を過ごせる。

スウェーデンからやってきたIKEA、

日本の既存の家具屋とはシステムが全く異なる。

 

2階の広大なショールームに店員は、ほとんどいない。

もちろん要所要所にはいて、相談をしたければできるのだが、店員から話しかけられることはない。

好みのパーツで家具を自由に組み合わせることもできる。

そして、買いたいものが決まったら、1階へ移動。

巨大な倉庫の中から自分で商品を選び取り、大きなカートに載せ、レジへと並ぶ。

 

持ち帰りも組み立ても、自分で。 (※別料金で各種サービスあり)

その分、安い。

 

組み立ての説明書には文字がない。

全てイラストで、わかりやすく説明されている。

いろんな国に向けての説明書を統一するには、イラストが一番シンプルで良い。

 

Dsc02977

左が、パソコンデスク。

右がプリンター台。

収納多めなのが嬉しい。

主人が組み立ててくれたんだけど、思ったより早くできて余裕だったよ!

 

IKEAは広くて、歩き疲れるので

毎回、お茶する。

Dsc02979


飲み放題のドリンクと、アーモンドチョコレートケーキ。

おいしいけど、結構ずっしり系のケーキでしたわ。

 

さてさて、来週は本&CD収納の棚を買いに、またまたIKEAへ行く予定。

適度な距離のベイエリア異空間デート。

なかなか良い気分転換。

 

2011年8月25日 (木)

学校支援ボランティア募集のお知らせ☆

大阪市では「学校元気アップ」事業を行っていて、

私も運営に関わらせてもらっている。

 

具体的にどういうことをしているかというとーーー

(詳しくは大阪市サイト→ここをご覧下さい)

 

中学生の放課後の自習のサポートや

部活動のサポートなど。

 

中学生の学力アップも目的だが、

子供たちと、地域に住む人たちとが直接、交流することで育まれるであろう

地域コミュニティーの根っこづくりが期待されている。

 

「地域との関わり」とか、いくら言葉で言っても

実際に、お互い面識もなければ、名前も知らない、挨拶さえ交わしたことがないのなら

コミュニケーションも何もあったもんじゃないわけで、、、

まずは、そういう「出会う場」を用意しないと、ね。

 

それには、「学校」が一番いい。

地域の人たちが、もっと気軽に入ってこれ、関われるチャンスがあればいい。

そうして、地域の人同士も「顔見知り」になって交流を深めていければ・・・・

町のつながりの絆を作るための土壌が耕せるかもしれない。

(現状、「町のつながり」ズタズタだからね、、、、、、)

 

ということで・・・・

 

学校支援ボランティアが募集されている。

 

中学生の数学・英語等を見てあげられる20歳以上の学生、大人が対象。(うちの中学の場合)

今、ボランティアを希望する人が震災以来、増えていると聞く。

遠く東北へ赴くのも、もちろんいいが

地元で母校の後輩のためのボランティアも素晴らしいんじゃないか?

 

週一回、1時間程度。

大学や就職活動の合間に、十分できそうだ。

・・・・というか、このボランティア、

就活に結構いいアピールになるんじゃないかな~って思うのだが・・・・・

 

うちの大学2回生の長女は、まだそこまで就職活動への意識が低いのか

勧めてみたけど、いまいちのってこなかった。。。。

 

次女は興味を持ってくれたものの、まだ18歳・・・・。条件に満たない。

でも、この事業は今度もずっと続けられるものだから、

そのうち次女がやってくれるといいな~と期待。

 

ボランティア、してみてもいいかな~と思われた方は

○大阪市教育委員会 指導部 教育活動支援担当(学校元気アップ地域本部グループ)

電話 06-6208-9171・9036         FAX 06-6202-7055

または

○平成23年度実施76校の教頭先生、または、学校元気アップ支援員までお問合せください。

 

近場で無理なくボランティア。

ボランティアだもの。無理なく・・・でなくちゃ、ね!

 

2011年8月 4日 (木)

節電の夏っっ!!!

この夏は関西でも、節電への協力が強く呼びかけられている。

 

日頃から節電は意識していたつもりだけど、

このご時世、もっともっと意識してやってみよう・・・・・と

部屋の電気をこまめに消したり、

パンを焼くのに、ガステーブルのグリルを使ってみたり、

クーラーは28度設定を守ったり・・・・

ささやかな努力を試みた結果が・・・・・出ました!!

 

関電からの「電気ご利用量のお知らせ」がポストに入ってた。

それによると・・・・今月の検針は

7/4~8/1 ご使用量 378kwh

ご請求額 8614円

 

ご参考:前年同月ご使用量 503kwh

・・・・・・おおお~っ!!!

去年に比べて、ずいぶん少ないじゃないの!!!

 

・・・まぁ、先月は結構、涼しい日が多かったってのもあると思うのよ。

でも例年、この時期は電気代、1万円越えてたと思うのよね、、、、

 

ちなみに先月、6/2~7/3分は、360kwh。 8093円。

6月の使用量が7月と、そんなに変わってないのがすごい。

 

それでもねぇ・・・

やっぱり、食事の時や寝る時は少しクーラーを入れないとつらかったりする。

暑さもだけど、湿度が高いのが耐えがたい。

 

けど、クーラーをつけずにお昼寝してる時に

時折、自然の風が、サッと吹いてきて涼しいのは・・・すっごく幸せ。

すや~~~~って寝てしまいますわ。

 

 

正直・・・・・・

テレビで「節電のお願い」を聞くたびに、

ほんと~~~~~に節電が必要なら、

テレビ局が、もっと努力したらいいんじゃ・・・?って思う。

 

各局、順番に毎日3時間の放送休止の時間帯を作るだけでも、

かなりの節電になるんじゃないのかな?

そもそも昔は深夜はテレビやってなかったんだし。

 

・・・もちろん、それによって仕事が減って困る人もたくさん出てきてしまうだろうけど

他の業種だって、そこは同じなわけだし。

 

・・・・・もっともっと電力が深刻に不足してきたら、本当にそうなっちゃうのかもな。

それはそれで・・・怖い気もするね。

2011年1月11日 (火)

陶芸家「ルーシー・リー展」行ってよかった!!

「ルーシー・リー展」大阪市立東洋陶磁美術館にて2/13まで開催中)を観て来た。

 

Dsc02116

 

先日の日経新聞に、大変好評であると記事が出ていたが、

本当に盛況で、なかなかの来場者数だった。

 

彼女の名前を知ったのは、昨年テレビで女性陶芸家の特集があった際、

その方がルーシー・リー作品の青色に憧れ、その青を出そうと努力を重ねていたのが

印象に残ったから。

それが、このルーシー・リーのピンク線文鉢。(←公式サイト。作品を動画で見ることができます。ぜひ見てみて!!

 

ね?

いかにも私が好きそうなかわいい器でしょう?!

たまらなく、かわいい・・・・・・・・

お菓子のような色使いじゃないですか。

ミルクチョコがかかっているみたい・・・!

 

ウィーンに生まれ、イギリスで暮らした(戦争のため亡命)彼女。

ヨーロッパの陶器は華美な物が多い印象が強いけれど、

彼女の器は、どれもとてもシンプルで機能的で、

日本で作られたんじゃないかと思うくらい、しっくりくる。

日本人好みの器だと思う。

 

溶岩釉大鉢(マーブル)(←公式サイト。ページ下のピンクの大鉢)も、よかった・・・・・。

桜色に墨を流したような・・・・

春の暮れていく空のような・・・・・・

なんとも言えず美しい。

やさしい曲線を描く姿も見とれるくらいにいい。

・・・ああ、私はあんな女でいたい、って器を見て思ったよ。

 

1995年、93才まで長命だったルーシー。

88才の時、自分と弟子達の展覧会の開会式の数日後に脳卒中で倒れ、

記憶のほとんどを失ってしまったらしい。

・・・・・今なら脳梗塞も早めに手当てすれば、軽く済むかもしれないのになぁ。。。

 

実は、私も陶芸を少しやってみてる。

でもね~~~~~

やっぱ、初心者が初回からちゃんとした物ができるほど簡単なもんじゃないのよね、、、

奥が深いわ~~~~~

土をこねて、

轆轤(ろくろ)を回して・・・・・

成形だって、なかなかきれいな形になんてならないの、、、、

もう少し上手くできたらなぁ・・・・って思うけど、それには数年かかるかも!!

 

でも、実際に陶芸をやったことがあると、

今回の展覧会でも、わかることが多々あって、それがなんだか嬉しかったわ。

 

ああ・・・・

ルーシー・リーの器・・・・・欲しいなぁ。。。。。

飾るより、使いたい。

2009年12月23日 (水)

キャロットケーキ、焼いてみた

なんとなく甘いものが食べたい・・・・

だけど、買い置きのお菓子が、柿ピーしかない・・・・・

じゃあ、作るしかない。作ろう!

 

唐突の食欲と創作力にかき立てられ、

夜の10時からキャロットケーキを作ってしまいました。。。

 

Dsc01397

 

ネットで調べたレシピを参考に、

ホットケーキミックスに、卵、牛乳、

砂糖、蜂蜜、メイプルシロップを少しずつ、混ぜ混ぜ・・・・

バターじゃなくて、サラダ油を使用するから、なんとなくヘルシー♪

にんじんのすりおろしは、ミルサーでやったので楽ちん!

(なかなか使わないミルサー、やっと活躍☆)

 

ヘルシオのウォーターオーブンで焼いたので、しっとりした焼き上がりに。

ヘルちゃん、GJ!!

 

にんじんを1/2本使っているのだけど、にんじんが入ってるって感じの味はしません。

オレンジ色の、おいしそうな色に焼き上がるので、

にんじん嫌いの長女も、ちゃんと食べてくれました。

 

ホットケーキミックスを使うと、本当に簡単に、失敗なくできるね。

また、おやつが欲しくなったら、作ってみようかな~~

~ようこそ~

  • あまりつぶやかないですが
    Twitterも一応やってます
    連絡はこちら↓へお願いします
    Twitter: @meru_mia
フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart